番頭日記-BantoNikkiFashion,パリコレ情報,正規取扱品,来季ご予約,クリスヴァンアッシュ,ドリスヴァンノッテン,ジョンガリアーノ,バルマン,ロベルトコリーナ,ヨシオクボ,kolorカラー: SHARE SPIRIT(シェアースピリット)の取扱い始めました!08SSより入荷します。TIURF高崎セレクトショップ。ドメス
過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
番頭日記 TIURF / ブログ更新お知らせメルマガ / 携帯へ / 掲示板 /ショップへお問い合わせ:[ショップTIURF][info@tiurf.com]027-384-3713

2007年12月13日

SHARE SPIRIT(シェアースピリット)の取扱い始めました!08SSより入荷します。TIURF高崎セレクトショップ。ドメス

IMG_3888.JPG
SHARE SPIRIT


こんにちは。番頭タカアキです。
お久しぶりの更新になってしまいましてすみません。
グッドニュースをひとつ。

2008春夏より、TIURFに取扱ブランドがあらたに1つ加わりました。

ブランド名は、[ SHARE SPIRIT ](シェアースピリット、=シェアー)といいます。


このブランドは、国内ではあまり知られてない(特にメンズは!)
ドメス(国産)ブランドなのだけど、
基本的に

「宣伝広告ゼロ」
「ウェブも禁止」
「展示会での写真撮影禁止」
「東京都内NG」
「ショッピングビルNG」

(=従って、伊勢丹さん、UAさん、BEAMSさん、BNYさん、ラブレスさんなど
大手セレクトは取り扱いできない。都内店は代官山の直営店のみで取扱い)


という感じなので、
情報もあまりないし、都内では大手ショップでほとんど取扱ができないので、
ウェブで探してもほとんど情報が見つからないと思いますが、
凝り凝りに凝ったディテールで、服マニアにはたまらないブランドだそうです。
(まして、メンズとなると、さらに国内取扱店は少ないそうです。)

写真もNGだと、うちのお店なんて、どーやって宣伝するんだろう、、?
とか思ってしまうんですが、
いまどきこーいうブランドって貴重な存在だと思うんで、
それもいいかなと。むかしのコムデギャルソンみたいですよね。

このブランドは、
海外、特にパリではかなり有名で、
あるパリ進出した日本人デザイナーさんがいうには、

「(パリの展示会で)一番発注がついている日本のブランド」

だということです。

そのパリの展示会にも私は行ってみたんですが、
その時のスタッフとのやりとりはこんな感じでした。↓


■パリのショールームスタッフに、

シェアースピリットについて聞く。



「シェアースピリットが、
ここの展示会で取り扱っているとご紹介をいただいたんですが」

といってご挨拶。展示会は、パリの中心地のやや右上のマレ地区。
マレ地区は、服飾の服素材屋さんやアトリエ、ショールームも多い。
ショップでは、ピカソ美術館、レクルールのパリ新本店や、ドリスのショールームもこの地域にある。

IMG_3856.JPGIMG_3857.JPGIMG_3863.JPGIMG_3867.JPG
IMG_3884.JPGIMG_3889.JPG

ついたショールームは、初めて訪れたところだった。


「あー、いまはメンズのコレクション時期ですから、サンプルがまだきてないです。
シェアースピリットは、レディスの時期にコレクションをするんですよ」

「(え?サンプルないの??残念。。) レディスがメインなんですか?」

「そうですね。メンズも、レディスの時期に展示会をしています」

「なるほど。ところで、どんな感じの商品なんですか?わたしはまだ実物を見たことがないんで。。」
「デザイナーさんが、世界中を旅してきて、旅先で見つけてきた面白いモチーフだったり柄だったりを、
服にのせて、凝り凝りに凝ったディテールでやってるブランドですね。あんまり海外にもないタイプです。」

「昔のドリスみたいな感じですか?」
「それをもっと凝った感じにして、ドレープとか立体裁断とかやって。」

「具体的にはどんな感じですか?」(凝ったリックオウエンスみたいな感じかな?)

「「キミノリモリシタ」さんわかります? 
あちらと、使っている生地屋さんとか縫製工場がかぶっているそうなんで、素材感とかは似てると思いますよ。

「なるほど、よくわかります。
あと、けっこう海外でシェアースピリットが売れているって聞いたんですが」

「たしかにここ(海外の展示会)で売れてます」

「なんでそんなに海外で売れてるんですか?」

「やっぱり、ジャパンクオリィテイというか、

凝った物を作らせると、日本人は手先が器用だから、海外では絶対に作れないものを、
それほど高くない値段で出せるからじゃないですか?

この価格帯では、ヨーロッパじゃぜったいに作れないですから。
何度も染めたり、手刺繍入れたり、ドレーピングしたり。

それも素材も縫製も日本製でね。」

「(展示会はマレ地区)ここの近くに、シェアースピリットを取り扱うお店ありますか?」

「展示会オーナーが経営していて、オーナー自らが気に入ったものしかおいてない、
っていうセレクトショップがマレのこの近くにあるんですが、
(セール時期の)この時期だとお店に行ってもちょっとしかおいてないですよ。
お店でも、プロパー(定価)でほとんど売れてしまっているので」

「なるほど。しかし、日本ではシェアースピリットってまだあんまり知名度がないですよね。
わたしもパリで知りましたし。

ところで、ウェブとか写真撮影がNG
だって聞いたんですが。なぜでなんでしょうか?」

「シェアースピリットのデザイナーさんが、以前大手のブランドのデザイナーをやっていたらしいんですが、

その時はときは、ものすごい右肩上がりで売れたらしいんですが、言い方が悪いですが、
その後、売れすぎて一気に勢いが急に失落したということも経験したらしいんですね。

で、自分でブランドを持つときには、あんまりそういう風にならないように、
売れるからってどこのお店にも置く、というのではなくて、
たとえ地方の小さなお店でも、大事に売ってくれるお店と取引したい、と言う風になったそうです。

写真撮影NGについては、そーいうふうに宣伝をしてないブランドなので、
すごくコピーされやすくて、(コピーしても一般顧客にはばれにくいから)、
ヨーロッパのメゾンブランドにも平気でやられるみたいで。それでだと思います。」

「で、都内セレクトショップと百貨店と写真撮影がNGと。。
引き合いはすごいんじゃないですか?海外でこれだけ知名度があると」

「そうですけど、大手さんはみんな断っちゃってしまっているみたいです」

「都内のすごく売れてるお店で、10年分を1年で売るか、地方で1年の売上を10年かけて売るか、ということですね」
「長く続く方がいいと」
「なるほど(笑)」



たしかに最近は、
ネットで何でも売れる(買える)時代だし、
ショッピングカートもどこでもやってる。
同じ商品をどこでも扱っているから、ネットで比較するのは簡単だ。

物も余っている時代で、こういう時代だからこそ、
「お店にいかないと買えない」
というブランドが一つくらいあっても良いんじゃないかなと。



写真で告知が一切出来なくても、けっこう面白いんじゃないかなー。
知名度関係なくて、
そーいうのに興味を持ってくれる人も、そろそろ出てくるんじゃないかなあー。


これが2006年の冬頃の話だったのだけど、

それから私は、日本に帰ってきてから、シェアースピリットについて調べてみたんだけど、
やっぱりあんまり情報がない。(注:いまはそこそこ見かける)
調べてやっと直営店も場所が分かって、遊びに行ったけど、すごく雰囲気がよくて、
わざわざこんな入りにくいところにお店なんて作らなくてもいいだろうに。。。(笑)
と、お店の入り口を見つけたときには、ニヤリとしてしまった。

場所はちなみに、代官山です。


私が海外で見つけてくる日本人ブランドは、
タイミングがあえば、すっと、取扱が決まるケースが多いんだけど、
なぜかシェアースピリットさんだけは、営業さんと行き違いになることが多くて、
取扱が決まるまでに2年もかかってしまった。
もっとも、すんなり取扱が決まっていたら、
ヨシオクボとかミサハラダとかと同様、
アン・ジャスティスにブランドを置いてきてしまうことになったかもしれなかったから、
いまごろ取扱が出来なかったし。
ま、こーいうタイミングなんでしょうな。このブランドとは。
私としても、1つ1つの取引を、大事にしていきたいですしね。

このブランドは、取り扱い店舗も、日本より海外の方が多かったりします。
国内が30店舗強で、海外が40店舗強。国内でメンズだけしかやらない、というところは3店舗だけだそうで、
かなりレアなケースなのだと思います。

今日、シェアースピリットさんから来季08年春夏の絵型がとどいて、
これをぱらぱらと見ながら、このブログを書いているのですが、
写真でもすげー良いのが伝わってわかるんで、早く現物を見てみたいですね。

ちなみに、


さきほどたまたまご来店してくださったおしゃれな美容師さんにこの絵型を見てもらったら、

HFS875の白ベスト¥26000 と
HKS825のVネックロンT白\14000 と
がま口がついたベルト\39000? と
5分丈ショートパンツ白\39000 のコーディネートがかっこいい!とおっしゃってました。
ぜんぶ白と生成色のコーディネートで、シンプルです。

白ベストは、前身頃がラミーとコットンの素材で、
後ろがコットンリブのタンクトップになってて、あれっ?という感じで面白いです。




ちなみに、
07年12月号の雑誌SENCE(センス)で、

「世界中から注目される日本の誇り」

プレシャス・ジャパン 特集



という記事のP43でもご紹介されています。
(以下抜粋)

世界中の通を唸らせる
ジャパン・ブランド
SHARE SPIRIT シェアースピリット


世界中の主要セレクトショップではお馴染みだが、基本はレディスブランドなだけに
知る人ぞ知る通好みなブランド。
数少ないメンズラインでありながら、世界中を旅して作られる、他に類を見ない独創的なデザインが秀逸。
こちら(雑誌文中写真)は切りっぱなしでラフに仕上げたレザーコート。
細身ながら窮屈さを感じさせない立体的な裁断にも注目。



海外での取扱店では、シェアーさんの公式hpに載っているので詳しくは割愛しますが、
ミラノではダントーネとか、良いお店ばかりのようです。ドバイとかにも取扱店があります。

公式hp:
http://sharespirit.jp/


この、シェアースピリットを、
TIURFでは、2008年1月末より展開を開始します。
入荷は、1月末〜3月頭。
客注、お取り寄せ、追加生産、修理(リメイク?)にも対応しいただけます。




2008 SS SHARE SPIRIT
予約受注会@TIURF
07年12月14(金)〜 12/30(日)



シェアースピリットの春夏ご予約会をやります。

シェアースピリット春夏の全モデル、全サイズのご予約がこの期間中は可能です。
絵型を見ながらのご予約となります。
各商品のサイズ詳細もございます。

いまご予約頂いて、入荷は1月末か2月頭となります。

シェアースピリットファンの方はもちろん、これから初めてシェアースピリットを見るという方も、
ぜひ遊びに来てくださいね。

07年12/30まで受付。

詳細は、こちらのお問い合わせまで。

お問い合わせ先
■TIURF(セレクトショップチューフ)
027-384-3713
info@tiurf.com
http://buyernote.seesaa.net
http://tiurf.com

担当:ホリゴメ


posted by 番頭日記タカアキ at 15:37| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | シェアースピリット | SHARE SPIRIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。