番頭日記-BantoNikkiFashion,パリコレ情報,正規取扱品,来季ご予約,クリスヴァンアッシュ,ドリスヴァンノッテン,ジョンガリアーノ,バルマン,ロベルトコリーナ,ヨシオクボ,kolorカラー: BD-1を和田サイクルにてパーツ交換してもらう。SCHWALBE MARATHON RACER マラソンレーサー、グリップ、チェーン交換
過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
番頭日記 TIURF / ブログ更新お知らせメルマガ / 携帯へ / 掲示板 /ショップへお問い合わせ:[ショップTIURF][info@tiurf.com]027-384-3713

2007年08月24日

BD-1を和田サイクルにてパーツ交換してもらう。SCHWALBE MARATHON RACER マラソンレーサー、グリップ、チェーン交換


2年ほど乗ってる折りたたみ自転車のR&M社【BD−1】が、近頃具合が悪くなってきたので、
2年ぶりに、再び東京荻窪にある和田サイクルに、BD1の修理に行ってまいりました。

私の乗っている折りたたみ自転車は、2005年製のBD1カプレオ。
いわゆるモノコックになる前の最後のカプレオ。

主に通勤の足や買い物といった、半径3キロ以内の移動に使って、
たまーに、ヘルメットかぶって山を走る、という程度の乗り方をしてます。

( 購入当時悩んで買った記事 )


そのBD1の後輪タイヤが、

「ぐわんぐわん」とうなるように横ブレするようになって、

お尻からの突き上げ衝撃がかなり強くなってしまい、
このまま乗り続けてしまうと、自転車としての寿命が短くなってきてしまうと判断して、
修理のために例の和田サイクルに、東京出張がてら、寄ってみました。

せっかくなら、長く乗りたい1台だし。


リムがゆがんでるんだろーなーと思っていたのだけど、
お店のおにいさんに見せたところ


「これはリムじゃなくタイヤの劣化が原因ですね。普通に乗ってるとこうなるんですよ」

「え?そうなんですか」

「ほら、リムがゆがんでたら、ブレーキゴムにあたるから音がするけど、これは大丈夫でしょ」

(といって後輪をくるくる回して見せてくれる)

「ほんとだ」
「タイヤ交換すえば治りますよ。5分くらいでできますよ。4000円くらいかな」
「え?ほんとっすか!よかった」

というわけで、

タイヤ交換をお願いすることにする。


ついでにってことで、
同じく劣化して裂けてしまっている「ハンドルのグリップ」と、
多少錆びている「チェーン」、
車に轢かれたときに折れてしまった「スタンド」、

これらの交換もお願いする。

「あと、ブレーキのワイヤーも錆びてますよ」

「(そういえば、ちょっと具合が悪かったんですよ。)それもじゃあ交換で」

「遅い時間でよければ、今日中にできますけど」
「じゃあ、閉店ごろに取りに伺います。あと、他に治すところありますか?」

「いやー、ここまで交換すれば、蘇りますよ


--

つわけで、
原宿、代官山(バジュラ)、赤坂見附(ジャストカバリ)で仕事を済ませて、
荻窪和田サイクルに戻って自転車を取りに行く。


閉店時間は夜の9時ということで急いで間に合うように向かったのだけど、
電話確認すると、もう少し時間が掛かるということで、22:00頃ついて、お店の前で待つ事にする。

和田サイクルは、閉店時間を過ぎてるのにまだ店内にはお客さんがいた。
急がしそうであるので、こちらも無理に急がせずに、ゆっくり待つことに。

結局22:30頃に修理完了。

引渡し。

チェーンがぴかぴかになってる。ハンドルグリップも、太目のやつに変えたので、見た目も見違えた。
後輪タイヤは、SCHWALBE社の【MARATHON RACER マラソンレーサー】というやつに代わっていた。
小輪系で、耐久性とスピード性を両立させたモデルらしい。


「ブレーキゴムもこんなに減ってたんで、ついでに交換しておきました」
「あ、すげえ嬉しいです。ありがとうございます」

「高崎からですか?」

「そうなんです。仕事のついでに寄りました」


「高崎といえば、古い友人で、

CYCLETECH-IKD
 

ってお店が高崎にありますよ」

「うーん。。知らないなー。(高崎ならヨシダが有名だけど、多分違うだろうし)」

BIKEFRIDAY(バイクフライデー

をやってるお店だけど」
「あ!そこなら知ってる。国立高崎病院の近くのとこだ。覗いたことあります」



店内は、この時間でまだ電気が煌々とついている。来店客もまだいた。

「お忙しそうですね」
「修理依頼とか、カスタマイズとかが溜まっちゃって。まだ(ボディを)組まなくちゃいけないのもたまってる」

お店の外にも中にも、ごつごつとカスタマイズされた折り畳み自転車がおいてある。

「これなんて、京都から送ってもらったやつなんだけど、、
変速(ギアボックス)つけてくれっていうんだ。これもそう」

といって、他の依頼品を解説してくれる。

たぶん、今夜も遅くまでやるんだろうな。すげー忙しそうだけど、カスタマイズの商品を話すおじさんは、


なんだか楽しそう だぞ。


「月末から休暇をとって、ヨーロッパにいくんですってね」
「自転車ショーがあるからね」
「いいですねー。向こうでも走るんですか?」
「バルセロナで、プロンプトンが流行ってきてる、っていうから、そういうのも見に行くんだ」


うーむ。いいなー。

完成した自転車に乗ると、まるで新品に戻ったかのような乗り心地だ。
チェーン変えただけで、こんなに変わるんかってくらい違う。

ちなみに、修理費はすべて込みで13000円くらいでした。
(安かった。工賃入ってるのかな?)

またお世話になりますね。おじさん。

和田サイクル



posted by 番頭日記タカアキ at 12:22| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 折りたたみ自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。