番頭日記-BantoNikkiFashion,パリコレ情報,正規取扱品,来季ご予約,クリスヴァンアッシュ,ドリスヴァンノッテン,ジョンガリアーノ,バルマン,ロベルトコリーナ,ヨシオクボ,kolorカラー: MacBook Proとimacのクリーンインストールなう。
過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
番頭日記 TIURF / ブログ更新お知らせメルマガ / 携帯へ / 掲示板 /ショップへお問い合わせ:[ショップTIURF][info@tiurf.com]027-384-3713

2011年02月25日

MacBook Proとimacのクリーンインストールなう。

MacBook Proとimacのクリーンインストールなう。


3/2のMacBook Pro発売発表に合わせるかのように、


店舗用に使っている旧式MacBook Pro17インチが壊れた。


電源は入るが、グレーの画面でリンゴマークの下がクルクル回ったきり、入力を受け付けず、Macの起動ができない。


いちおう、試すことは試してみる。


①Cを押しながら電源オン = 起動できない。


②シフトキー押しながら電源オン(セーブブート) = 起動できず。


③シングルユーザーモード(Command + Sを押しながら起動)して fsckを使ったチェック。 = 修正できたっぽいけど、それでも起動しない。


④PRAM起動 = これもダメ。


ってことで、最後の手段でクリーンインストールすることにした。


家に帰って、買ったときのMacBook Proの箱を発見、この中に起動DVDがあったはずだ。。。あった!


これでさっそく、クリーンインストール。


クリーンインストールってのは、単にOSを上書きするのではなくて、一旦HDを消去してから、新しくインストールしなおす方法だ。


以前から、この方法で治ったってブログを読んだことが多かったので、ともかくDVDが見つかってよかった。


クリーンインストールして、20分経過。。




R0011389.jpg


できたっぽい!!!!


あとは、タイムマシンに保存してあったデータを、元のMacに入れ直す作業。


いまちょうど250GBで、転送に8時間だとメッセージが出てので、


気長に待つことにする。


ついでに、以前壊れたimac(デスクトップ)の方も、同じ要領で治るかも、と思って、


DVDを入れてクリーンインストール。




R0011390.jpg


おおっ!


これも行けるっぽいぞ!


しかし、これは旧MacBook Pro17インチ用のDVDのためか、


最初のクリーン作業(HDの消去)をする手前でエラーメッセージが出てしまうので挫折。


やはり、買ったときについていたDVDじゃないとダメみたい。


まーともかく、1台復旧できたので良かった。


情報によれば、


2/24の情報で、


アップル、「Thunderbolt」を搭載した新MacBook Pro


というのが出ちゃうらしい。(http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201102250005.html


13.3インチで11万円切るから、買いやすいっていえば買いやすいけど、


よくよくスペックを見ると、


CPUはインテルデュアルコア・プロセッサのCore i5/i7だし、15インチ、17インチではクアッドコアだけど、


真新し機能といえばThunderboltテクノロジー(USB2.0の20倍)とか、FaceTime HDカメラ内蔵(処理スピード2倍)で、


バッテリーは7時間とそれほど劇的には変わらず。


なんといっても、デザインが今のMacBook Proとずん分変わらない感じなので、


所有欲が掻き立てられない。


つわけで、私は今回のMacBook Proはスルーして、本命のipad2待ちかな。


あと、以前のニュースで、


アップル社が、バッテリーが20時間くらい持つ薄型バッテリーの特許を取ったというニュースがあったので、


それが採用されたMacBookAirとか、ipad2とか、そーいう劇的な進化するガジェットなら即買いしたいですね。


ファッションもそうだけど、


Macって、


インフラだと考えれば、2年償却で月々1,2万円くらい、って割りきって考えて、


新型がでたら旧式はさっさと売ってしまうとか。


うちの場合はお店もあるので、自分用に最新機を使って、型落ちはスタッフ用にお店で使うとか。


そうしてもう、Macを買うのはインフラであって、生活に必要なコスト、というか、


水道代や電気代金みたいなもんって考えると、いいのではないかと。


そんなこと最近考えますね。


TIURF


ホリゴメ


ツイッター >>> http://twitter.com/#!/tiurf


ショップ >>> http://store.tiurf.jp/


フェイスブック >>> http://www.facebook.com/profile.php?id=1796182731


アメブロ版番頭日記 >>>


EASTPAK x KRISVANASSCHE コラボバッグ >>> http://store.tiurf.jp/products/list.php?brand_id=1&category_id=233&utm_source=twitterfeed&utm_medium=facebook


posted by 番頭日記タカアキ at 18:22| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 接客で感じたこと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。