番頭日記-BantoNikkiFashion,パリコレ情報,正規取扱品,来季ご予約,クリスヴァンアッシュ,ドリスヴァンノッテン,ジョンガリアーノ,バルマン,ロベルトコリーナ,ヨシオクボ,kolorカラー: 12/27 クリスヴァンアッシュについてめっちゃ詳しくなる!モデル30人目〜54人目フィナーレまでパリコレ画像で解説
過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
番頭日記 TIURF / ブログ更新お知らせメルマガ / 携帯へ / 掲示板 /ショップへお問い合わせ:[ショップTIURF][info@tiurf.com]027-384-3713

2006年12月27日

12/27 クリスヴァンアッシュについてめっちゃ詳しくなる!モデル30人目〜54人目フィナーレまでパリコレ画像で解説

32&33kva07s (1).jpg36&37kva07s.jpg40kva07s (2).jpg


KRISVANASSCHE
 

2007 SPRING-SUMMER

41kva07s (2).jpg45&46kva07s (2).jpg49&50kva07s.jpg51&52kva07s.jpg
 
クリスについて詳しくなる
モデル30人目~フィナーレまで編
 

*クリスヴァンアッシュ 2007春夏パリコレ解説&マニュアル
 
1モデル1人目〜13人目まではコチラ
2モデル14人目〜24人目まではコチラ

3モデル25人目~29人目まではコチラ
4クリス07SSについての質疑応答はコチラ(13人目まで)
5クリスヴァンアッシュについての過去記事一覧はコチラ


*今回の記事は、クリスヴァンアッシュ、07春夏(2007年2月頃入荷予定)の
パリコレモデル30人目〜54人目(フィナーレ)までのモデルの全解説です。
過去分は、1-13/14-24 / 25-29 でチェックしてください。 

--
さて、
 
今回の番頭日記は、クリスヴァンアッシュ07春夏の、ショーモデル30人目からフィナーレまでをご紹介します。
今季のフィナーレは圧巻だったので、ぜひ、その雰囲気を感じてみてください。
 
30人目より前の記事は、 1-13 /14-24 / 25-29 でチェックしてくださいネ。
 
looK 30 & look 31
30kva07s (2).jpg 31kva07s (2).jpg
 
ひらめき30人目(左)です。
ジャケットは、数シーズン続けて作っている腕まくりジャケット。これは1つボタンのタイプ。
今年これを買い逃しても、来季も作っている可能性があるので、めげずに待ちましょう。
 
ひらめき31人目(右)
ステッチを使ったジャケット。
今季当店では、かなりの範囲でショーピースを網羅しているのですが、このルックスだけは入れませんでした。
写真写りはかっこよいです。
 
look32 & look33   
32&33kva07s (1).jpg32kva07s.jpg
 
ひらめき32人目は
深く前が開いたVネックのニットです。クリスの、数少ないニットのひとつ。
素材はコットン100%。カラーは白。
Vゾーンの部分から首のうしろにかけて、ジャガードになってます。
入荷サイズは44.価格は¥63000くらい。
 
 
look34
34kva07s.jpg34kva07s (1).jpg
 
ひらめき34人目は、美しい、新型ジャケットと、ベルトループの取れるパンツ(PT11)のセットアップ。
 
34のジャケットは、新型で、ラペルとエリの裏に切れ込みが入ったジャケット。
プレーンな印象を壊さずに、さりげなくディテールで遊んでます。
 
ボタンは、1つボタンで、ひっかけてとめるタイプ。
右のフラップポケットのところに、ロゴ入りの金属プレートがあります。
 
このモデルは、ペアで登場した19人目の女性モデルが、同じディテールのレディスタイプを着ています。
このジャケットは現地のスタッフも着ていました。
 
品番は、VT02-300 N001/44 
 
34人目のパンツは、
もう何度も何度も登場したPT11のモデル。
現地バイヤーに一番人気のbest-sellingで、
右前にとれるベルトループがつき、前ステッチがトーンオントーンのタイプ。
 
もう覚えましたよねぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)るんるん
 
品番は、PT11-300 G002 44.46.48入荷で、¥50000くらい。
(ブラックは PT11-300 N001)
 
実際には、当店ではこのタイプのブラック(NOO1)でセットアップで入荷します。
 
 
look35
35kva07s (2).jpg  35kva07s (1).jpg
ひらめきひらめき35人目は、ボタンで前開きニットベスト【KM03 252 G002】と、
よーく目見ると左腕に金属製のブレスレットぴかぴか(新しい)【JW11 S1G0】 をつけています。
 
ニットベストは、色違いを女性モデル15人目 が着ていましたが、これとまったく同じで、色がG002グレーです。
 
ひらめきひらめきひらめき腕にしたブレスレットは、【JW11】、価格は¥33000くらい。
 半分が2重になっていて、2重の色が、1本がシルバーで、もう1本がゴールドです。
で、2本のチェーンを、手でひねってなおしたようなわっか状のリングでつながっていて、さらにロゴが付いてます。
 
IMG_3549.JPG IMG_3593.JPG
↑こんなかんじの「わっか」でつながってます。
ちなみに写真は同系「ネックレスタイプ」の【JW10 SI01】と【JW10 SIGO】
 
メタル系のブレスレットは、
今シーズンはこの【JW11】と、
2シーズン目で作っていたクローバーモチーフのブレスレット【JW04】の2種類しか作っていないです。
 
 
さて、フィナーレに向けて、だんだん男女ペアで登場が増えてきましたが、、
 
look 36 &37
36&37kva07s.jpg
 
 
ルックの36人目と、37人目は、発注のときに大いに悩んだモデルです。
いま、コレを書いている今も、思い出すと脂汗が出ます。。
 
というのも、このモデル、
 
見ての通りラペルに切れ目があり、裏地の色が表にきているのですが、
この配色違いが、たくさんあるからです。
 
IMG_3838.JPGIMG_3839.JPGIMG_3840.JPG
パリのショールームでスタッフの着こなし例 
 
これめっちゃかっこいいですよね。
 
で、調べたら、
このジャケットは全部で9色オーダー可能なのですが、ショールームにサンプルとして作ってあるのがそのうち4種類。
さらに、この色に近いものは、300のG002と、302のG002の2つに絞られ、
さてさて、どっちで仕入れしようか、すごく悩みました。
(当時、すでにパリからミラノに移動して、ホテルの一室で発注してたので、サンプルが見られなかったのです。)
 
300も302も非常に良く似ていて、写真でこの距離からではほとんどわかならいのですが、
決め手となったのが、302の方は、セットアップにしたときに、パンツのステッチの色が「赤」になるものしかない、
というわけで、写真で見ても、ステッチは同色かブルーのステッチっぽいので、
おそらく300のG002だろう、と判断しました。
ちがってたらごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)
 
当店入荷は、結局
ジャケット【VT03B 300 G002】サイズ44で1点入荷¥110000。
パンツ【PT11 300 G002】サイズ44.46.48 ¥50000
となりました。
 
ショーで、中にきているタンクトップは、【KJ01 200 W001】¥14000くらい
ショールームでスタッフが着ているのは、色違いの【KJ01 200 N001】¥14000です。
この、ジャケットに合わせやすいタンクトップは
全5色「黒、白、グレー、イエロー、チドリグレー」で入荷します。
 
look38 & look39
38kva07s.jpg 39kva07s (2).jpg
 
で、さきほどの36人目とつづくと、この38人目も、変形のジャケットなのかと思ってしまうのですが、
こちらは、プレーンなジャケットに、内側から黒いシャツを出しているだけです。
 
 
look40
40kva07s (1).jpg
 
40kva07s.jpg40kva07s (2).jpg
 ひらめきひらめきひらめき40人目の「NEWシャツ風」シャツ【CT10 101 W001】サイズ44のみ¥50000
 
40人目のシャツは、現地スタッフいわく
 
「NEW SHRIT風 」
 
とのこと。なんのこっちゃかというと、
襟元を見ていただくと、黒っぽいプレートがあるのが見えると思います。
それと、おなかのへんと、エリ、そでにもたくさんのステッチが入っていますね。
これは、
現地スタッフに「これどーいう意味なの?」と聞いたところ、
「新品のシャツを袋から出したばかりで着るとできるシワ」なんだそうです。
エリは、新品のシャツによくあるような、
襟芯(たいていはすぐ捨ててしまう、プラスティックのアレです。)
だそうで、これを聞いたときに、すげー感動しましてしまいました。
 
今回のテーマは「アメリカンジゴロ」。
主人公の生き方、 
女性を食い物にして生きる強くてセクシー(そして女性に対してずる賢い)な男がテーマなのですが、
いまでいうと、売れっ子ホストの一匹狼みたいな感じでしょうか?
服は当然、自分で買わずに買ってもらうわけで、
シャツなんかは、とうぜん、買ってすぐのおろしたてで着るわけで、
このシャツは、 
そんなテーマが垣間見えて、楽しくなります。
ショールームでも、このシャツを見て、今シーズンのクリスの楽しさが一気にわかって、
私にとっては、このシャツが「master of collection」です。
 
このシャツは、入荷も少ないので、気になる人はお早めにどうぞ。
 
 
look41
41kva07s (2).jpg
41kva07s (1).jpg41kva07s.jpg
 
ひらめきひらめき41人目は女性モデル。【CT53 100 W001/36】¥50000
前出の40人目の男性モデル「NEW SHIRT」風シャツ【CT10】のレディスバージョンです。
 
しばし今回のクリスパリコレでは、女性モデルに男性物を着せて歩かせてますが、
このシャツはレディス品番です。
 
ディテールは、
男性の【CT10】と同様、新品のシャツ風のエリ芯がついているのですが、
違うところは
 
@そでが、ストレートではなく、少しパフスリーブのようなブラウス風にバルーンなカフス。
Aメンズはおなかだけにステッチだったが、レディスは全身に格子柄ステッチ
Bメンズよりタイトシルエットで、着丈も短い
 
という3点です。
 
@は、ちょうどレディスでいま流行ってきてますが、女性らしいディテールですごくかわいいです。
Aは、メンズで同じようなステッチの【CT03】=ショー3人目がありますが、レディスの方は素材が無地なので、使いやすいかもしれません。
Bについては、補足、
クリススタッフに聞いたところ、レディスは、メンズの物を単に小さくしたのではなく、シルエットもカットも1から作り直した別物とのこと。当然、シルエットも、より女性らしい、体の凹凸を出した、細身のシルエットになります。
レディスのショーサンプルは42(=L)なのですが、相当でかい(身長175以上のモデルでちょうど良い)ので、日本人なら、女性なら最小サイズの「36=XS」で良いとのこと。実物があがってこないとなんとも言えないのですが、クリスの44でもぶかぶかなくらいの人なら、レディスの36をチャレンジしてみるのもよいかもしれませんヨわーい(嬉しい顔)
 
ベルトは、40、41共通で【AC16】という品番のベルトを使ってます。
 
 
最後、
look 42 & 43 & 44 
42kva07s (3).jpg 43kva07s (1).jpg 44kva07s (1).jpg 44kva07s (2).jpg
 
最後の3モデルは、ブラックで締めくくり。
素材は300のN001で、ネクタイとネクタイピンをしてます。ネクタイピンはシルバーです。
 
IMG_3566.JPGIMG_3567.JPGIMG_3568.JPG
ネクタイ。左から【AC04】【AC03】【AC05】【AC06】で価格は各¥16000。
03と04は水玉のドット柄で、うっすらレジメになってます。
05と06はレジメで、それぞれのストライプがチドリなどになってます。
 
ショーは、42人目がAC3、43と44がAC03です。
今回は無地のネクタイがないので、真っ黒に見えるものは、細かいドット柄になります。
 
ネクタイピンは、シルバー製。チェーンつき。品番は【JW20】 入荷します。
IMG_3545.JPGIMG_3544.JPG
 
 
フィナーレ!!
 
長かったクリスのご説明もあと一息!
最後は、フィナーレです。
 
look 45.46 &47.48 & 49.50 
45&46kva07s (4).jpg45&46kva07s (5).jpg47&48kva07s (1).jpg49&50kva07s.jpg 
look 51.52 & 53.54 & designer:KRIS VAN ASSCHE(本人)
51&52kva07s.jpg53%54kva07s.jpg55kva07s.jpg55kva07s (1).jpg
 
 
ふー。長かったショーもコレで終わり。
みんな、モデルがおそろいのサンバイザーと水玉柄シャツで登場です。
 
ちょっと間違いやすいところをご説明しておくと、
 
メンズが着ている、シースルーのように見えるシャツは、
実は、水玉柄が小さなタイプの素材で、素材名を109といいます。
んで、実際にこれはけっこう透けます。
 
逆に、レディス達が着ているのが、水玉柄が大きなタイプの素材で、素材名を108といいます。
これもちょっと透けるのですが、109ほどではありません。
 
よって、
 
ショーとまったく同じ型&素材で着たいなら、まったく同じの【109素材の小水玉】をチョイスし、
逆に、水玉柄なら大きさは気にしないなら、少しわかりやすい【108素材の大水玉】がオススメ、と言う感じです。
 
この二つの素材は、手にとって見ると、ほんとにちょっとの違いしかないのですが、
透け感がちょっと違う、という点と、遠目からの見栄えがちょっと違う、という感じです。
*=108大水玉の方が、水玉とはっきりわかります。109は、うっすら、と言う感じ。
*109でも、インナーとしてきたり、中にタンクトップを着れば問題ないです。 
 
上、小水玉の109素材。下、大水玉の108素材
 IMG_3841.JPGIMG_3842.JPGIMG_3677.JPG
IMG_3790.JPG
上の3枚はメンズの小水玉。下はレディスのショーピース、大水玉
 
 
実際の入荷シャツは、
 
【108大水玉素材】で、メンズは半袖とノースリーブの2型。レディスはショーで使っていた半袖シャツ。
【109小水玉素材】で、メンズのみで半袖シャツ(ショーのフィナーレで使っていたドンズバ同じタイプ)
で入荷します。
 
あと、水玉のほかにショーで唯一使われていた柄素材として、
ギンガムチェック素材があります。コレにも、細いギンガムと太いギンガムがあります。
 
ちなみに、
フィナーレで、クリス本人が着ているのは、1シーズン前の0607秋冬ですので、もう手に入りません。
 
 
---
ようやく今回で、モデル1人目からフィナーレ(54人目)までの、全解説が終了します。
ショーピースのお問い合わせは、これで全部可能だと思うので、ぜひじっくりと吟味してみてください。
 
それから!
 
ここに載っていない(ショーで使っていない、あるいはショーでわかりにくい)物として、
アクセサリーと、Tシャツ、ポロシャツ、タンクトップがあります。
 
今回は、うちのお店ではクリスの春物は
Tシャツだけで33型、タンクトップで22型、ポロシャツで20型、
と、インナーだけで合計75型も入荷します。
 
次回は、ショーでは使っていない、このあたりの豊富なTシャツ系をご紹介します。
お楽しみに!
 

*今回の記事は、クリスヴァンアッシュ、07春夏(2007年2月頃入荷予定)の
パリコレモデル30人目〜54人目(フィナーレ)までのモデルの全解説です。
過去分は、1-13/14-24 / 25-29 でチェックしてください。 

お問い合わせは
番頭直通メール次項有banto@unjustes.com
 
または、ショップまで直接どうぞ。
http://unjustes.com
 
 
アン・ジャスティス アーク店は、クリスヴァンアッシュの正規取扱店です。
 
posted by 番頭日記タカアキ at 19:15| パリ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | クリスヴァンアッシュ | kris van assche | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たかあきさんこんにちは。たけです
そういえば、クリスのブレスレットは入荷しますでしょうか。ほしいです・・・
Posted by たけ at 2007年02月17日 16:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。