番頭日記-BantoNikkiFashion,パリコレ情報,正規取扱品,来季ご予約,クリスヴァンアッシュ,ドリスヴァンノッテン,ジョンガリアーノ,バルマン,ロベルトコリーナ,ヨシオクボ,kolorカラー: 2/9 ロベルトコリーナの発注終了!(2008-2009AW ROBERTO COLLINA)ボローニャのニットメーカー TIURF
過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
番頭日記 TIURF / ブログ更新お知らせメルマガ / 携帯へ / 掲示板 /ショップへお問い合わせ:[ショップTIURF][info@tiurf.com]027-384-3713

2008年02月09日

2/9 ロベルトコリーナの発注終了!(2008-2009AW ROBERTO COLLINA)ボローニャのニットメーカー TIURF

IMG_5372.JPG
IMG_5322.JPGIMG_5327.JPGIMG_5368.JPG

昨夜、来季秋冬からスタートさせるボローニャのニットブランド、
ロベルトコリーナ[Roberto Collina]の発注を提出完成!


これでやっと(来季)秋冬の仕事が全部おわり!!

ふー。で、これからやっと(今の)春夏の告知に着手できます。


春夏は、まだカタログもできてないし、


だいいちまだ、
もう入荷して3週間も経つのに
クリスヴァンアッシュもドリスヴァンノッテンもシェアスピリットも
春夏画像がウェブにアップしてないですからね。

がんばります。






ロベルトコリーナ
に関しては、

発注付けてるうちに、やっぱすげー安いんだよね。

で、それでも削ったんだけど、やや欲張ってみて、

当初の予定の倍くらいの点数の発注になってしまった。



点数が倍、というのは、

小物(マフラーとかニットキャップ)とかのバリエーションを増やしたからなんだけど、

ニットキャップでおそらく8000円か9000円で出せると思う。

マフラーで13000とか。

それもとびっきり上質な素材で。メイドインItalyで。

こんな値段でこんなクオリティのものが作れるんだー、と素直に驚きました。



大人が使えるアイテムばっかりだから、

プレゼントにもいいだろうし、

ちょーどこーいうの欲しかったんだよねー、という感じだから、

自分でも欲しくて、自分用のサイズもいっぱい入れてみたり。


こーいう良いファクトリーブランドが、まだまだあるんだなーって感じた今回のパリ出張でした。

いくらユーロ高だからといっても、
じゃーかといってドメスで探すか、と思っても、なかなかね。。
今じゃドメスでもコレクションブランドだと、けっこういい値段するからね。
パリでも、日本のブランドいっぱい見てきたけど。

以前、お話ししたことのあるデザイナーさんがおっしゃっていたけど、
「シャネルが高いのは分かる。クオリティも当然高いが、シャネルには長い歴史がある。その歴史も含めて商品に価値を見いだして買うからだ。」
「しかし、日本の若手のブランドで、シャネルの生地、シャネルの工場を使ってます、といっても、シャネルほどの歴史のない若い日本のブランドがシャネルと同じ値段をつけるのはおかしい。もっと謙虚にしないと(特に新人は)」と。

いまこの言葉を思い出すと、ほんとにそうだなーと思う。
なんか、高すぎるねんな。いろんなもんが。
出てきたばっかのブランドでもけっこう高かったりするし。
日本人はあたらしモノ好きだから、それでも売れるから、それはそれでビジネス的にはOKなのかもしれないけど。

おれも、できることならば日本のブランドでなんかいいブランドがないかなーと思って
いろいろ見てて思ったけど、
まだまだ世界にはロベルトコリーナみたいにいいブランドがあるわけで、
幸い、ユーロもどんどん下がってるし、
またしばらくすると、ヨーロッパのブランドが盛り返してくる気がしたなー。
トレンド的には、アメカジに向かうのかもしれませんが。

お店としては、本当に質の高い良い物を、適正の値段でやりたいのです。

秋冬立ち上げ頃にはけっこういい感じになるといいですよね。

*政治にも頑張ってもらいたいですよね。
極端な円安だったから外国人投資家が円株を買ってたけど、本当に景気がいいのは一部の大手(ト○タとかキ○ノンとか、自○党とつながりが深い経団○系企業)だけだし、国内需要自体どんどん下落してる中、アメリカ依存体質の輸出企業株は下がると思いますよね。自動車販売台数が減ってるというのは分かるけど、軽自動車の販売台数も減ってる。地方ではクルマが生活必需品なのに、それでも販売台数が減るということは、それすら買えない人が増えてきてるということで。日本は99%が中小企業。政治が一部の企業の顔色うかがいばかりしてると、結果的には手に負えないような痛手になりますよ。政治家さん頑張って!
(とか愚痴ってみたり。頑張ってる人の給料が適正に上がることを祈って。)

それでは
入荷を楽しみにしていてくださいね。


ではでは。







*PS政治にはあまり興味ありません。すいません。(^^;)


posted by 番頭日記タカアキ at 22:19| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | ロベルトコリーナ | ROBERTO COLLINA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。