番頭日記-BantoNikkiFashion,パリコレ情報,正規取扱品,来季ご予約,クリスヴァンアッシュ,ドリスヴァンノッテン,ジョンガリアーノ,バルマン,ロベルトコリーナ,ヨシオクボ,kolorカラー: John Galliano 2009-10aw ストライプのスーツについて
過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
番頭日記 TIURF / ブログ更新お知らせメルマガ / 携帯へ / 掲示板 /ショップへお問い合わせ:[ショップTIURF][info@tiurf.com]027-384-3713

2009年02月04日

John Galliano 2009-10aw ストライプのスーツについて

John Galliano 0910aw

stripe wool suit


先ほどのガリアーノ秋冬トレンチ記事に引き続き、
お問い合わせのありました2009-10awガリアーノの、
ストライプのスーツ
についてお答えいたします。

IMG_5102.JPG

ガリアーノやクリスで、グレーのスーツを発注してきてくださいってご意見が多かったのですが、
今季はめずらしく、無地のグレーのスーツ素材が少ないシーズン。

とゆわけで、お客様とのやりとりでこんなのがありました。



Q:秋冬ガリアーノのスーツで、グレーのスーツがほしい。
スーツの詳細、デザインや素材を含めて価格まで教えてください。


A:ストライプウールでいい物があります。

〜〜以下、お客様へのご返信〜〜


まちょうどガリアーノの09-10awの発注をしているところなのですが、
グレーのスーツの件で、3点おすすめがあります。

今回は、グレーの素材が3種類あるのですが、それぞれの素材で、
みな形が違うので、
どれがいいかご希望を聞ければと思います。

まず第一点
先日の電話でおはなしした、

1)ストライプウールグレー素材の場合、


JG09ashow-detail13.jpg

▲上の写真の、パンツの素材です。

これは、ややはっきりしたグレーのストライプです。
ジャケットは3ボタンになり、
スラックスは「スリム」シルエットと、
「ニューベーシックトラウザー」というシルエットで、側章付きがあります。

上の写真を確認すると、側章がないようですので、
おそらくスリムシルエットの方だと思います。


SIMG_4827.jpg

次に、
2)ストレッチバードアイウール素材の場合、

IMG_4890.JPGIMG_5100.JPG

▲上の写真はバードアイ素材、右はそのベージュを着ています。

これは、表面にバードアイという名前の素材で、
グレーですが、表面に細かいドットのような白の柄が全面に入っていて、
遠目では無地ですが、近くでみるとモダンで変わっているクラシック素材です。
さわり心地もちょっと柔らかいです。
この素材でしたら、ジャケットは1ボタン、パンツも定番のスモーキングでとることができます。
素材が気に入っていただければ、この素材なら一番ベーシックなスーツでオーダーできます。
写真ではわかりにくいですが、無地ではないです。
いわゆる普通のスーツ素材というより、ちょっとだけ毛羽だったような風合いの素材です。



最後に
3)ヘリンボーンウールのグレー素材の場合、

JG09ashow-detail49.jpg

ガリアーノが以前より作っているナチュラルグレーのヘリンボーン素材です。
上の2つまでのものにくらべて、ずっと明るい色目のグレーです。

おそらくYさんが想像しているグレーに一番近いのがこの素材です。
ただし、ジャケットの形が、ベスト付きジャケットの1型しかなく、またパンツもスリムパンツになります。
もし、ジャケットでベストがついても良いようでしたら、これが一番おすすめです。




私個人的なおすすめでは、

1)のストライプウールは初めての素材だし、パンツシルエットもスリムでキレイ。おすすめ。
上下のセットアップの価格は、201000円くらいです。
3)のヘリンボーン素材が一番Yさんのイメージに近いと思いますが、jkにベストがつきます。
2)のバーズアイは、形がもっともベーシックなのですが、素材がクラシックな素材なので
好き嫌いがある素材。ただし、あまり他にはない珍しい素材なので、グレーの変わった素材でお探しなら
これが形的には一番落ちつてますし、いいと思います。


形は、3と2が1ボタンのシェイプの利いたシルエット。
1は3ボタンです。
他にもいくつかグレーが合ったのですが、
Yさんが好きそうなものは、この3つに絞れます。




とゆわけで、以上のようなやりとりがあり、
当店はストライプウールでオーダー決定。
入荷は09年7月〜9月頃です。

posted by 番頭日記タカアキ at 08:30| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | ジョン・ガリアーノオム | John Galliano homme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113649491
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。