番頭日記-BantoNikkiFashion,パリコレ情報,正規取扱品,来季ご予約,クリスヴァンアッシュ,ドリスヴァンノッテン,ジョンガリアーノ,バルマン,ロベルトコリーナ,ヨシオクボ,kolorカラー
過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
番頭日記 TIURF / ブログ更新お知らせメルマガ / 携帯へ / 掲示板 /ショップへお問い合わせ:[ショップTIURF][info@tiurf.com]027-384-3713

2011年03月26日

消される前にドウゾ。

原発導入のシナリオ ~冷戦下の対日原子力戦略~

消される前にドウゾ。

◆ブログ http://scrapjapan.wordpress.com/

◆「毒をもって毒を制する」 第5福竜丸事件で反核・反米の世論が高揚する中、日米が協力し民間から行った世論形成の全貌を明らかにする。(現代史スクープドキュメント 1994年放送)

posted by 番頭日記タカアキ at 01:27| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | 動画・video系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

2月頃作ったTIURFのカタログをPDFに。紙面バージョンも郵送可

TIURFの2011春夏カタログをPDFにしてみました。


TIURFの2011春夏カタログをPDFにしてみました。

もし、紙面での郵送をご希望の方は、
info@tiurf.com.まで、「紙面カタログ希望」と書いて、ご連絡下さい。



This PDF Catalog is for our VIP customers.
We send this for all our customers.
We will send the PAPER version Catalog.
Please contact at info@tiurf.com.
Thank you.


Takaaki Horigome
TIURF CO., LTD





TIURF
堀米


posted by 番頭日記タカアキ at 16:59| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式会社TIURF(チューフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

ジョン・ガリアーノ、法廷での声明を英文のまま全文掲載しておく。

今回の事件には、まだ真相が明らかにはなっていないが、いろいろ感じるものがあるので、


法廷でのジョン・ガリアーノの供述の全文を掲載しておく。




page-one-1.jpeg


STATEMENT OF JOHN GALLIANO


Since the events of last Thursday evening Ihave not been able to make any public comment on what took place based upon advice from my French lawyer. However, given the continuing delays at the Frence Prosecutor's Office I should make my position clear.


I completely deny the claims made against me ahd have fully co-prerated with the Police investigation.


A number of independent witnesses have given evidence and havetold the Police that I was subjected to verbal harassment and an unprovoked assault when an individual tried to hit me with a chair having taken violent exception to my look and my clothing.


For these reasons I have commenced proceedings for defamation and the threats made against me.


However, I fully accept that the accusations made against me have greatly shocked and upset people.


I must take responsibility for thecircumstances in whiche I found myself and for allwing myself to be seen to be behaving in the worst possible light.


I only have myself to blame and I know that I must face up to my own failures and that I must work hard to gain people's understanding and compassion.


TO start this process I am seeking help and all I can hope hor in time is to address the personal failure which led to thesecircumstances and try and earn people's forgiveness.


I have fought my entire life against prejudice, intolerance and discrimination having been subjected to it my self.


In all my work my inspiration has been to unite peaple of their cultural and ethnic diversity through fashion.


That remains my guiding light.


Anti-Semitism and racism have no part in our society.


I unreservedly apologise for my behaviour in causing any offence.


2 March 2011.


以下、私の言葉。


ジョンガリアーノの今回の事件は、私は初めツイッターで知り、大きなショックを受けました。


初めは、パリのマレ地区(このあたりはユダヤ人街の中心的な場所)のカフェで、一般人のカップルに「ユダヤ批判的な暴言」を浴びせたということで、パリ警察に拘束された、というニュースでした。


この地区は、私自身は嫌な思いをしたことは無いけれども、パリに長く住む友人は「あの辺りは(人種差別的な)嫌な思いをしたから、もう行きたくない」と話していたこともあって、私もなんだかこのあたりを歩くときには少し身構えてしまうのだけれど、


今回ジョンガリアーノがこんな事件に「巻き込まれた」とあって、すごく可哀想な思いが強いです。


ニュースは、次第にエスカレートしていきます。


初めは「暴言により警察に身柄拘束」、


翌日には、事件を重くみたクリスチャン・ディオール社が、ガリアーノを停職処分にします。


パリコレショー数日前というこのタイミングに、こりゃすごい事件になってきた、と思いましたが、同時に、世間的にはガリアーノに対して「ショー直前でストレスが溜まっていたのではないか」などということになっていて、デザイナーなストレスを貯めこんでなにかやらかす、という図式は、なんだか数年前のマックイーンのことが頭に過ぎって、「ガリアーノは大丈夫なのか」と、私は、だんだんと空恐ろしく、心配な気分になってきました。


さらに翌日には、クリスチャン・ディオール社が、人種差別的でアンチユダヤの批判を重く見て、停職から退職処分にし、事実上ガリアーノはクビになってしまいます。


この段階で、日本の民放テレビでもこの事件が報道され、普段ほとんどニュースを見ないうちのスタッフすらこの事件を知り、「ガリアーノは大丈夫なんですか?」と聞いてくるくらいなので、これはそうとういろんなニュースで報道されて、一般に知れ渡ることになりました。


その数日後、退職が決まっているガリアーノの最後の仕事として、クリスチャン・ディオール(レディス)のパリコレは無事に開催されます。


ところで、


上のガリアーノ本人の声明を読むと、


「A number of independent witnesses have given evidence and havetold the Police that I was subjected to verbal harassment and an unprovoked assault when an individual tried to hit me with a chair having taken violent exception to my look and my clothing.」


たくさんのその場にいた目撃者がいて、ガリアーノに対し、カフェにいたある個人が椅子を持って殴ろうとしたり、ガリアーノの身なりや服に暴力を与えようとして、ガリアーノがいわれのない暴力にさらされていたことを、警察に証言してくれた。(にもかかわらず、身柄を拘束された)


とあるので、


かなり激しい言い合いになったようですね。


となると


気になるのはこの天才デザイナーの今後のこと。


これだけの才能のあるデザイナーですから、どこか他のブランドから引き合いがあるのではないか、ということも考えられなくはないですが、


今回の退職処分の理由としてLVMHが挙げたのが「人種差別」的発言を重く見て、ということなので、


次にガリアーノを採用する、または協力する企業は、人種差別発言をした人間を「擁護」したというイメージが付いてしまう。


特に、ファッション業界は、工場・生地・プレス・報道関係・デザイナー・パタンナーなどなど、様々な重要なポジションにユダヤ人が関係しているケースが多いので、


もしかしたら、業界から干されてしまうことだってありうる。


クリスチャン・ディオール社とすれば、


ガリアーノもいつかは契約が切れるので、そのタイミングを待っていたのかもしれない。


契約の切り方に関しては、それはしたたかな計算も当然あるはずで、


もし普通に契約を切れば、「DIORが売れなくなったから、契約を切った」、というネガティブなイメージになってしまう。


ところが今回のように、ブランド側がデザイナーを解雇となれば、「 ブランド > デザイナー 」、強いブランドとしてのイマージを保つことができる。


なにより、極東の日本の民放テレビのワイドショーにも「DIOR」の名前が出たということが大きい。


ツイッター上でも、テレビを見たお茶の間でも、DIORのことが日常会話として語られた。


普段ファッションに興味のない人にも、ファッション好きにも、ワイドーショーを見るおばちゃん(実際の顧客)たちにも、みんなの頭の中に、「DIOR」というあこがれのメゾンのことを、もう一度、記憶に思い起こし脳に刻み付けることができたわけで、


たとえ、ゴシップが理由であっても、もしこれだけの大勢の世界中の人にDIORを知らせようとすれば、どれほどの宣伝コストがかかっただろうかと想像すれば、


つまりこのゴシップの宣伝効果は測りしれないのだ。


DIORとしては、まさにガリアーノを利用したのではないか。


DIORの歴史は続く。しかしガリアーノはもはやかってのガリアーノではなくなってしまって、業界から干されてしまうかもしれないほどの痛手を受けた。


これは、巨大資本のメゾンによる「才能の使い捨て」であるので、なんとか彼を助けてあげたい、誰か彼を助けてあげられる人はいないのかと私は思う。


また多くのファッション好きや、彼のファン、業界関係者にも、そういう思いの人も多いだろう。


DIORの不買運動してもしかたがない。


しかし、今回の事件には、まだ真相が明らかにはなっていないが、いろいろ感じるものがある。


みなさんも、みなさんなりに今回の事件を考えてみるきっかけになればと、そう思います。


TIURF TAKAAKI HORIGOME


http://store.tiurf.jp


posted by 番頭日記タカアキ at 12:06| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | ジョン・ガリアーノオム | John Galliano homme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

MacBook Proとimacのクリーンインストールなう。

MacBook Proとimacのクリーンインストールなう。


3/2のMacBook Pro発売発表に合わせるかのように、


店舗用に使っている旧式MacBook Pro17インチが壊れた。


電源は入るが、グレーの画面でリンゴマークの下がクルクル回ったきり、入力を受け付けず、Macの起動ができない。


いちおう、試すことは試してみる。


①Cを押しながら電源オン = 起動できない。


②シフトキー押しながら電源オン(セーブブート) = 起動できず。


③シングルユーザーモード(Command + Sを押しながら起動)して fsckを使ったチェック。 = 修正できたっぽいけど、それでも起動しない。


④PRAM起動 = これもダメ。


ってことで、最後の手段でクリーンインストールすることにした。


家に帰って、買ったときのMacBook Proの箱を発見、この中に起動DVDがあったはずだ。。。あった!


これでさっそく、クリーンインストール。


クリーンインストールってのは、単にOSを上書きするのではなくて、一旦HDを消去してから、新しくインストールしなおす方法だ。


以前から、この方法で治ったってブログを読んだことが多かったので、ともかくDVDが見つかってよかった。


クリーンインストールして、20分経過。。




R0011389.jpg


できたっぽい!!!!


あとは、タイムマシンに保存してあったデータを、元のMacに入れ直す作業。


いまちょうど250GBで、転送に8時間だとメッセージが出てので、


気長に待つことにする。


ついでに、以前壊れたimac(デスクトップ)の方も、同じ要領で治るかも、と思って、


DVDを入れてクリーンインストール。




R0011390.jpg


おおっ!


これも行けるっぽいぞ!


しかし、これは旧MacBook Pro17インチ用のDVDのためか、


最初のクリーン作業(HDの消去)をする手前でエラーメッセージが出てしまうので挫折。


やはり、買ったときについていたDVDじゃないとダメみたい。


まーともかく、1台復旧できたので良かった。


情報によれば、


2/24の情報で、


アップル、「Thunderbolt」を搭載した新MacBook Pro


というのが出ちゃうらしい。(http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201102250005.html


13.3インチで11万円切るから、買いやすいっていえば買いやすいけど、


よくよくスペックを見ると、


CPUはインテルデュアルコア・プロセッサのCore i5/i7だし、15インチ、17インチではクアッドコアだけど、


真新し機能といえばThunderboltテクノロジー(USB2.0の20倍)とか、FaceTime HDカメラ内蔵(処理スピード2倍)で、


バッテリーは7時間とそれほど劇的には変わらず。


なんといっても、デザインが今のMacBook Proとずん分変わらない感じなので、


所有欲が掻き立てられない。


つわけで、私は今回のMacBook Proはスルーして、本命のipad2待ちかな。


あと、以前のニュースで、


アップル社が、バッテリーが20時間くらい持つ薄型バッテリーの特許を取ったというニュースがあったので、


それが採用されたMacBookAirとか、ipad2とか、そーいう劇的な進化するガジェットなら即買いしたいですね。


ファッションもそうだけど、


Macって、


インフラだと考えれば、2年償却で月々1,2万円くらい、って割りきって考えて、


新型がでたら旧式はさっさと売ってしまうとか。


うちの場合はお店もあるので、自分用に最新機を使って、型落ちはスタッフ用にお店で使うとか。


そうしてもう、Macを買うのはインフラであって、生活に必要なコスト、というか、


水道代や電気代金みたいなもんって考えると、いいのではないかと。


そんなこと最近考えますね。


TIURF


ホリゴメ


ツイッター >>> http://twitter.com/#!/tiurf


ショップ >>> http://store.tiurf.jp/


フェイスブック >>> http://www.facebook.com/profile.php?id=1796182731


アメブロ版番頭日記 >>>


EASTPAK x KRISVANASSCHE コラボバッグ >>> http://store.tiurf.jp/products/list.php?brand_id=1&category_id=233&utm_source=twitterfeed&utm_medium=facebook


posted by 番頭日記タカアキ at 18:22| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 接客で感じたこと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

就活・起業セミナーの一日講師しました。

201102211555.jpg

就活、起業を考えている職業人・学生のみなさまこんにちは。

一日講師のホリゴメです。

今日はなんと、高崎市にあるNPOのグループにお招きいただき、

就活・起業に関するセミナーに、講師としてお呼ばれしました。

人前で話すのは嫌いじゃないですが、

実は卒業以来スピーチらしいスピーチは初めて。

緊張しながら、1週間くらい「こんなこと話そうか、あんな事話そうか」と、

なんとなく考えをまとめて、でも下書きは作らず、

ぶっつけ本番みたいな感じで、さきほどスピーチを終えてきました。

手応えは、まずまずでした。

就活・起業を真面目に考えている人という人もいるけど、

ほとんどがNPOさんの「サクラ」(身内)みたいな聴衆者だったのですけど、

話を始めると、僕の話にみなさん引き込まれるように、ビシッと目を見て話しを聞いてくださった。

僕としても、なかなかこんな経験もないので、けっこう熱くなって真剣に話してしまいました。

たくさん話したいことがある中で、一番気にしたのが、

『誰に』『何を』話すのか、ということ。

聞き手のレベルを予めリサーチして、なおかつ自分の得意な分野、ということで、

絞って、

『好奇心をもって、点と点を結ぶ』

『変化を楽しむ』

『職業人としての専門性』

という3点について絞ってお話ししました。

まず、

僕の生い立ちや、僕が商売人として、曾祖父、祖父、父から続く4代目だということで、

話し手がどんな人間なのか(この前置きがないと、話の重要性が弱くなるので)、これから話し始めて、

話に実感を感じてもらうようにしました。

次に、

①学生生活に打ち込んだ競技スキーというスポーツや
②IFIという人材育成機関での話、
③アメリカ短期留学の話で、

次第に私自身が「専門性」こそが大事で、そのジャンルで専門性があれば、その仕事で食べていける、という確信に至るまでの、過程を話しました。

次に、変化を楽しむ、というか、指数的成長をしている現代で、変化をしなくては死んでしまう、という話を、

私自身の企業秘密である『スタッフ蜂』のエピソードを、人前で初めて話しました。これはたぶん番頭日記上でも書いたことがなかったのではないかな。

それから、指数的成長の例として、有名な DID YOU KNOWの動画から、いろんな数字を絡めて、現代がいかに急速に、またこれからはもっと早く変化しているかということを話しました。

DID YOU KNOW については、たくさんのバージョンがあるのですが、

私の中では「教育」について語っていたバージョン1.0が一番心にズシンときたのですが、youtube上では2.0意向の動画しか見つかりませんでしたので、

2.0、3.0から必要なデータを抜き出して話しました。

話に使ったデータは、以下のとおり。


今から8秒の間に34人の子供が産まれる。
その内訳はインド人が5人、中国人は4人
アメリカ人はたったの1人

国の名前をあげてください。
世界で最も裕福で、最強の軍隊を持ち、
世界のビジネスや経済の中心で、
最強の教育システムを持ち、
世界共通の通貨を持ち
最高の生活水準を持つ国は?
西暦1900年にはイギリスでした。

2006年 大学の卒業者数は
アメリカ 130万人
インド 310万人
中国 330万人
10年後、世界でいちばん英語が話せる 人口が多い国は中国です。

2006年にインドの大学を卒業した人の英会話習得率は100%

・(アメリカでは)社会人の4人に一人は1年以内に転職を経験している。

・(アメリカでは)社会人の2人に一人は5年以内に転職を経験している。

・(アメリカでは)現在の学生は10〜14の職業を経験するといわれている、それも38才までに

・「2010年に需要のある仕事上位10位は2004年には存在していませんでした」

・アメリカで結婚したカップルの8組のうち1組はオンラインで出会った。

・Googleでは毎月、310億回の検索がされている、2006年は27億回だった。

こんなにも多くの質問は、グーグルが登場する以前はいったい誰に投げていたのでしょうか?(答え=親や教師)

・5000万人の視聴者数を獲得するまでにかかった人数、ラジオ38年、テレビ13年、インターネット4年、iPod 3年、Facebook 2年

1週間分のニューヨークタイムスに含まれる情報は18世紀の人が生涯に出会う情報よりも多いと推測される。

2006年、eBayの売上は7000億円。
・ eBayの設立は、たった10年前1996年のことです。

My Space訪問者数は開始から3年間で6000万人に到達。

23万以上のユーザーがMy Spaceに登録するのに掛かる時間はたったの1日です。

My Spaceの登録者数は2億人以上です。

もしMy Spaceが1つの国だったら世界で5番目に人口が多い国です。

(インドネシアとブラジルの間)

NTT日本は光ファイバーの実験に成功した。
第3世代の1房の光ファイバーは、14兆ビット/秒の通信速度を実現しようとしています。
  これはCD2660枚や電話21億回分の情報を1秒で送れるということです。

2007年に生まれた子が6歳になる2013年に

スーパーコンピュータの処理能力は、人間の脳の処理能力を超えると言われています。

15年以上先の予測するのは難しい事ですが

2049年には10万円程度のコンピュータが、全人類の処理能力を凌駕すると言われています。



一番みんなの顔色が変わったのが、次のデータ。

いまの大学生が、1年の時に教わったことの半分は、3年生までに陳腐化する。

さて、で、このような変化の中で、

自分たちの親がやってきたやり方で、いまを生きていても到底時代に追いつけないし、

いま自分がやっている方法で、子供たちを教育しても無理。

なぜならいまから10年後には、子供達はいままだ存在していない職業につくのだから。

このこれから生まれる未知の職業に対して、これから生まれる技術・これから生まれる学問を教わり、まだだれも見たこともない生活をする。

それがいまの子供たちだ。

そんなことを教えてくれる親はいるか。学校はあるか。会社の先輩はいるか。ということ。

で、これらを乗り越えるには、人間の『好奇心』をもって望むしか無い。

新しいことに挑戦して、まだ会ったことがない人に会いに行き、やったことがないことを経験する勇気。

今日は、そんなことを話しました。


201102211632.jpg

ではでは。そんな初体験でした。

まー、日頃お客さんによく話しているようなことばっかりなんですけどね。

もしまた講演会やらスピーチの依頼がありましたら、日程があえば喜んで出ます。

ご連絡先は、TIURFのホリゴメあて info@tiurf.com までよろしくお願い致します。

posted by 番頭日記タカアキ at 16:33| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式会社TIURF(チューフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガバックナンバー:BALMAINの写真と、これから更新講習会vol.195

http://store.tiurf.jp

[ TIURF NEWS ]vol.195

こんにちは。

TIURFの堀米です。

店頭では、2011春夏入荷が、

東京では、2011-12秋冬の展示会があり、

バイヤーにとって、先週はほんとに慌ただしかったですが、

ようやく落ち着いてきました。

webサイトの方も、ちゃくちゃくと更新が進んでおります。

まず、BALMAIN(バルマン)。

このブランドについては、TIURFでは今季初めてスタートの新ブランド。

価格帯も価格帯なので、正直、お店に入荷になるまで

「どうなるんだろう、この価格帯でもちゃんと売れるんだろうか」

とか、

あと、サイズについては、

今回は46以上でオーダーし、

アウターは48,50、52。

デニムは30,32,34,36といったサイズでオーダーしてたので、

これもどうなんだろう、、

もっとサイズが小さく仕上がってきたらどうしよう、、と

実は不安であったのですが、

お店に入ってくるなり、そんな心配はみなさんには無用のようでしたね。

サイズはやっぱりピッタリでした。

ディオールで28インチの方で30インチくらい。

デニムでは、ガリアーノの46の方で32インチくらいでした。

人気はやはり、

バイカーデニム。

次回入荷予定の、

ジャケット、レザー、パッチワークTシャツ、ブーツなどにも

まんべんなく予約が入って、予約完売も出始めました。

気になるアイテムは、ぜひお店にも直接お問い合わせ下さい。

==

バルマン入荷リスト

http://store.tiurf.jp/products/list.php?brand_id=34

ドリスヴァンノッテン スーツ

http://store.tiurf.jp/products/list.php?brand_id=2&season_id=5&category_id=180

コーネリアンタウラスbyダイスケイワナガ

一部入荷になりました。

http://store.tiurf.jp/products/list.php?brand_id=20

ドリスヴァンノッテン、写真アップ

http://store.tiurf.jp/products/list.php?brand_id=2

kolor

ドイツの21世紀最重要サングラスメーカー、BYWP x KOLORのコラボサングラス、入荷しました。

http://store.tiurf.jp/products/list.php?name=kolor+SUNGLASS

==

『就活・起業講習会』

本日13時 高崎の中央公民館

講師、TIURFのホリゴメ

==

じつはいま、高崎の中央公民館で、

50人以上のやたらに陽気なおしゃべりおばあちゃんたちに囲まれて、このメルマガを書いています。

どうやら彼女たちは昼飯時。ぼくはそこで、ノート広げてメルマガ書く。

なんだかすごく違和感がありますww

本日は、高崎市のNPOグループに請われ、

13時より上のタイトルで講習会の講師をすることになりました。

何を話そうか、実はまだ決まってません。。ww

このメルマガ配信が終わったら、

スティーブ・ジョブスの名演説さながらに、

頑張ってスピーチしたいと思います。

しかし、、、

就活、起業というテーマだけど、

もしかしたら、ここにいるおばあちゃん達が聴衆者なのかなあと、

一抹の不安も。。

もしお近くにおられる就職・起業活動中の方がいらっしゃいましたら、

ぜひ聴きに来てくださいね。

TIURF

http://store.tiurf.jp

PS

来週は、バルマン第2便、

ジョイリッチ第2便、クリスヴァンアッシュ第2便、

EASTPAC x KRISVANASSCHE 予約開始

などを予定しております。

ではでは。

posted by 番頭日記タカアキ at 12:27| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。