番頭日記-BantoNikkiFashion,パリコレ情報,正規取扱品,来季ご予約,クリスヴァンアッシュ,ドリスヴァンノッテン,ジョンガリアーノ,バルマン,ロベルトコリーナ,ヨシオクボ,kolorカラー: 3/22ドリスヴァンノッテンの今季注目「フォトコピープリント」とは? 2008春夏DRIES VAN NOTEN |CAMPINO|CRESSON|CROMSKY等
過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
番頭日記 TIURF / ブログ更新お知らせメルマガ / 携帯へ / 掲示板 /ショップへお問い合わせ:[ショップTIURF][info@tiurf.com]027-384-3713

2008年03月22日

3/22ドリスヴァンノッテンの今季注目「フォトコピープリント」とは? 2008春夏DRIES VAN NOTEN |CAMPINO|CRESSON|CROMSKY等

2008春夏入荷速報!

TIURF
2008s_startdries.jpg

IMG_6669.JPGIMG_6670.JPG


3月になって、TIURFにもたくさんの春物が入荷になりました。
まだ、ウェブカタログ上では、入荷商品の画像が載っていない物が多いですが、
順々に更新中です。

この記事では、
入荷になった物の一部をご紹介します。

IMG_6671.JPG写真)
ドリスヴァンノッテンのフォトコピープリントシャツ。
左)ライラック色長袖シャツ
品番:
DRIES VAN NOTEN 2008SS
CRESSON 3034_LILAC SHIRT


右)ブルー色半袖シャツ。
品番:
DRIES VAN NOTEN 2008SS
CAMPINO 3034 BLUE SHIRT


まず、今季ドリスで真っ先にオススメしたいのが
このシャツ。
このシャツは、シルクコットンの透ける薄い素材に、特殊なフォトコピープリントを施してあり、ほんとにほんとにきれいな素材に仕上がってます。


■今季ドリスの「3034」フォトコピープリント素材とは?

まず、触って頂きたい。そして、ぜひ着て軽さを感じてもらいたい注目素材は「3034」番です。
この3034素材のシャツは、展示会でバイヤーの私が一番に目が付いたもので、ミラノのドリス展示会ショールームの中央に飾ってあり、ミラノコレクションでも、なんども登場しています。
今季は、このフォトコピープリントのテクニックを使った素材で、
いろいろなバリエーションのシャツがリリースされています。

私は、このシャツの発注を決めて、番頭日記で書いて良いものかちょっと悩んだ挙げ句、展示会直後にはあえて番頭日記では書きませんでした。本当は、展示会直後の「興奮」をそのままの勢いでブログを書いてしまった方が、興奮具合が伝わるのですが、、、

というのも、このシャツのプリントテクニックは非常に高度でありながら、アイデアとしても斬新で、それを、展示会直後のタイミングでブログに載せてしまうと、見た目だけどこかのコピーブランドに
アイデアをすぐに盗まれてしまう可能性
がありました。

なので、
オススメしたい!という熱い気持ちをひた隠しにして、ぐっとこらえてあまり写真を載せてませんでした(笑)

で、いよいよ入荷になったので、ご説明しましょう。
こんな記事です。とくとご覧あれ。


IMG_405.JPGIMG_465.JPGIMG_421.JPG
↑これ、みんなフォトコピープリントのシャツです。


IMG_419.JPGIMG_0431.JPGIMG_457.JPG
↑そして、これらもみんなフォトコピープリント。

この生地の拡大図を見ると、こんな感じです。
IMG_0382.JPG
IMG_0384.JPG
IMG_0383.JPG

IMG_386.JPG
IMG_388.JPG

ね?すごいっしょ??

写真を見て、
なんだこりゃ?って感じの素材ですよね。

これは、どういうものかというと、

もともと、透け感のあるストライプの素材の上に、
カラフルなチェック柄のフォトコピープリントをしてるのです。


しかも、この素材は、シルク&コットン素材で非常に柔らかいので、
布目に対してぴったり正対してプリントなのではなく、微妙にゆがんでいたりして、
柄がゆらいでおり、そこがまた非常に風情があります。

また、通常のプリントは、インク用材がどうしても生地表面に付着するので、かならず生地の上に「インクが厚く乗る」感じになるのですが、
このフォトコピープリントでは、本当に軽く、そして透ける感じに仕上がってます。

もしかしたら、「透明度」をつけた原稿をプリントにしてるのかもしれません。


■この素材をみて可能性に気づいた

で、このプリントは、
生地自体もすばらしいのですが、とてつもなく可能性があり、
たとえばこのテクニックを応用すれば、とてもいろんなことに転用ができると思いました。

たとえば、
スエットの素材の上に、「レザー」の表面をスキャンした原稿をフォトコピープリントすれば、
まるでレザーのような見た目のスエット(価格もスエットにプリント代だけ)が完成しますし、
デニムの上にツイードのフォトコピーとか、
ブロード綿の上に着物のビンテージの柄を載せたり、
スエットで作ったジャケットの上にウールのピンストライプの素材を載せたりと、
元の素材に関係なく、素材の表面だけフォトコピーできる。
より安価な素材に、高級な柄をプリントしたりとか、
より日常向きな素材に(綿・麻・ナイロン)、より非日常的な素材(レザー・シルク・カシミア)をプリントしたりできるかもしれない。
あるいは、無地の綿スニーカーに、革靴のプリントを載せたりとか。
(いろんなブランドで、すでにそういう試みはやってるのかな?)

このテクニックはどんな素材にも応用が利くテクニックなので、
こりゃーとてつもなく革新的なことをドリスはやってんのじゃないかしら?と。
特許でも取った方が良いんじゃないかと(笑)

3034素材は、今季のベストシャツなので、ぜひ店頭でも見てみてください。


[ドリスヴァンノッテン3034素材]

[シルク&コットン&麻素材3029]

このテクニックのバリエーションで、今季ドリスは、
透けるニットの上にプリントしたり、
[シルク&コットン&麻素材3029]で、ちょっと表情を変化させてみたり、
いろいろチャレンジしてます。

ぜひぜひチェックしてみてくださいね。


posted by 番頭日記タカアキ at 13:00| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。