番頭日記-BantoNikkiFashion,パリコレ情報,正規取扱品,来季ご予約,クリスヴァンアッシュ,ドリスヴァンノッテン,ジョンガリアーノ,バルマン,ロベルトコリーナ,ヨシオクボ,kolorカラー: 1/17 DRIESVANNOTEN 2008-09AW PARIS SHOW REPORT FROM TIURF
過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
番頭日記 TIURF / ブログ更新お知らせメルマガ / 携帯へ / 掲示板 /ショップへお問い合わせ:[ショップTIURF][info@tiurf.com]027-384-3713

2008年01月18日

1/17 DRIESVANNOTEN 2008-09AW PARIS SHOW REPORT FROM TIURF

DRIES VAN NOTEN 2008-09AW PARIS COLLECTION PHOTO REPORT BY TIURF
IMG_4662.JPG

番頭タカアキ@パリです。

あのね、昨夜ドリスのショーに行って来たよ。

ドリスは、たいていいつも同じ会場を使うのだけど、
今回は数年ぶりに違う会場を使っているから、
なんか新しい物への意気込みを感じるよ。

会場は、パリソルボンヌ大学の一角。
俺のホテルから通り一本となりのほんとに真裏なんだ。
窓から会場建物が見えるくらい近い。

IMG_4604.JPGIMG_4603.JPGIMG_4606.JPG
▲会場周辺

IMG_4607.JPGIMG_4611.JPG

IMG_4608.JPGIMG_4609.JPGIMG_4610.JPG


会場に入るととたんに緊張感してくる。

IMG_4613.JPGIMG_4622.JPG

中にはいると

入口近くに、
グランドピアノと弦楽器と譜面とイスが用意してあり、それをMacにつないであった。
どうやら生演奏らしい。

IMG_4617.JPGIMG_4618.JPG
IMG_4616.JPGIMG_4619.JPG

席は、一番奥のバイヤーシートだった。

今回は、開場が狭いんじゃないかなーと心配してたけど、
(いままでのはすごく大きな会場だった)

シートを2列に分けてあり、
片方がバイヤー、片方がプレスやスタイリストシートとなっていた。

大御所スタイリストさん二人や、業界新聞記者、大手セレクトショップバイヤーさんらが勢揃いしていて、
会場も混み始めてくるとだんだんと熱気が高まってくる。

IMG_4628.JPGIMG_4626.JPGIMG_4629.JPG


前回の記事

にもちょっと書いたとおり、
いま日本のブランドやストリートの雰囲気にパリが汚染されている。
せっかくパリに来たのだから
もうちょっと東京にはないエレガントできれいなものが見たいなとか、

日本の景気が元気が無い今、元気な中国向けにコレクションをdirectするのか、
ショーの方向性はどこに向かうのか、

そのへんを気にしてみようと思った。

予定より40分遅れて、
白いパーカーを着た若い男の子がピアノについた。

始まった。


IMG_4636.JPGIMG_4635.JPGIMG_4637.JPGIMG_4643.JPG
▲まったく写ってません。すまんす。

白いワニ皮のハイカットシューズはビブラムっぽいソール。
ボーダーのカーディガン
レイヤードで白シャツを後ろにはみ出して着る着こなし

素材なんだろ?カラフル
bigネックのグレーのタートルネック
脱着できそうなファー(07awみたいだ)
股上の浅い太いパンツ
パジャマみたいなシルエットと赤系チェック柄のジャケットやシャツ
シルクは08春夏の延長でフォトコピープリントかな?
色は、きつめの配色、コントラスト強め(紫とダークグリーン)
赤いテープのようなベルトの着いたグレーのワイドパンツと、同シリーズのプルオーバーJK(←ベストアイテム)

赤いベルト付きアウター
赤いベルトに、3,4タック入った太いグレーパンツ。
サイドにラインの入ったパンツが何度も何度も出てくる。(違うバリエーション)
髪型は、ぺったり頭についた七三に青やイエローのカラーメッシュを入れたヘアスタイル。


うむ。なかなかかっこいい。

てか、欲しいのがけっこうあるぞ!


靴いくらだろ?
カラフルな太いボーダーのニットと同シリーズのマフラー、
ワイドのパンツ、

アウターはフランネル塩縮ウールが多かったけど、
この辺少なめにして、あとはニットに期待。

パジャマ風ジャケットとシャツ、これシルクだろーなーたぶん。

なかなかよろしい。
というのが今回の実感。

これはドリスにしてはけっこう良い評価なんだよね。自分的には。
実はいつもドリスは、ここだけのはなし、ショー見てがっかりすることが多かったから。
(なんか期待してるものと違ったりして。)
今回は、色の配色がどぎついなと感じたけど、(たとえば赤紫のJKとか)

そこが新しさだし、いいみたいよ。今回。

ショーが終わって
部屋に帰ってきて、

NYtimesでファッションブログ書いてるキャシーさんのブログ

をチェックしたら、
数日ぶりに更新されてて、ヴィトンと並んでなんとドリスが絶賛されてた。

DRIES0117.jpg

きゃしーさんいわく

今夜のドリスヴァンノッテンは「terrific」(めちゃめちゃ素晴らしい)。

たくさんの色、ボトルグリーンダークパープルのバリエーション
新鮮で、全体的なルーズシルエット
クラッシックなネイビーのジャケットと柔らかいグレーのフランネル素材をカジュアルにドレスダウン

パジャマ風の格子柄のシルクを随所に使いながら、ルックスは大学生風のものにした
ランウェイのストライプは、茶色のガムテープをヘリンボーンに貼って、スタイリッシュな提案している

IMG_4631.JPG
▲ガムテープでヘリンボーンに貼ったランウェイ

とのこと。

展示会が楽しみだよ。

IMG_4657.JPGIMG_4658.JPG
IMG_4660.JPGIMG_4664.JPG
▲ドリスヴァンノッテンパリコレ会場をあとにする

ではね。
また明日。

明日はクリスヴァンアッシュ、ガリアーノと
某ブランドのショーに行きます。




posted by 番頭日記タカアキ at 18:28| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。