番頭日記-BantoNikkiFashion,パリコレ情報,正規取扱品,来季ご予約,クリスヴァンアッシュ,ドリスヴァンノッテン,ジョンガリアーノ,バルマン,ロベルトコリーナ,ヨシオクボ,kolorカラー: 出張日記を思い出しながら書く〜09春夏編〜ロンドン→パリ→クリス→ドリス→キミノリパリコレ2009ssショーまで
過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
番頭日記 TIURF / ブログ更新お知らせメルマガ / 携帯へ / 掲示板 /ショップへお問い合わせ:[ショップTIURF][info@tiurf.com]027-384-3713

2009年01月17日

出張日記を思い出しながら書く〜09春夏編〜ロンドン→パリ→クリス→ドリス→キミノリパリコレ2009ssショーまで


もうそろそろ、TIURFで取り扱うインポートブランドの入荷がある。
入荷は09年1月〜3月の間で、イタリアやフランスの工場から直接TIURFに送ってくれる。

これらの商品の発注は、実は半年も前の08年6月7月頃に発注したもので、
パリでショーを見て、そのすぐ数日後に発注した商品が、半年かかってお店に到着する。
もう何シーズンも繰り返している一年のリズムだ。

08年6月7月に、出張のインスピレーションとか発注のチラ見せ記事を(いつもなら)書いてるはずなので、チェックしてみたら全然書いてなかった(汗

とゆわけで、思い出せるところまで書いてみたいと思う。



2009春夏復習編〜当時書いた記事〜

6/26 いよいよパリ到着:今回はワンクラス上の飛行機で

6/26 海外出張報告:1 ロンドン乗り継ぎ〜パリ到着

6/28 ドリスヴァンノッテン2009春夏と、パリイタリアン

6/30 しこしこと、2009春夏ドリスを発注中@パリ

6/26 ドリスヴァンノッテン 2009春夏パリコレ インプレッション

クリスヴァンアッシュ2009ssパリコレインプレッション (前半)

7/3 ガリアーノのアンダーウェアとビーチウェアラインを勢いで発注




当時の予定表を振り返ってみてみると、
08年6/27〜6/29くらいまではちょこちょことショーを回っていた。
いろいろ思い出しながら書いてみる。

写真は6月〜7月の初夏の頃のパリなので、
いままだ日本は寒いですが、この記事でちょっと春夏へのイメージを膨らませて頂ければと思う。


6/26
ロンドンヒースロー空港経由でパリへ。
途中ロンドンで乗り換え。空港がでかい。
普段使い慣れているパリCDG空港もこれくらい免税店が充実していれば楽しいのに。
ディスプレーも豪華で、歩く人もどことなくリッチ。

IMG_8301.JPGIMG_8303.JPG


6/27
招待状をもらっていた、V・Nのショーを観る。

IMG_8344.JPGIMG_8348.JPG

やっぱりスタッフもベルギー人なのかな。
ドリスに近い感じの、どことなく柔らかく優しい着こなしのスタッフ。

IMG_8352.JPGIMG_8356.JPGIMG_8362.JPG


IMG_8367.JPGIMG_8366.JPGIMG_8370.JPG


この日は、このあと
さらにクリスヴァンアッシュとドリスヴァンノッテン、キミノリモリシタとパリコレが続く。


クリスヴァンアッシュパリコレ2009SS会場

IMG_8500.JPG

ばっちり着こなすスタッフのひとり。

IMG_8507.JPGIMG_8509.JPGIMG_8510.JPG

↑クリスのアシスタントのマーティンヴェネット氏。
細身!ショーの直前とは思えないカジュアルでリラックスした着こなしは参考にしたいところ。


続いて、ドリスのショー。

IMG_8391.JPG

IMG_8410.JPGファーストルックのセットアップ。かっこいい。靴もキュートでドリスらしい。

IMG_8440.JPGIMG_8452.JPG

柄シャツ、柄ボトム、キュートなシューズ、これが今季ドリスの3点セット。

最近控えめだったドリスが、今季は柄で爆発。
いろんなタイプのタイプリントを使ったシャツやスラックスがあり、
ドリスのファンの方は、すごく色柄が豊富なので目移りしちゃうと思います。
私も展示会で選ぶときにそうでしたが、
まずはどんな柄が何種類今季ドリスからあるのか把握して、そこから選んでいくとわかりやすいですよ。

タイプリントとは、タイにある伝統的な図柄で、
デスクトップで描いたようなグラフィックではなく、職人が手で描いたような図柄が特徴です。
手書きなので、近くでよく見ると、一個一個のドット柄が微妙に表情が違っているので、
グラフィックソフトで描いたような物と比べて、手作業の優しさを感じることができます。

グラフィック全盛の昨今へのアンチなのか。
それとも、インド刺繍(ドリスが得意としていた)をまわりのブランドもやり始めたからなのか。

今季は数年ぶりに、シューズも入荷するので、
これもまたオススメです。


この日はキミノリのショーもあった。

IMG_8672.JPGIMG_8677.JPGIMG_8679.JPG




posted by 番頭日記タカアキ at 18:10| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外出張パリ・ミラノ食・文化・ファッション・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。