番頭日記-BantoNikkiFashion,パリコレ情報,正規取扱品,来季ご予約,クリスヴァンアッシュ,ドリスヴァンノッテン,ジョンガリアーノ,バルマン,ロベルトコリーナ,ヨシオクボ,kolorカラー: ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN
過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
番頭日記 TIURF / ブログ更新お知らせメルマガ / 携帯へ / 掲示板 /ショップへお問い合わせ:[ショップTIURF][info@tiurf.com]027-384-3713

2011年02月10日

DRIES VAN NOTEN INTERVIEWED BY DIANE PERNET ドリス・ヴァン・ノッテンのインタビュー。

DRIES VAN NOTEN INTERVIEWED BY DIANE PERNET from ASVOFF on Vimeo.

ドリス・ヴァン・ノッテンのインタビューがありましたので、

こちらに載せておきますね。

この、タマネギおばさんみたいな女性は、それはそれは有名なジャーナリスト(DIANE PERNETさん)で、

主要なパリコレ・ミラノコレクションには、レディスでもメンズでも必ずフロントローにいて、

ショーに睨みを効かせる人です。

ところで、TIURFにも今週2011春夏のドリス・ヴァン・ノッテンが入荷になりました。

明日2/11立ち上げとなります。

ドリスの入荷リストはコチラ▼にもまとめておきましたので、どうぞ!

http://store.tiurf.jp/products/list.php?brand_id=2

TIURF


posted by 番頭日記タカアキ at 15:42| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

30-100 DRIES VAN NOTEN 2011-12AW SHOW PART 2/3

DRIES VAN NOTEN


2011-12 AW PARIS SHOW


T I U R F






DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF032.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF033.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF034.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF035.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF036.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF037.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF038.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF039.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF040.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF041.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF042.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF043.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF044.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF045.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF046.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF047.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF048.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF049.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF050.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF051.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF052.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF053.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF054.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF055.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF056.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF057.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF058.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF059.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF060.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF061.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF062.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF063.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF064.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF065.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF066.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF067.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF068.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF069.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF070.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF071.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF072.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF073.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF074.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF075.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF076.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF077.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF078.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF079.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF080.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF081.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF082.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF083.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF084.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF085.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF086.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF087.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF088.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF089.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF090.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF091.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF092.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF093.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF094.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF095.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF096.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF097.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF098.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF099.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF100.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF101.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF102.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF103.jpg


posted by 番頭日記タカアキ at 03:56| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

1-30 DRIES VAN NOTEN 2011-12AW SHOW PART 1/3

DRIES VAN NOTEN


2011-12 AW PARIS SHOW


T I U R F


DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF001.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF002.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF003.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF004.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF005.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF006.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF007.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF008.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF009.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF010.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF011.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF012.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF013.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF014.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF015.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF016.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF017.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF018.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF019.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF020.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF021.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF022.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF023.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF024.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF025.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF026.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF027.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF028.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF029.jpg DRIESVANNOTEN_2011-12AW_TIURF030.jpg


T I U R F


posted by 番頭日記タカアキ at 02:52| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

ドリスドリスヴァンノッテン、フィナーレでのヒトコマ。

IMG_9735.JPG


DRIES VAN NOTEN 2011-2012 AW PARIS


フィナーレでのヒトコマ。


posted by 番頭日記タカアキ at 00:49| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SNAP SHOTS BEFORE DRIES VAN NOTEN 2011-12AW PARIS SHOW

DRIES VAN NOTEN 2011-2012 PARIS FASHION SHOW


@musee Bourdell


ドリスドリスヴァンノッテン、2011-2012awのショー会場です。


大きな彫刻がドスンドスンと置いてある小さめの美術館、musee Bourdellがその会場。


彫刻の間を抜けると、ショー会場。


一番最後の1枚は、そのファーストルックを後ろから見た1枚。



DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF01.jpg


DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF02.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF03.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF04.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF05.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF06.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF07.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF08.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF09.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF10.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF11.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF12.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF13.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF14.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF15.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF16.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF17.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF18.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF19.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF20.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF21.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF22.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF23.jpg


 T I U R F




posted by 番頭日記タカアキ at 00:38| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

DRIES VAN NOTEN のシルクブルゾン、VICK-BISとそのルック全身アイテム。

DRIES VAN NOTEN

2010 SPRING LOOK


10ss_DRIESVICK.jpg


ドリスヴァンノッテン 2010春夏で、人気の高いシルクアウターのVICK-BIS

これの写真がWEBで落ちていたので、アップし直しておきました。


10ss_DRIESVICK1.jpg


ショーで見た時の印象。


やはり、素材がシルクということもあって、ショーでもぱっと目を引くアウターでした。


表身頃の素材も、背中の見頃も、両方シルクです。


腕に巻いているシルクのハンカチーフ、

ツータックのややワイドな無地コットンパンツ(色はダークネイビーです)、

シューズは、スリッポンタプで、かかとにストラップがつくガラス加工をしたもので、

ソールはラバー、インナーはレザーのエレガントなシューズです。


  driesvannoten_vickbis_11.jpg driesvannoten_vickbis_09.jpg

driesvannoten_vickbis_07.jpg driesvannoten_vickbis_05.jpg

driesvannoten_vickbis_03.jpg driesvannoten_vickbis_01.jpg


DRIES VAN NOTEN SILK OUTER "VICK-BIS"




0516DVA_KANREN.jpg


SHOES ブラックエナメルスリッポン


PANTS ダークネイビー2タックパンツ PAIG(コットン素材)


SCARF シルクハンカチーフ






posted by 番頭日記タカアキ at 20:00| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

TODAY'S CUSTOMER PHOTOS - DRIES VAN NOTENのシャツ編

TODAY'S


CUSTOMER


PHOTOS









todaycustomer_0515TIURF8.jpg


todaycustomer_0515TIURF4.jpg






ドリスヴァンノッテンの今季2010春夏の、シャツのキー素材、

73307425をご紹介します。


上の写真の、ストライプの素材が7330で、

これは、

ストライプONストライプ、

遠目で見ると、単なるストライプなのですが、よくよくみると、ストライプの中にもう1本ストライプがあって、濃淡のあるストライプ素材になっています。


軽さ、透け感と、テクニカルな感じが非常にマッチしてて、エレガントな印象です。






次に、下の写真の、一見ドット柄のように見える素材が7425素材で、

これは、





一見ドット柄のようでいて、じつは細かい四角形の集まりで、

小さな四角の中にさらに小さな四角があり、四角と四角の隙間にもまた小さな四角があり、、

つまりは、チェック柄なんですね。


細かい柄を作ろうとするほど生地が厚くなるものですが、

このシャツは非常に細いコットン糸で作られているため、しなやかで、そのため表面にうっすら光沢があります。






todaycustomer_0515TIURF1.jpg todaycustomer_0515TIURF3.jpg


todaycustomer_0515TIURF5.jpg todaycustomer_0515TIURF6.jpg







お問い合わせは、TIURFまで御気軽にどうぞ。









posted by 番頭日記タカアキ at 21:13| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

ドリスヴァンノッテン秋冬の動画作ってみた。もうすぐドリス立ち上げ!


▼ドリスヴァンノッテン秋冬新作商品のムービー作ってみました。




イメージビデオです。どうでしょう?

TIURF


[ http://store.tiurf.jp]


[ http://buyernote.seesaa.net]

▼TWITTER フォローミープリーズ 
http://twitter.com/tiurf/
TWIITER画像TIURF
@tiurf
posted by 番頭日記タカアキ at 18:51| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただいま検品中なう。ドリスヴァンノッテン秋冬が届いたよ。

やっと、今季の目玉、
ドリスヴァンノッテン秋冬新作商品がお店に届きました。




IMG_0466.JPG

▲検品してくれてるスタッフタケイ君。

▼入荷前の店内の様子はこんな感じ。買ったばかりのCANON EOS 50Dのカメラチェック。

IMG_0306.JPGIMG_0307.JPGIMG_0316.JPGIMG_0322.JPG


▼で、ドリス届いた〜!!

IMG_0467.JPG
IMG_0475.JPG
IMG_0473.JPG

商品詳細が決まり次第、またWEBまたはここ番頭日記にアップしますね!

お楽しみに!!


TIURF


[ http://store.tiurf.jp]


[ http://buyernote.seesaa.net]

▼TWITTER フォローミープリーズ 
http://twitter.com/tiurf/
TWIITER画像TIURF
@tiurf
posted by 番頭日記タカアキ at 14:01| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

Q&A ドリスヴァンノッテン2009-10aw 44人目モデルが着用の半袖ニットとストールのコンボ

DRIES VAN NOTEN

2009-10AW

WILL SOON ARRIVE AT TIURF

DRIESVANNOTEN:TITAN+FENTON+PEACOCK
▲DRIES VAN NOTEN ニットはTITANのキャメル、マフラーはFENTONのマスタード
→TITAN(camel) →FENTON(mustard)

Q&A


■お問い合わせの内容

こんばんは。

ドリスヴァンノッテンの商品に関するお問い合わせです。

A/W0910のコレクションで最後から三番目?
の半そでニットとマフラー?ストール?とゆったりめのパンツのルックが大変気に入ったのですが、該当商品がどれだかよく分かりません・・・

もしよろしければ教えて下さい。

宜しくお願いします。



お答え:

Aさま

高崎のセレクトショップTIURFのホリゴメです。
この度は、
ドリスヴァンノッテンについてのお問い合わせを頂きまして、
誠にありがとうございます。

お問い合わせの商品について、確認が出来ました。
恐らくA様のお探しのものは、

44人目のモデルのコレかと思います。

ドリスヴァンノッテン2009-10aw半袖ニット44人目
▲ドリスヴァンノッテン、2009-10aw 44人目のLOOK。
半袖ニット:TITAN(camel)
ストール:FENTON(mustard)
パンツ:PEACOCK


今季のドリスヴァンノッテンは、

『ニットとマフラーの素材や色をそろえる』


つまり、ニットとマフラーのコンボが、1つの着こなしテーマ。
44人目は、それを象徴するルックスだと思います。

44人目は、
半袖ニット(キャメル)とマフラー、太めのパンツのルックもの。

これらのルックスは、当店でも推しのスタイルで、
44人目に関しては全部丸ごと当店に入荷します。


DRIES VAN NOTEN 2009-10AW
HALF SLEEVES KNIT TITAN CAMEL

▼入荷アイテム

まず、半袖ニットですが、
TITANという形の、カラーは「キャメル色」です。


▼TITAN-CAMEL
http://store.tiurf.jp/products/detail.php?product_id=264


こちらの商品は、


ウール50%、キャメル25%、シルク25%で、
非常に柔らかい素材で、着心地の大変良い素材です。


▼TITANは、今回は
[CAMEL][BURGUNDY][RAF][LIGHT GREEN]の4色で入荷予定です。

ピクチャ 116.png

▲CLICKで、各色の通販ページを直接表示できます。(pcのみ)




FENTON CASHMIR SCARF

巻いているストールは、
FENTON という品番の、カシミア100%のストールです。

▼FENTON-MUSTARD
http://store.tiurf.jp/products/detail.php?product_id=271


ドリスヴァンノッテン、ニットとマフラーコンボ例
▲FENTONの絵型

FENTONは、
ボディ部分は、杉綾織りの柄になっていて、両サイドにフリンジがついています。
今季テーマで、「ニットと同素材のマフラーのコンボ」というものがありまして、
この半袖ニットと同じ素材のストール(TINGLE)あるのですが、
ショーではこちらのFENTONで合わせていたので、当店では両方で入荷します。


DRIESVANNOTEN:TITAN+FENTON+PEACOCK
▲スカーフの素材は美しい杉綾織り。FENTON CAMEL

DRIESVANNOTEN:TITAN+FENTON+PEACOCK
▲ゆったりしたシルエットのパンツは、ほんのりストライプが入っている。


スラックス

PECKという品番の形の、前ダーツが深く入ったスラックスです。


PECK
http://store.tiurf.jp/products/detail.php?product_id=261

ドリスヴァンノッテン 2009-10awパンツ PECK通はページへ
▲PECKの購入ページへ



どの商品も、ご予約が可能となっておりますので、
気になる商品がございましたら、
どうぞお気軽にご相談下さい。
入荷時期は、8/15頃〜9/末を予定しております。



DRIES VAN NOTEN のお問い合わせは、
ドリス取り扱いの長い歴史のある正規代理店、TIURFまで。
http://store.tiurf.jp



(おまけ)
その他、コンボの例。
ドリスヴァンノッテン、ニットとマフラーコンボ例ドリスヴァンノッテン、ニットとマフラーコンボ例ドリスヴァンノッテン、ニットとマフラーコンボ例ドリスヴァンノッテン2009-10awニットとマフラーのコンボ例
▲DRIES VAN NOTEN KNIT + SCARF COMBO EX.
KNIT= TIDAL( COL.WHITE) 他にTIDALはNAVYもあり。
SCARF= TIER (COL.WHITE) 他にTIERは、NAVY, GREYあり。


ドリスヴァンノッテン2009-10awニットとマフラーのコンボ例ドリスヴァンノッテン2009-10awニットとマフラーのコンボ例ドリスヴァンノッテン2009-10awニットとマフラーのコンボ例ドリスヴァンノッテン2009-10awニットとマフラーのコンボ例ドリスヴァンノッテン2009-10awニットとマフラーのコンボ例
▲半袖ニットと同素材の
ウール+キャメル+シルク素材のストール
TINGLE COL.CAMEL
TINGLE COL.BURGUNDY(エンジ)

TINGLE COL.RAF(グレー)

の3色展開です。

お問い合わせはTIURFまで。
[ http://store.tiurf.jp ]

お電話やメールでもお気軽におたずねください。
電話 027-384-3713
メール info@tiurf.com


ぼくもTWITTERなんぞやってますんで、よかったらフォロお願いします。

TWIITER画像TIURF




NEW通販サイト

[ http://store.tiurf.jp ]


スタッフタケイブログ
http://takeidotnet.blog47.fc2.com/ ]
オーナーバイヤー番頭タカアキのブログ
[ http://buyernote.seesaa.net]
[ http://ameblo.jp/buyernote2/ ]
posted by 番頭日記タカアキ at 18:53| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

ドリスヴァンノッテン2009春夏は何が入荷してますか?


ドリスヴァンノッテン2009春夏は何が入荷してますか?」

というお問い合わせをたくさんいただきます!

当店契約の日頃親しくして頂いているプロカメラマンさん
群馬美少女図鑑を手がけるトロワデザインMickyさん)
が、2/末までに全入荷商品を撮影してくださる予定ですので、
ウェブサイト(http://tiurf.com)へのアップは、
今しばらくお待ち頂くとしまして、

それでもドリスヴァンノッテン春夏をお待ちかねの方へ、

過去の記事で、
ドリスヴァンノッテンのパリ、ショールームの時の写真をまとめた記事がございますので、
どうぞこちらをご覧下さいね。



Q&A

TIURF


今期のドリスについて質問です。

シャツやニットはどんな物が入ってますでしょうか?
それぞれ最小サイズが残っている物について柄、ディテール等教えて下さい。

あと、ランウェイで使われていたショートパンツや
ウエストベルトのついたパンツは入荷はございますでしょうか?

よろしくお願いします。


Anser by TIURF

○○さま

高崎のセレクトショップTIURFのホリゴメです。
ドリスヴァンノッテンの春夏について、
お問い合わせを頂きましてありがとうございます。

ウェブの方で、写真アップが遅くなっておりまして
大変ご迷惑をおかけしております。
写真の方は、2/
28頃からどんどんアップされている予定ですので、
一覧をご覧になる場合には、もう少々お待ち下さいね。

さて、
お問い合わせを頂きましたアイテムについてですが、

シャツ、ニットは

まずシャツは、
タイプリント(手書き風のカラフルなドットや渦巻きのような柄)
のシャツが、
半袖の麻のミリタリーシャツでネイビーとエンジ色、
薄い綿素材の長袖物で、ブラウンとグレー、
白地のチェック素材長袖シャツ、
ギンガムチェックシャツ、
ブルーストライプのシャツ(エリが小さい)、
細かな手裏剣のようなタイ柄シャツ、
半袖のベーシックシャツ(白、カーキ、グレー)

などが入荷済みです。

ニットは、
ニット柄(ニットの上にニットのプリント)の長袖シルクニット、
ショーで使われていたシャツとニットがコンビになったシースルーニット黒、
その半袖(背中がシースルー)
などが入荷済みです。

価格は、シャツ28000円〜、ニットは55000円〜

ショートパンツも入荷いたします。
次回(3月上旬入荷予定)


品番につきましては、

近日中にウェブサイトに一括アップされる予定ですので、
もう少々お待ち下さいね。

よろしくお願いいたします。

写真につきましては、展示会のときのものが、
こちら↓でご覧いただけます。

1) http://buyernote.seesaa.net/article/110849469.html

2) http://buyernote.seesaa.net/article/110849469.html
3) http://buyernote.seesaa.net/article/102127662.html



その他何かご不明な点や、気になる商品などございましたら、
お気軽におたずね下さい。
よろしくお願いいたします。


posted by 番頭日記タカアキ at 13:40| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

1/26 ドリスヴァンノッテン2009-2010秋冬発注中

1/26

DRIES VAN NOTEN SHOWROOM

IN PARIS

2009-2010 AW COLLECTION

IMG_4762.JPG
IMG_4686.JPG

DRIESVANNOTEN2009-2010AWPARISSHOWROOMDISP


START 展示会発注
まずは来季秋冬 ドリスヴァンノッテンから。

今日はドリスヴァンノッテンとガリアーノオム(ファーストライン)の展示会。

いよいよ本番スタート!

って感じで朝から早起きして気合いでエナジードリンクレッドブル飲んでスタート。



ドリスヴァンノッテンは、今回は正直、

「どーーーなんだろ??」

って気持ちだった。

ショーをみた場所が悪かったから(←しつこい)かな。



だいたいのめぼしでは、

ショーのシルエットというより素材がおもしろいんだろうな、

っと思ってたから、その辺に注目してみてみた。



IMG_4573.JPG
IMG_4574.JPG
DVN09aw_detail_15.jpg


ドリスの展示会場でまず目についたのは、

先日の番頭日記でもアップを載せた、ヘリンボーンのショートコート、

これは素材もサイズ感も抜群だった。

2007のドリスではコートをたくさんTIURFに発注して、2008はその反動で

ぜんぜんコートを発注しなかったのだけど、
今季のドリスはこれはいいなー。


COAT

IMG_4761.JPG
IMG_4763.JPGIMG_4764.JPG



んで、もうちょっと長くて襟がおもしろいトレンチ。

これはまだ発注を迷ってる。


IMG_4524.JPG




それから良かったのは、セミロングのダウン。

軽くて良かったなー。


特にウールストライプの素材は、

ARTHUR HARRISONというイギリスの老舗生地メーカーとのダブルネーム素材らしくて、
素材がめっちゃよかった。

ドリスにしては珍しく、生地のブランドネームがつくというアイテム。

着心地も良かったので、これは発注決定。

あと同じ形で、グレーの無地ウールダウンもあった。


DAWN JACKET STRIPE

IMG_4593.JPG
IMG_4594.JPG
IMG_4578.JPG

IMG_4530.JPG




あと、ドリス好きな人はこれいいんじゃん?

というのは、ロングのニットコート。

おなかのあたりにフックがついてて、ジップで着るとルーズシルエットで、

フック止めるとタイトに着られる、という、

今期ドリスのキーワードである二軸平行概念、ワイドとタイトを両立させる、

という意味で、あるいみ2WAY的な着方ができていいと思った。

明るめのグレーに、キャメルっぽい茶色の色のシャツを合わせるものGOOD。


LONG KNIT COAT

IMG_4587.JPGIMG_4584.JPG

IMG_4688.JPGIMG_4690.JPG
IMG_4691.JPG



半袖ニットもいいなー。

ショーで使ってたバーガンディー(濃いワインレッドみたいな色)と、

ショーで使われていない明るいグリーンをチョイスした。グリーンは自分用。



COMBO KNIT (KNIT + SCARF)

IMG_4605.JPG
IMG_4604.JPG



あと、今回おもしろいなと思ったのが、

ニットとマフラーをおソロでそろえる、という着方。

ある意味コンボ。

たとえば柄のニットと、同じ柄のマフラーを合わせて着る。

お財布とキーケースをおソロでそろえる、みたいな感覚で、

これはツボだった。

どっちかだけ使ってもいいし、コンボも楽しい。

コンボ、ってこれはおもしれー!と思って、

今回のニットはみんなコンボで発注した。

ショーで使われている白っぽい柄のニット(これもタートルニットとマフラーのコンポ)

とか、ショーの後半で使われている、グレーと水色のアーガイルVネックニット(これもスカーフがコンボである)

あと、これは発注迷ってるけど、キャメルの深くあいたVネックニット。

これは、同素材でも楽しいけど、ショールームでは、 あわせのコンボとして、

ニットスカーフではなくて同色の布シルクスカーフで合わせてて、これがめっちゃかっこよかったからこっちのコンボにしようか。

COMBO KNIT (KNIT + SCARF)




IMG_4623.JPG
IMG_4669.JPG
IMG_4652.JPG

IMG_4580.JPGIMG_4603.JPGIMG_4622.JPG
IMG_4659.JPGIMG_4663.JPG



あと、単品で着られるシャツが良かった。

これも二軸平行概念なのか、

やや生地厚めのグレーウールとポプリン綿シャツの「異素材切り返し」のシリーズがすごくよかった。

横で選んでた別の外人バイヤーさんらと、これいいよね〜な状態になって、

一緒になって写真撮影のとりっこ。

値段も、この辺は28000円〜34000円くらいと買いやすいので、

秋の入荷初っぱなの時期に、ちょっと羽織りたい物としてかって、そのあとずーっと着られるという、いわゆる「使える一枚」なやつで、

「こーいうの、ドリスで待ってたんだよねー」な一枚。

通販じゃ売れないかもしれないけど、店頭で見た人は、たぶんみんな欲しいと思う。


IMG_4647.JPG
IMG_4744.JPG




あと、靴。



黒クロコのシューズと、

黒スニーカー。



スニーカーは、ちょっと高かったけど、履き心地がめっちゃよかったんで、

これは自分でほしいなー、みんなも欲しいかなー。。とか思って、自分の感覚で発注決定。


SHOES 'N SNEAKER


IMG_4704.JPG
IMG_4719.JPG

BELT

IMG_4725.JPG


STYLING KEY IN THIS SEASON

"BLACK AND WHITE"


あと、スタイリングのキーとして、

パンツでもジャケットでも、スタイリングのどこかに「白」を使うのが今シーズンのキースタイリングなんだそうだ。

というのも、誰の写真集だか名前は忘れてしまったけど、

テーマが、ある写真集"BLACK and WHITEなんだそうで、

これがイメージリソースなんだそうです。


IMG_4648.JPGIMG_4632.JPGIMG_4777.JPGIMG_4778.JPGIMG_4800.JPG


で、ちょっといまそのBLACK and WHITEで検索してどの写真家の写真集か調べたんだけどよくわかんなかったんですけどね、代わりに出てきたのが、



"Black or WHITE"



マイケル・ジャクソンの比較的最近のシングルカット曲です。ぼくはマイケル好きなので、「おっ?」と思ったんですけど、

ORとANDっていうのは、プログラミングの世界でもそうですけど、全然逆の意味になるじゃないですか。

で、思ったんだけど、やっぱり、黒人初のアメリカ大統領オバマ氏の大統領の就任もあったけど、で、その就任式に200万人もの人が一目見たくて集まって、
わーっと盛り上がってるところで、あるインタビュアーが黒人に感想をインタビューしてるんだけど、そこにきてる黒人の方なんて、「おれが生きている間にこ
んな風景が見られるとは、"夢"にも思わなかった。死んだ叔父に見せてあげたい」みたいなことを言ってるんですね。

で、ここヨーロッパでも、なんかのプロパガンダかもしれないけど、"I have a dream"のキング牧師の映像が何度も流れてる。

I have a dreamの時代は、黒人と白人が真っ向から斗かっている(たたかっている)時代で、つまり、黒人か白人かで社会の中で覇権を争っているわけで、

つまり、 Black OR WHITE、黒人か白人か、な時代だったわけで。



でも、いまは、 まさに Black AND
White。黒人と白人が、どちらかではなく、どちらもが 結束して、白人がぶっこわした金融システムとその後の時代の舵取りを、若くてハンサムな黒人に
ゆだねたわけでね、まさにblack and whiteがその両方が仲良く手を取り合う時代になったわけで。



そー考えると、

ドリスの今季のテーマとしてBlack and Whiteを選ぶあたり、ひさびさにドリス、さすがに、「なるほどな」って思いますよね。まー、考え過ぎかもしれないですけど、いろいろ感じるのがファッションショーの醍醐味なんで、まー赦してね。



ではでは。




商品のお問い合わせ、ご予約は、ショップTIURF(チューフ)までお気軽にどうぞ。

TIURF
通販、お問い合わせ→http://tiurf.com
電話で直接お問い合わせ→027-384-3713
メールでお問い合わせ→info@tiurf.com

住所:〒370-0053 群馬県高崎市通町18番地2F奥
JR高崎駅西口徒歩7分、井上病院のあるレンガ通り、古くからある「だいこくや」さんの目の前2F奥です。
JRでは、新宿から湘南スカイラインで1時間40分、上野から新幹線で60分。お車では、高崎インターまたは藤岡インターから20分です。
オープン:11:00-20:00 水曜定休
TIURFは、ドリスヴァンノッテンの正規取り扱い店のセレクトショップです。
ドリスヴァンノッテンは通販もOKです。代引き、クレジットカード利用OK。
ご予約については、詳細を記載した手引きをお送りしますので、ショップまでメールまたは電話にて直接お問い合わせください。

この記事はリンクフリーですが、できればこのページへのリンクを明記お願いします。

写真の無断使用はお断りします。

posted by 番頭日記タカアキ at 18:35| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

1/23 ドリスヴァンノッテンのパリコレ観てきた。

DRIES VAN NOTEN

2009-10AW PARIS COLLECTION

1/23

今日はドリスのパリコレ2009-10秋冬を観てきました。

[dries van noten 2009-2010aw paris]

DVN09aw_e_01.jpg



DVN09aw_detail_01.jpg

DVN09aw_detail_04.jpg

DVN09aw_detail_06.jpg

DVN09aw_detail_07.jpg

DVN09aw_detail_15.jpg

DVN09aw_detail_22.jpg

DVN09aw_detail_50.jpg






今回のドリスヴァンノッテンのショーは、
トレンドの"the NEW MODESTY"も感じられるものが多かった。

ぱっと観は非常にシンプルでとられどころがないが、
アップでよく見てみると、テクニカルな素材が多くて、ディテールも凝っている。
よくみないとわからん魅力なアイテムが多い。

ショーを生で見させていただいたのだけど、
割り当てられた席が、、、、

ぶっちゃけ、席の位置が最悪で、あまりショーに集中できなかった。
(カメラ席の近くだったが、壁がすぐ横にあり、ランウェイがほとんど見えず、
モデルを正面から見ることがまったくできずに横からしか観られなかった。)
素材もシルエットも靴もぜんぜんわからない席。これだったらスタンディング席のほうがよっぽどましだった。


ホテルに帰って、ウェブでアイテムをチェックしてみたら、ショー会場ではわかんなかったけど、すごく良いものが多かった。

ショーの印象は、観る場所で大きく変わってしまうもんだなと思って、

自分も気をつけよう、と勉強させてもらった。

さてさて、
そーいうわけで、
ネットの情報なんかを見ると、
ファーストルックで、ミリタリーバッグとクロコのポーチを2つもつところが、
異なるメンズスタイリングの並列概念として、今シーズンのスタイリングのキモなんだそうだ。
なるほど、そーみるとそー見える。
スタイリングは40年代のディテールと空軍もの。素材は、ヘリンボーンなどのブリティッシュな素材をテクニカルに仕上げているのだそうだ。

また、別の情報では、
「今シーズンはスーツがショーでは多いけど、実際にはニットがすごくいいんですよ」という情報も入っていたので、
ショーでは胸元までばっちり締めて着ていてインナーが見えないけど、この辺も期待したい。

まー、ドリスの場合は、やっぱり展示会で観てみないとわかんないっすね。
とくに今回はショー観てもよくわかんなかったし。。。(涙

写真も撮ったけど、横からアングルが多かったので、
画像ではなく動画で撮ってきましたので、
あとで編集して載せておきますね。

ではでは。

これからクリスのショーを観てきます。

TIURF
http://tiurf.com
posted by 番頭日記タカアキ at 22:48| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

出張日記を思い出しながら書く〜09春夏編〜6/28ドリスヴァンノッテン春夏パリコレ展示会を観て→

6/28ドリスヴァンノッテン発注

IMG_9319.JPGIMG_9320.JPG
[フォトコピープリントのTシャツ。品番はHAGERとHAIDER. DRIES VAN NOTEN 2009 SPRING]

ドリスヴァンノッテンというブランドは、
いわゆる”ベルギー派”といわれるデザイナーで、
ラグジュアリーなブランドなのに、どことなくリラックス感というか、
柔らかい雰囲気を大事にしているデザイナーだ。
柔らかい雰囲気というのは、たとえば色についても、
強い印象になってしまう”黒”よりは、ベージュやグレーやカラフルな色だったりを多く使うし、シャープに見える”無地”よりも、よく見るとうっすら柄が入っていたり、
というのが多くて、オシャレ上級者というか、玄人好みのデザインが多い。

ぼく的に思うドリスの最大の特徴は、そーいった持ち味を持ちながらも、
毎シーズンデザインを"革新"していくという点だ。
同じ事は繰り返さない。流行は、追うものではなく作るもの。
このくらいのレベルのブランドはどこも基本的にはそうだけど、
パリのデザイナーらしく、やはり”新しさ”とか”まだだれもやってないこと”とか、
まだそういうことを大事にしているデザイナーだと思う。

2009春夏のドリスヴァンノッテンは、
やっぱりなんといっても
1)「タイプリントのシャツ」シリーズのシャツとパンツ、
2)「フォトコピープリントのTシャツ」シリーズと、
あとファーストルックでも使われていた3)ニューシルエットのスーツと、
やっぱり4)シューズ。

この4つのキーアイテムについては、のちほどじっくりご紹介する。


IMG_9474.JPGIMG_9478.JPG
IMG_9481.JPGIMG_9491.JPG
IMG_9497.JPGIMG_9504.JPG
IMG_9505.JPGIMG_9508.JPG

その日あった別のショー。D・D


IMG_9522.JPG

夜は久々外食。
ステーキはだいたいどこのカフェで食べても満足できるボリューム。

posted by 番頭日記タカアキ at 20:29| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

Q&A お客様からのお問い合わせ:ドリスヴァンノッテン2009春夏編

Q&A


Q1:
ドリスヴァンノッテンの通販ページが、カートがついていませんが、通販はできますか?


A:
はい、ドリスヴァンノッテンは通販OKです。
メーカーからの要望で、カートをつけての決済が原則禁止となっているので、
当店ではカートを外し、お問い合わせフォームをおつけしております。

通販をご希望の場合、各商品のお問い合わせフォームより、

1)お名前
2)郵便番号
3)ご住所(マンション名含む)
4)お電話番号
5)お支払い方法(銀行振り込み/代引き/PAYPAL/店頭受け取り)
6)配達希望日時、その他

以上6点をご記入の上、フォームよりお問い合わせ下さい。

緑色のお問い合わせマークがついているアイテムは、まだ在庫があります。
なお、完売商品につきましては、赤い丸印で「SOLD OUT」と表示されております。



Q2:

ドリスヴァンノッテンのダウンジャケット(VITORIO:
色BLACK、サイズS)ですが、詳細なサイズ(肩幅、袖丈、着丈、胸囲)を教えて下さい。


ダウンVITORIOブラック:色BLACKサイズ-S 133350ドリス080A

ダウンVITORIOブラック:色BLACKサイズ-S 133350ドリス080A

ダウンVITORIOブラック...

A:
大変遅くなりましたが、ドリスヴァンノッテンのダウン VITORIOブラックSサイズの実寸を測りましたので、ご検討よろしくお願いいたします。

■サイズSの実寸

着丈61センチ

身幅106センチ

肩幅43センチ

袖丈67センチ


*外寸で測ったものです。
ダウンの場合、厚みがありますので、
もう少しタイトな着心地になります。

特に身幅、肩幅はマイナス5センチ以上タイトにみて下さい。
着丈、袖丈はあまり気にしなくてOKです。

*身幅は、脇の下から2センチ下で計測しています。
*ダウンなので、シャツなどのようにきちっとサイズが合わなくてはだめ、という感じではないので、ほとんどの方が着られるサイズだと思います。

▼VITORIO
http://www.tiurf.com/modules/shop/index.php?main_page=product_tiurf_info&cPath=173_176&products_id=1222


カートがついていませんが、
通常通り通販しております。

通販をご希望の場合、メールかお電話でご注文下さい。
よろしくお願いいたします。


Q3:ドリス09春夏

週末にCDが届きました。ありがとうございます。


来季ドリスいいですね。早速ですが、添付の写真の商品について、入荷する場合、価格が幾らになるのか教えて頂けると幸いです。


スーツはとりあえず、3人のモデルの写真を添付しましたが、どんなタイプが入荷するか知りたいです。また、バックの入荷もあれば教えて下さい。


宜しくお願いします。

dvn09s_showroom036.jpg

dvn09s_showroom153.jpg

dvn09s_showroom156.jpg

dvn09s_showroom350.jpgdvn09s_showroom098.jpg


dvn09s_showroom140.jpg

A:

いつもご利用ありがとうございます。

お返事が大変遅くなりましたが、
ドリスの来季春夏についてお答えいたします。

ドリス、いいですよね!


価格に関しては、レート変動が激しいので、だいたいの予想価格となっております。

価格の表示は、(発注時の最高価格→今日現在の予想価格)

となっています。
だいたいこの間( 発注時→予想価格 )の間で決まります。


この予想価格は、今日現在のレートで算出しています。
本予約の場合、この予想価格でのご予約となります。

本予約の場合、
この価格を下回る場合には差額をご返金いたします。
ご予約時の価格を上回る場合には、差額はいただきません。


---

dvn09s_showroom036.jpg


ひらめきまずはスーツの値段から。

写真は、

左 無地ネイビーのKENT
真ん中 ネイビーのピンストライプのKILBY、定番フィッテドシルエット

右 ブラックのピンストライプのKAHLO、新型スリムシルエット


この写真は、ちょうどパリのショールームで
ドリスのスタッフが外国のバイヤーに対して
《スーツのシルエットの違い》についてレクチャーをしていたところを、パシャッと撮らせてもらいました。

左が、10年くらい昔から作っているベーシックな「クラシックフィット」(かなり太め)
真ん中が、ここ数年人気のある「フィッテドシルエット」(定番)
右が、今季から作る、フィッテドよりさらに細身の「スリムシルエット」です。


写真では、左の物がゆったりしたシルエットですが、
実際には当店には、右のスリムのシルエットで入荷します。


ひらめきドリスヴァンノッテンのスーツの
価格と入荷サイズ、素材について。


dvn09s_showroom038.jpg
KENT 5011 Navy(48) 173000円→本日のレートで140000円

新型スリムシルエット、背抜きの春夏向けスーツ
素材は無地のネイビー。ウール34%レーヨン55%


dvn09s_showroom040.jpg
KILBY 5108 Navy(46,48)155000→本日のレートで125000円。
シルエットは定番。コットンシルクのネイビー、フィッテド
素材はネイビーのピンストライプ。コットン66%シルク34%。


dvn09s_showroom042.jpg
KAHLO 5108 Black (44,46) 151000円→本日のレートで122000円
新型スリムシルエット、2ボタンストライプ
素材は黒のピンストライプ。コットン66シルク34%




★153のシャツ
dvn09s_showroom153.jpgdvn09s_showroom154.jpg

ドリスヴァンノッテンのタイプリントシャツその1

品番:CORTEZ 5117 コットン70%シルク30%


カラー、ブラウンとグレーの2色展開で、写真はグレーです。
グレーはちょっとわかりにくいですが、ブラウンもグレーも裾が無地になっています。
価格は48000→今のレートで39000円です。
サイズは、46,48展開です。

ちなみに、CORTEZ 5117のブラウン色違いはこちら。
こっちの方が、柄がわかりやすいです。

dvn09s_showroom149.jpgdvn09s_showroom150.jpg
dvn09s_showroom152.jpg



★156のシャツ

dvn09s_showroom157.jpg

CONNOR 5511 白地にチェックのシャツ

定番フィッテドシルエット
cotton 100%
シャツにしてはしっかり腰のある素材です。

カラーは写真の色のみ。

価格は、34000円→今のレートで28000円です。
これは個人的にもオススメシャツです。

dvn09s_showroom179.jpg
dvn09s_showroom206.jpg

素材はこんな感じ。



★350ニットベスト

残念ながら未入荷です。同プリントでTシャツが入荷予定があります。


★98のシャツ

この素材では、エリが丸いタイプのシャツ( CARDIN)で入荷予定です。



★140のシャツ

dvn09s_showroom140.jpg

ダイヤ柄をつなげたようなハンド絵のプリントです。
46サイズで1点入荷予定があります。

品番:CLINT 5324 ネイビー。
価格 48000円→37000円


色違いの、グリーンの柄(ボトル色)は、丸襟でエリが白のタイプで入荷予定です。
dvn09s_showroom145.jpgdvn09s_showroom139.jpg




以上簡単ではございますが、
入荷予定金額などをお知らせいたしました。

また気になる物やご予約をご希望の商品がございましたら、

お気軽にご相談ください。

よろしくお願いいたします。

TIURF




▼お問い合わせ先▼

TIURF(チューフ)

携帯027-384-3713

手紙info@tiurf.com

〒370-0053群馬県高崎市通町18番地2F奥

行列高崎駅西口徒歩7分。

TIURF公式サイト↓(通販)

posted by 番頭日記タカアキ at 21:39| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

2008-09秋冬ドリス ウェブにアップ


ドリスヴァンノッテンの通販が、ようやく開始となりました。

入荷して、通販可能のものは品番をすべて掲載いたしました。

また、写真については、約3割ほどがアップ完了いたしました。


ドリスは、メーカーからの要望で、カート付きのウェブ通販が禁止となってしまったのですが、

当店では、カートを削除して、お問い合わせマークがついております。


今季ドリスは、けっこう良いので、ぜひチェックしてみて下さいね!わーい(嬉しい顔)

DRIES VAN NOTEN 2008-09AW
ドリスヴァンノッテン 秋冬ラインナップ
posted by 番頭日記タカアキ at 12:24| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

ドリスヴァンノッテン2009春夏、エリが丸くて小さいシャツ CARDIN について 080813

DRIES VAN NOTEN 2009 SPRING-SUMMER
SHIRT [CARDIN]&[CARDIN -BIS]について
2627515728_277d451d8f_o.jpg


お客様からのたまっていたご質問メールを、今日はまとめて書いています。

随時メールでお答えしておりますが、まれに以前のメールは、返信を忘れてしまっているものもあります。その際には、お手数ですが再度ご質問ください。

「2009春夏ドリスのオススメシャツ [CARDIN]シリーズ」

Q
UESTION:

「DRIES VAN NOTEN CARDIN、衿が丸く小さなシャツについて」

質問:
下記に添付した写真について
インナーはドット柄のポロシャツですか??
色はこちらのみでしょうか??詳しく教えて頂ければ幸いです。

09sdvncat_002.jpg
DRIES VAN NOTEN 2009SS PARIS SHOW
1ST MODEL

ANSWER
「DRIES VAN NOTEN CARDIN、衿が丸く小さなシャツについて」

ドリスヴァンノッテン09ssシャツについてのお問い合わせありがとうございます。
ずいぶん以前に頂いたお問い合わせにについて、
たいへん遅くなりましたが、ご質問にお答えいたします。


お問い合わせの商品は、
ポロシャツではなく、シャツです。


長袖のシャツで、
エリが小さくやや丸いのが特徴です。


品番は、CARDINという名前の品番のシャツで、

エリの形がこの形のもので半袖はなく、長袖のみがございます。


このファーストルックのタイプは、

今季ドリスのキーになるシャツ素材で、
クラッシックな白地にブルーのストライプ素材です。

09春夏のテーマは、「クラシック」。
ドリス本人が、何かの媒体からのインタビューに答えておりましたが、
「クラシックといって思いつくのは、はやり「ブルーのストライプシャツ」だろう。」
とか。


ヨーロッパ人とちがって、われわれにとっては、
無地シャツでもカラーシャツでもストライプでもチェックでも、
あまりそれ自体に【意味】を持たせることはないと思うのですが、
彼らにとっては、ブルーのストライプシャツ=クラシック というイメージなんでしょうね。


ちなみにこのファーストルックのシャツは、

品番 CARDIN 5295 blue

当店では46、48で入荷予定です。
価格は39000前後になる見込みです。

*5295はブルーストライプ素材です。


この CARDIN という形では、


お問い合わせのあったブルーストライプ素材の他にも、
5385 sky cotton100% CARDIN
5509 navy cotton100% CARDIN
5509 purple cotton100% CARDIN

という素材でも入荷いたします。


[CARDINのバリエーション]
DRIES VAN NOTEN CARDIN SHIRT 2009SSDRIESVANNOTEN2009SS SHOWROOM
IMG_9013.JPGIMG_9016.JPG
*左上/CADIN 5385 sky cotton100%
*左下/CARDIN 5509 navy cotton100%
*右下/この素材は、別の形のシャツ(CLINT 5324 navy cotton100%)で入荷します。

*シャツ、CLINT 5324 navy
09sdvncat_088.jpg


5509の素材は、小さなドット柄素材で、ネイビーとパープルがあります。
↓こんな感じです。

IMG_9144.JPG


ショーではこんな感じでコーディネート。↓
09sdvncat_102.jpg09sdvncat_104.jpg

さて、
最初に戻って、
ファーストルックに使われているシャツは、
この小さな丸エリがかわいいCARDINという形で、素材はブルーのストライプです。

ショーの写真では、無地の水色っぽく見えてますが、
実際には下の写真と同じ素材で、白地にブルーのストライプ素材が、5295素材です。


IMG_9010.JPG
[5295素材=ブルーのストライプを発注中]


また、このCARDINというシャツのモデルは、エリが異素材になった
CARDIN-BISというモデルも存在します。

CARDIN-BISでは、 bottleというグリーンの柄素材で入荷予定がございます。



IMG_9078.JPG


ちなみに、09ssは、ドリスはなんと靴も入荷します。
ファーストルックで使われている、
シューズが黒でキャメル色のベルトがついたシューズも入荷します。
楽しみに!!

IMG_9295.JPG
IMG_9296.JPGIMG_9298.JPG
IMG_9430.JPG


ドリスヴァンノッテンのシューズは、当店でも発注は数年ぶり!
今季はカッコいいですよね〜〜!
ショーでも使ってましたが、
履いてみて履き心地もよく、ギリギリビジネスでもいけそうな(?)
しっかりした革質と色目。すばらしいです。

靴は、
黒ボディにキャメルのベルトのタイプ と
キャメルボディに焦げ茶のベルトのタイプが入荷予定です。


その他何かご不明な点がございましたら、
どんどんご質問くださいね。

2009 spring-summer
DREIS VAN NOTEN は、2009年2月上旬頃入荷予定です。



TIURF

2626688553_afdc50cc71_o.jpg
2626691249_b119bf32e5_o.jpg
2627513220_e50c4088f6_b.jpg
photo by marcokalmann

posted by 番頭日記タカアキ at 20:40| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

6/26 ドリスヴァンノッテン 2009春夏パリコレ インプレッション

IMG_8392.JPG

DRIES VAN NOTEN MEN


2009S SPRING-SUMMER AT PARIS


NEWドリスヴァンノッテンのパリコレSHOW 6/28 20H スタート。
19時からのベロニクのショー映画を見た後、パリファッション協会が用意してくれたシャトルバスに乗り込んで、会場到着。

今回のドリスヴァンノッテンのパリコレクションの場所は、パリの左下の方の15区。公園というか、駐車場のような会場で、
屋根付きの駐車場(床は石畳)にアンティークな白のクルマをずらっと用意して、
停めたクルマでジグザグなシケインのようなランウェーをつくってモデルを歩かせる意図のようだ。

IMG_8375.JPGIMG_8376.JPGIMG_8377.JPG
IMG_8379.JPGIMG_8381.JPGIMG_8390.JPG
[会場風景]

クルマは、シトロエンの白など。やっぱ、パリと言えばシトロエンかなー。
ハッチバックタイプの後を開けると、飲み物やサンドイッチが冷やしてある。
今日は暑い日で、夜遅いショーなので、ちょっとした心配りがありがたい。
飲み物を飲みつつ、ショーが始まるのをまつ。

IMG_8393.JPGIMG_8394.JPG


IMG_8396.JPGIMG_8397.JPG

IMG_8400.JPGIMG_8398.JPG

IMG_8401.JPGIMG_8404.JPG


今回は、かなり長いランウェイだ。ぴかぴか(新しい)

後で聞いたことだが、「どうして今回こういう会場だったのですか?」とスタッフの方に尋ねたところ、
「できるだけ街の中で自然に歩いている風に演出したかったから」だそうだ。なるほど。

会場では、私がお手本にしたいような着こなしの男性が多い。
スソをロールアップして、シューズやスニーカーを「魅せて」るボトムの人がおおいかな。
夏だしね。涼しげに。


ランウェイがジグザグのため、遠くの方で、カメラマンの陣があって、ちょうどカメラの正面視野に私が入ってしまうポジションで、
まー、遠いからたぶん大丈夫だと思うけど、まずい、と思って、。場所を変えようとかと思った瞬間、ショーが始まってしまった。


インビテーション(招待状)は、今回は
ネイビー」の生地見本を貼付けたようなものだった。たぶん、ネイビーのスーツが来るのかなーとか予想してみた。

IMG_8405.JPG
IMG_8407.JPG

前半からネイビーのスーツ。

ファーストルックは、ネイビーのセットアップスーツで始まった。プレーンだが、着丈やズボンのスソ丈が絶妙だ。
先ほどみたベロニクより、もっと軽快な印象だ。

IMG_8408.JPGIMG_8409.JPG

それから、さまざまな水玉模様のバリエーションを魅せてくれている。
写真では柄がほとんど見えないので、あとでまとめてご紹介します。
ネイビーに赤の水玉や、水玉模様のような◎2重丸柄だったり、
水玉のような唐草模様だったり。

IMG_8410.JPGIMG_8411.JPG

IMG_8412.JPGIMG_8414.JPGIMG_8415.JPG
IMG_8417.JPGIMG_8418.JPGIMG_8420.JPG

ネイビーを基調に、白シャツや水玉模様を随所に散らしてみせて、さっぱりしていて、見ていて清々しく気持ちがいい。

IMG_8422.JPGIMG_8423.JPGIMG_8425.JPG
IMG_8426.JPGIMG_8427.JPGIMG_8428.JPG
IMG_8430.JPGIMG_8436.JPGIMG_8437.JPG
IMG_8438.JPGIMG_8439.JPGIMG_8449.JPG
IMG_8450.JPGIMG_8451.JPGIMG_8452.JPG
[様々な柄のバリエーション]

IMG_8453.JPGIMG_8455.JPGIMG_8458.JPG
[この辺で、透け感素材も]

IMG_8466.JPGIMG_8470.JPG


MVI_8472.jpg
[フィナーレ]


実はこのショーのオープニング曲は、
以前ガリアーノがフィナーレで使ったことのある曲だったので、
既出でアレっとおもったが、
見ているうちに、服の方がすばらしく、曲なんて忘れてしまうほど今回のドリスはすばらしかった。
やはり、ドリスは、見ていてウキウキできた。
なかなか、よし。


今回のドリスヴァンノッテン2009ssの特徴は、
基本的には、黒じゃなくてネイビー。
ネイビーを多用しながら、様々なドット柄のバリエーションをクラシカルに魅せている。


帰り道、たまたまとあるバイヤーさんらが話しているのが耳に入った。
この方は、私がパリでもっともオシャレな日本人バイヤーの一人だなーと日頃から思ってる方で、
いつもホントに気になってる人なのだけど、
たまたまこの方の声が「天啓」のように聞こえて(笑)、

これが今季のキーワードだと思うので、みなさんにもお知らせしておこう。
いわく、

「(今回のドリスはいいね。)あとはこれを、いかにカジュアルに落とし込むかだね」


【カジュアルに落とし込む】


つまり、ショーのままクラシカルにいくのもいいけど、
これをいかに日常で着ることができる服として、お店で提案できるか。
カジュアルな着こなしを提案できるか。

そっか、カジュアルか。

カジュアル、、、カジュアル、、、。。
そーいえば、今年は、カジュアルな服が着たいのかもしれん。
アメカジが流行りそうなのも、そういう理由かもなと。
そっか、次はカジュアルか。

(つまり、「アメカジ」というのは表層的なトレンドであって、
実際の気分としては、カジュアルな日常着で、日常をリラックスして平和にオシャレにオーガニックに過ごしたい、
こんな気分が「いま」だと思うのだけど、
いろんなパリコレブランドを「カジュアル」かどうかという切り口でみると、なるほど、そこを強く意識することで、
なにか新しいものが見えてくるかもしれない。
かといって、ただカジュアルにすると、全身ユニクロやH&Mでもいいか、ってことになるし、
いかにチープシックが上手なパリでもそんな着こなしをする人はまずいない。

カジュアルブランドなんて、それこそ星の数ほどある。というか、カジュアルじゃないブランドなんてないじゃないか。

と思うかもしれない。
じゃ、2009年の着こなしは何か、ということなんだけど、
上質な物を着て、ただそれを身につけるだけじゃなくそれをカジュアルに「着崩す」。この感覚。
「気軽に」という意味のデイリーさではなく、あくまで「上質」の先にある。着こなしのレベルがひとつ上がったんだと。
この辺は、ちょっと簡単に説明できなそうなので、またことあるごとに触れていきたいと思う。)



ショーの後、展示会があるので、
入荷の服については、また後日ご紹介します。

カテゴリで「ドリスヴァンノッテン」を選ぶと、
ドリスの記事だけを抜き出して読むことができます。

まだまだ出張は続く。。。お楽しみに。

(text by 番頭タカアキ)
posted by 番頭日記タカアキ at 11:14| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

6/30 しこしこと、2009春夏ドリスを発注中@パリ


IMG_9250.JPGIMG_8984.JPG

IMG_9105.JPGIMG_9104.JPG

IMG_9314.JPGIMG_9308.JPG

なやましいアイテムが多いドリス。うーむ。
黒のポロもいいし、
今回は、前回あったフォトコピープリントものが、今度はTシャツで出てるんですよ。
古いヴィンテージのニットをそのままTシャツにフォトコピープリントしたような感じで、
これがやばくて、色が4種類もあってどれもいい。さらに型も丸とVがあって、さらにそのニット素材やシルクコットン、コットンメリノなどがあり、5、6種類あって、どれにしようか悩んでます。
いま、Tシャツとニットが終わって、これからシャツ、ジャケット、スーツ、パンツ、、と行きますがその前に休憩中。ショーでは柄物のシャツをばんばん使ってましたからね。
ちなみに、上(↑)のTシャツとかは、ショーでは未使用のようです。
品番は、それぞれ
上2つ[HAGAR PRINTED 3][JAMES PRINTED]
中2つ[JAAP PRINTED]
下2つ[HAGAR PRINTED 4][HAIDER PRINTED 2]です。

今回は、デジカメの設定を「オート」じゃなくてマニュアルモードカメラで撮っているので、色がいつもより上手に写ってて感激。
キレイじゃー。キスマークぴかぴか(新しい)
このあと2時間で、クリスの展示会に行かなくてはならないので、時間的にもゆっくりできないので、焦る!

ではでは。
posted by 番頭日記タカアキ at 20:04| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

ドリスヴァンノッテン秋冬2008-09aw入荷商品全コレクションピースご紹介!part.1 


IMPRESSIONS DRIES VAN NOTEN 2008-09aw

IMG_5031.JPG

2008年1/17(木)19:00スタートのパリコレインビテーション。

ショーのレポート(1)
ショーのレポート(2)
ショーのレポート(3)

だいぶ日にちが経ってしまいましたが、ドリスのショーの印象と見所のポイントを書きたいと思う。
(ガリアーノとクリスのインプレッションを早く書いて!とお思いでしょうが、もうちょっとお待ちください!
ドリスの方が書きやすいんで、先に書きます。クリスは、型数がハンパなく多いので、入荷品番だけでもかなりの数になるんですよ。。)

ショーのインビテーションカードは、ガムテープのようなものを貼った上にプリントがしてある、というシンプルな物。
ドリスにとっては、インビテもコレクションを表現する大事な一部なので、ここから何か感じなくては。
赤、ベージュ、キャメルって色使いのテープを見て、たぶん赤のカラーパレットなのかな、と想像する。

とゆわけで、ドリスのコレクションALL LOOKを公開。
(もういいっすよね。この時期なら)

全ピースについて、ショーを生で見たときの印象を思い出しながら、1モデルづつツッコミとコメントをつけたいと思う。
駆け足にご紹介する。

ショーが始まる。
LOOK1
DRIEScat_0809aw__002.jpgDRIEScat_0809aw__002.jpg

一発目のファーストルックは、ペンキのようなプリントのサテンのスラックスだった。
それをロールアップして、ブラックジャケット。
ふむ。



LOOK2
DRIEScat_0809aw__003.jpgDRIEScat_0809aw__004.jpg

そしてもう一度ペンキスラックス。
中のボーダーはクリーム色とネイビーのボーダーなのだけど、「クリーム色と黒」って合わせ方はすごくキレイ。
ファーが使われている。07awだっけ、取り外し可能のファーをやったシーズンがあったけど、それと似ているバランスだ。

Look3&4
DRIEScat_0809aw__005.jpgDRIEScat_0809aw__007.jpg
再び、クリーム色使い。中のシャツは、パンツと同じプリントのシャツ。
4は、かなり分厚い素材間のコート。ここで初めて、赤入りのストライプスラックスを使っている。
髪型がメッシュ。
ペンキスラックスと同じような配色なのかな。

Look5&6
DRIEScat_0809aw__009.jpgDRIEScat_0809aw__011.jpg
そしてまたファー。
そしてまたボーダー。


Look7&8
DRIEScat_0809aw__013.jpgDRIEScat_0809aw__015.jpg
ルック8のショートアウターはカッコ良かったです。
これは入荷します。
品番は、[VIDAL-BIS]の4287という素材です。
発注時、まだ正式に価格が出ていなくて、[Price Unclear]となっていて、
unclearってなんだよそれ、寿司かよ。っとビビりながらも、1点オーダーしてきました。
ちなみに価格は、今回ドリスで入荷する中で一番高いものとなりました。17万くらいです。

素材はやや厚のミリタリーブルゾンで、ファーがつきます。
あと、わかりにくいですが、中にヒップが長い白シャツを着ていて、
よく見るとヒップから何やらひらひらとしているのがわかると思います。

今回のドリスのショーは、モデルがターンしなかったので、
コレクション画像では後ろ姿がなく、このシャツはほとんどだれも触れられることがなさそうですが、

VIDAL-BISを発注した時点で、覚悟を決めてこのシャツもオーダーしました。
品番は[CLUSH]です。品番の名前もパンクでいいなー。
サイズは最小サイズの46で入荷です。
DRIEScat_0809aw__016.jpg

IMG_5141.JPG
[展示会でのフォトVIDAL-BIS_4287 s/black]


Look9&10
DRIEScat_0809aw__017.jpgDRIEScat_0809aw__020.jpg
そして再びペンキパンツ。

Look11&12
DRIEScat_0809aw__022.jpgDRIEScat_0809aw__026.jpg
11は、前回記事で番頭日記でも大プッシュしましたビックスカーフです。


Look13&14
DRIEScat_0809aw__028.jpgDRIEScat_0809aw__030.jpg
そして再びペンキスラックス&大判ストール。

ここまでくると、もうみなさんお分かりかと思いますが、

今季の秋冬ドリスのタイリングのキーはずばり「素材」です。

まー、原点に戻った、というか。
形やシルエットやボリュームやプロポーションとか、いろんなトレンドが確かにあるかもしれませんが、
ドリスは一途に「素材」で押しです。
いま、こうして記事を書きながらまとめていると、当たり前のようにはっきりしてますが、
発注しているときは、こういった傾向には気づきませんで、
もっと、「サイズ感」とか、「売れる形」とか、シルエットとか、
細いか、太いか、とか、そーいった既成の考えにとらわれていたのかもしれません。

ここまでで繰り返し使われているアイテムは、
さすがにキーアイテムだけあって素材も1ランクグレードの高いものを使用していて、価格もちょっとはるのですが、今にして思うと、高くてももうちょっとショールックを発注しておけば良かったかなと思います。
なんか、現地のショールームでの雰囲気が、「もっとコンサバに発注した方がいいんじゃない?」みたいなノリだったんですよね。

08春夏は、私的にはこういったコンサバ(保守的)な傾向を断ち切って、かなり大胆な発注にしたつもりなのですが、
意外と店内の売れ筋は、コンサバなものより、思い切って発注した方のものの方がすぐに完売したりしたので、やっぱ、ドリスに関しては、ドリスの提案に乗った方が良いのかもしれません。

あ、このペンキスラックスは、入荷しますよ!
思い切って発注したアイテムの一つです。

Look15&16
DRIEScat_0809aw__034.jpgDRIEScat_0809aw__035.jpg
右のスタイリングは、目の中に入れておいてください。
インナーに使っているグレーのものは、ビックネックのストール、、といえばストールなのですが、
これは実はアウター品番で、このモデルの素材違いでたくさん今回リリースされています。

個人的には、今季はコレが一番気に入ったのですが、みなさんはどうでしょうか?
アウターとしては価格抑えめで、なにより、アウターとしてもインナーとしても中途半端なところがいいなと。
クルマで移動する人には、コレくらいの厚みでけっこう冬までいけますし、寒くなったら、ショーのように中にシャツ来て、さらに上にジャケットやコートをレイヤードできます。
レイヤードしやすいように、スソにドローストリング(ヒモ)がついてるので、ウエスト位置をアジャストできます。
プルオーバーなので、スエットとかパーカーとかと同じようにデイリーに使い回しが効きそうな1枚かなと。

先ほど上では、「素材がキーだ」と書きましたが、形だったらこれがキーでしょうね。
ショールームでもよく着てましたし。
IMG_5048.JPGIMG_5050.JPG
IMG_5051.JPG:

このアイテムは、品番が[CURTIS]。
この写真のアイテムは、ウール素材のやや薄手のもので、
正式品番は[CURTIS_4416 col.ANTHRACITE]で、だいたい55000円くらい。
CURTISは、この他にも素材違いで全部4種類入荷し、一番インナーっぽく使えるのはコレ。
あとの3つは、ちょっとアウターっぽい暑い質感だったり、ウエストのドローストリングリボンが、赤になります。
DRIEScat_0809aw__065.jpgIMG_5138.JPGIMG_5197.JPGIMG_5135.JPG

ではでは、今回はこれまで。
続きもお楽しみに!

ドリスヴァンノッテン2008-09秋冬コレクション
all look ご紹介




posted by 番頭日記タカアキ at 05:43| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドリスヴァンノッテン秋冬2008-09aw入荷商品全モデル part.1

about DRIES VAN NOTEN

ドリスヴァンノッテンの秋冬2008-09awについて、
今日より時間の限り、アップしていきたいと思う。

さっそく、ショーの印象からざっと述べたいところだが、

そうは言っても、初めてドリスを知る人のために、
まずは簡単にプロフィールをご説明するとしよう。
ドリスをよく知っている人は、おさらいの意味で前半は軽く読んでね。

ドリスヴァンノッテンとは、ベルギー・アントワープ出身のパリコレ常連デザイナー。
ファッション、といえば、なんと言ってもパリコレが一番だけど、ここで安定して毎年評価を受けてるデザイナー。


about Belgian Designer

出身のベルギーという国、そしてアントワープという国は、わたしの個人的な印象では、世界遺産のある首都ブリュッセルからも近く、なおかつ海に面した港町で、ヨーロッパの貿易の要所。
日本で言うと「横浜」のような街かなと思う。古くから、ダイヤモンドや羊毛の貿易拠点だったそうで、いまではEUの本拠地があるそうな。
また、ドイツ、フランス、イギリス、ロシアという列強国に囲まれているので、なんども歴史的に戦地として踏み荒らされてきた歴史があって、
そのため、多言語、多民族国家で、フラマン語という現地の言葉の他に、フランス語と英語とドイツ語が通じる。
右見ても左見ても列強なので、周りの列強と競うことなく、うまく溶け込んでケンカしないでやっていく、、、という、そういう要領の良さも国民性なんだそうだ。
そういったところは、本場のファッション(パリ、ミラノ、ロンドン)の中で、どっぷりパリっぽくもなく、どっぷりミラノっぽくもなく、
やはり「ベルギーらしい」という、エトランジェ的なうまいポジションをとるデザイナーが多い。
例えばドリスをはじめ、多くのデザイナーは、コレクションを発表するのはパリだけど、デザイン事務所はいまだにベルギーにある、というケースも多いと聞く。
これは、パリにあえて住まないことで、パリから距離を保った客観的なデザインをすることができる、という狙いもある。
あるいは、たとえば「パリっぽい」デザインを作らせたらパリ出身のデザイナーにはかなわないし、
ミラノっぽいデザインをしようとしても、イタリア出身のデザイナーには工場の生産背景がかなわなかったりする。

この、ベルギー、アントワープという街から、多くのデザイナーを輩出しているわけだが、
理由はの一つには「リンダ・ロッパ」さんを求心力とした学校「アントワープ王立美術アカデミー」がある。
この学校は世界でも珍しい独特のカリキュラムがあり、多くのデザイナーがここのアカデミー出身である。
例えば、ドリスヴァンノッテン、ダークビッケンバーグ、ダークショーンベルガー、マルタンマルジェラらのアントワープシックスをはじめ、
ステファンシュナイダー、ヴェロニクブランキーノ、そして最近ではクリスヴァンアッシュらもアカデミー出身だ。

ドリスヴァンノッテンは、かれらアントワープ派と呼ばれるデザイナーの中で、最初にメジャー(パリコレ、ロンドンコレ、ミラノコレ、NYコレ)デビューした一人。
アントワープ派の中では最古参でベテランで、プレタポルテの世界では中堅からベテランの間くらいの位置づけだ。

ま、ここまでは皆さんもけっこうご存知だろうと思う。
ココから先は、詳しくはコチラをどうぞ。

ドリスヴァンノッテンについて日本一詳しくなる



最近のドリスの評価について


ではでは、
最近の人気はというと、実はここ数シーズンで世界的評価が急上昇している。

ドリスというと、
「アヴァンギャルドだけど、メジャーじゃない」

という評価が今までだった。
一昔前ならアルマーニやドルガバほどドメジャーでもないし、
かといってポールスミスやラルフローレンほどの安定ブランドでもないし、
まして、ディオールやジルサンダーやプラダのような目がブランドでもない。

そんなドリスが、昨シーズンから、だんだん評価が上がってきている。

まずそれを証明するのが、このリスト

IMG_555.JPG

これは、毎年、業界人が選ぶ人気投票なのだけど、
このメンズのプレタポルテの世界では、世界でついにトップ10に入った。
(2008ss現在)

ちなみに、ドリスは、ガリアーノと同じ7位。
ガリアーノ様と同じってのはすごい。

ちなみに、ドリスは前回20位以下でランク外からの一挙ジャンプアップ。
他にランク外からのランクインは、クリスヴァンアッシュとディースクとジョンガリアーノとマークジェイコブスとマックイーン、ジルサンダー。
ちょいランクダウンがマルジェラ、ゴルチェ、ラフで、ランクから消えてしまったのは、(わたしの記憶では)コムデギャルソン、バーバリーブローサム、デラクア、アルマーニ。


ドリスが08年度のCDFAのインターナショナル賞受賞

dries_cdfa08.jpg
あと、最近知ったのだけど、
NYのファッション協会(CFDA)が選ぶファッション賞で、アメリカ人以外のデザイナーに捧げる賞である、08年度の「インターナショナル賞」をドリスヴァンノッテンが受賞したそうな。

CDFAファッション賞のパーティの様子はコチラ。

(写真:素敵なおっさんぶりのドリスヴァンノッテン本人(右))

このパーティでは、いろんなデザイナーが参加してるので、とくに招待されている男性デザイナーがどんな格好をして参加しているのかチェックしてみると面白い。
リンク先では、写真が80枚くらいあるので、チェックしてみて。

ちなみに、わたしがチェックしたところ、ラルフやマークらは
「ダークジャケット(ストライプが多い)」+「ノーネクタイ」+「チーフまたはスカーフ(あるいはその両方)」+「綿パン」ってカッコが多いですな。
綿パンは、明るい色目のものが多かったので、すげー大人の着こなしだなーと思いました。
ドレスのカジュアルダウンのお手本のような着こなしです。

トムフォードだけは、ばっちりブラックフォーマル+おヒゲも整えてびしっとしてましたが(笑)。

ドリスの、アメリカでの人気や評判は、メンズのというよりレディスの方だと思うのだけど、
とくに今季秋冬のドリスのレディスは色柄のコーディネートスキルがキレまくっているので、しかるべき評価でしょうね。
あれを素敵に着こなすことができるアメリカ人セレブはいるんでしょうか。
間違っても、○ィクトリア○ッカムさんじゃないような気がします。


とゆわけで、
ドリスのご紹介&近況報告でした。

ドリスについて、もっとレアな情報知ってる人がいたら、タレ込みもよろしくお願いします。
番頭日記でご紹介いたします!


 
TIURF ホリゴメ
http://tiurf.com
027-384-3713
info@tiurf.com
posted by 番頭日記タカアキ at 01:50| パリ ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

[DRIES VAN NOTEN 0809aw]ドリスヴァンノッテン yoububeで見つけた2008−09秋冬コレクション

DREIS VAN NOTEN 2008-09AW FTV


Dries Van Noten Men Fall Winter 2008 High Quality





バックステージ:ドリスヴァンノッテンモデルスナップ、2008-09awパリコレ


バックステージ:ショーリハーサル風景[dries van noten 2008-09aw paris]




ドリスヴァンノッテン0809aw part1



ドリスヴァンノッテン0809aw part2







こちらの、part1,part2は、どなたか素人の方が撮られた現地ムービーです。
やはりプロが撮った物に比べると、ズームのときにピンぼけしたりしてますが、無修正の撮りっぱなしなので、現地の雰囲気はわかると思います。





慌ただしさ、


暗さ、


3重奏の音楽、


フィナーレのとき、





この辺の雰囲気をつかめます。服そのものは、上の別の動画の方がわかりやすいです。
posted by 番頭日記タカアキ at 00:08| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

ドリスヴァンノッテンの関連動画(2008春夏です。)

ドリスヴァンノッテンのショーの動画が、けっこうyoutube上に落ちてたので、とりあえずピックして載せておきます。

今回は、ちょっと今更感もありますが、2008春夏の動画です。
(次の記事で、秋冬載せます)

携帯からはご覧いただけませんが、ぜひパソコンで見てみてくださいね。


Dries van Noten SS08 Backstage (Paris)
*ドリスが笑顔でインタビューに答えてます。意外でした(笑)かってに笑わない人かと思ってたので。


ドリスインタビュー
「たくさんの色を使ってます。女性的な素材を使って、スポーツのディテールを取り入れています。
女性的な素材を使って、とても男性的なシルエットになるようにしました。
たとえばスポーツパンツ、フェンシングやボクシングのパンツのようなものです。
ナイロンやポリエステルやプラスティックといった(いままでドリスが使ってこなかった)テクニカルな素材と、伝統的な素材をミックスして、新しいプロポーションを試みました。
オレンジとかイエローとか。
様々なものをミックスしたり、仕掛けを含んでます。
でも、最終的には、男にとって着れる服(wearable for men)にしました。」

Dries van Noten Homme Spring Summer 2008


もうひとつおまけ。[dries 08s]
posted by 番頭日記タカアキ at 23:29| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドリスヴァンノッテン2008-09秋冬パリコレムービー動画

DRIES VAN NOTEN

2008-09AW PARIS COLLECTION

YOUTUBE MOVIE








ドリスヴァンノッテンの2008−09秋冬コレクションパリコレの風景です。

曲が、ピアノと弦楽器の三重奏がとても印象的ですよね。
若いミュージシャンが生演奏しているものを、Macに直結してその場でプログラミングしている音楽なのですが、
このミュージシャンはだれなんでしょうね?ご存知のかたいるかしら?

ノスタルジック一辺倒ではない、
かといってオーガニックで、
それでいて新しい。

曲もファッションもよく合っているグットコレクションでした。

髪型で、鮮やかなメッシュを入れたカラーも印象的ですし、
履いているカラフルな靴、青と黒のチェック素材の比翼コート、
みんなきれいでした。

DRIEScat_0809aw__046.jpgDRIEScat_0809aw__107.jpgDRIEScat_0809aw__092.jpg
DRIEScat_0809aw__001.jpgDRIEScat_0809aw__004.jpgDRIEScat_0809aw__016.jpg

IMG_4613.JPGIMG_4623.JPGIMG_4636.JPG

IMG_4662.JPG

ドリスヴァンノッテンの他の記事を見るには、ここからどうぞ。
DRIES_TOP.pngパソコンからはコチラ(ドリス記事一覧)。

携帯からはコチラ(ドリス記事一覧)



posted by 番頭日記タカアキ at 23:06| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

5/4ドリスヴァンノッテン2008−09秋冬パリコレクションレポート /ターコイズブルーシルクストールについて/来季2008-09秋冬新作

DRIES0809AWMODEL.jpg

DRIES VAN NOTEN 2008-09AW COLLECTION REPORT VOL.1

ドリスヴァンノッテン秋冬2008年について


こんばんは、チューフ(TIURF)の番頭takaakiです。

最近、雑誌メンズノンノで小栗旬さんがドリスのストールを巻いて表紙で使われていたためか、
ドリスヴァンノッテンの2008春夏ストール(アラファト、ターコイズブルー)について、
毎日のようにメールやお電話でお問い合わせが届きます。

アクセス解析見ても、雑誌発売時は、クリスやガリアーノをしのいで圧倒的な検索ワード1位でした。

質問は、だいたいこのようなご相談です。↓


質問

ドリス08sアラファトシルクスカーフターコイズブルーは再入荷しますか?
大きさは何センチですか?写真はありませんか?


「ドリス08sアラファトシルクスカーフターコイズブルー/FACTOR-_

についてなのですが再入荷の予定はないのでしょうか?」


ちなみに、問題となっているストールはこんな感じ。(左モデルが巻いてるもの)
2008driesvannoten_moteco694.jpg
春夏立ち上げの時に、当店が地元のクーポン雑誌MOTECOに広告掲載した際の原稿でした。

ちなみに、中に着ているフォトコピープリントのシャツは、春夏CAMPINOという品番のシャツ。
右はクリスの春夏ファーストルックのジャケットです。


■ドリスヴァンノッテン、春夏ストール「アラファト」ターコイズブルーについて(完売)

高崎のセレクトショップTIURFの番頭takaakiです。

この度は、ドリスヴァンノッテンのストールについてのご質問まことにありがとうございます。

こちらの商品については、
大変申し訳ないのですが、すでに全世界で完売となっております。

といいますのも、

まずストールのターコイズブルーについてですが、

日本国内に4枚しか入荷にならなかったそうです。

うち、2枚が当店に入荷し、ほぼ即日完売、1枚が雑誌掲載分です。


このストールは、他にも欲しいという方がたくさんいらっしゃいまして、

以前にも、パリ、ミラノの直営店や百貨店でも、メーカー経由で商品を探してみたのですが、

どこも完売とのことでした。


また、入荷は1月でしたので、もうこの時期ですと、100%無理だと思われます。

なお、ドリスヴァンノッテンにつきましては、

すべて受注生産となっておりますので、

追加生産、追加入荷はいっさい無く、また再販する可能性もありません。

*すべてがそのシーズンの限定生産

*受注生産=各店のオーダーがあった分しか生産しない
*オーダー後、6ヶ月以上かかって一点一点手作りし、納品される
*パリのショールームに行かないとオーダーできません。



このような状況ですので、この商品については、

昨年7月にオーダーしたものが、ようやく1月に入荷になり、売れてしまった物です。


大変残念ですが、あきらめていただく他ありません。

なお、来季秋冬では新型のストールやマフラーが入荷します。こちらはまだご予約が可能です。

入荷時期は、7月中旬〜9月末頃です。


ご検討よろしくお願いいたします。


TIURF(チューフ)
ホリゴメ



というわけで、

春夏ストールはあきらめしかなさそうですが、
(まー、知ってか知らぬでか、そんな希少なアイテムを表紙に使ってしまう、スタイリストさんに脱帽です。
「売り」に走ってないのかな?)

でも、秋冬にはまだまだ間に合います!

ちょっと気が早いですが、ドリスヴァンノッテンの来季新型シルクストールを、先行ご紹介!

DRIEScat_0809aw__025.jpg

DRIEScat_0809aw__024.jpgDRIEScat_0809aw__023.jpg
ビッグシルクストール。
品番は FERDINAND。100%シルクです。

このストールは、どこまででかいんだーってくらい大判です。
ショーでは、ご覧の通りの複雑な巻き方をしてます。
買った後も、いろいろと楽しめそうです。

IMG_5252.JPGIMG_5253.JPG
DRIES VAN NOTEN 2008-09AW FERDINAND_CAMEL

シルクなんで、フラッシュでもめっちゃ光ります。
同じ物ですが、まるで違って見えます。

DRIEScat_0809aw__097.jpg

DRIEScat_0809aw__081.jpgDRIEScat_0809aw__096.jpg

IMG_5169.JPGIMG_5170.JPG
ストールとマントは同素材であります。色展開はご覧の通り。
何色が入荷するかというと、、、、、?揺れるハートexclamation&question

IMG_5173.JPG IMG_5174.JPG

IMG_5176.JPG IMG_5177.JPG
DRIES VAN NOTEN 2008-09AW NEWSLET_RED(08年7月中旬〜9月末頃入荷予定)

写真のストールマフラーは、「NEWSLET」という品番。カラーはレッド(red)。
長方形の編みニットストールマフラーで、赤が効いているのがレッド。
NEWSLETマフラーのカラーは他に、ナチュラル(natural)、バーガンディー(burgundy)、ネイビー(navy)の4色。
つーか全色入荷します。手(チョキ)わーい(嬉しい顔)
こーいうテイストのもの、うちのバイヤーが好きなんですよね。必ず仕入れてきます。
昔からドリスを知ってくる人はご存知だと思うのですが、こういうテイストのアイテムは、5年に一度くらいしか発売されないので、けっこう要チェックです。

IMG_5230.JPG IMG_5229.JPG 
IMG_5232.JPG IMG_5224.JPG 
DRIES VAN NOTEN 2008-09AW [NEWT_CAMEL/NAVY/BROWN]

[NELSON_RED]

ニュートは、左から、キャメル、ネイビー、下いって左がブラウン です。
このニュート[NEWT]という品番のニットは、ベスト?のようでもあり、ストール?のようでもあり、
基本的に秋口からがんがん使えそうなので、お手持ちの春夏に買ったシャツなどと合わせても良いと思います。

同素材で、ショー使用のドロップショルダーのボーダータートルニットは、
NELSON(ネルソン)という品番で、写真の赤が入荷します。

色の見分け方としては、
ネルソンやニュースレットは、挿し色になる色(目立つ色)が色品番になり、
ニュートに関しては、背中の部分の、一番面積が大きい部分の色が、色品番になるようです。

DRIEScat_0809aw__076.jpgDRIEScat_0809aw__077.jpg
ドリスヴァンノッテン NEWT_RED
2008-09AW DRIES VAN NOTEN @PARIS COLLECTION




入荷時期、価格、ご予約についてなど、お問い合わせはショップまでお気軽にどうぞ。

ではでは。

TIURF(チューフ)
info@tiurf.com
027-384-3713





posted by 番頭日記タカアキ at 14:14| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

1/17 DRIESVANNOTEN 2008-09AW PARIS SHOW REPORT FROM TIURF

DRIES VAN NOTEN 2008-09AW PARIS COLLECTION PHOTO REPORT BY TIURF
IMG_4662.JPG

番頭タカアキ@パリです。

あのね、昨夜ドリスのショーに行って来たよ。

ドリスは、たいていいつも同じ会場を使うのだけど、
今回は数年ぶりに違う会場を使っているから、
なんか新しい物への意気込みを感じるよ。

会場は、パリソルボンヌ大学の一角。
俺のホテルから通り一本となりのほんとに真裏なんだ。
窓から会場建物が見えるくらい近い。

IMG_4604.JPGIMG_4603.JPGIMG_4606.JPG
▲会場周辺

IMG_4607.JPGIMG_4611.JPG

IMG_4608.JPGIMG_4609.JPGIMG_4610.JPG


会場に入るととたんに緊張感してくる。

IMG_4613.JPGIMG_4622.JPG

中にはいると

入口近くに、
グランドピアノと弦楽器と譜面とイスが用意してあり、それをMacにつないであった。
どうやら生演奏らしい。

IMG_4617.JPGIMG_4618.JPG
IMG_4616.JPGIMG_4619.JPG

席は、一番奥のバイヤーシートだった。

今回は、開場が狭いんじゃないかなーと心配してたけど、
(いままでのはすごく大きな会場だった)

シートを2列に分けてあり、
片方がバイヤー、片方がプレスやスタイリストシートとなっていた。

大御所スタイリストさん二人や、業界新聞記者、大手セレクトショップバイヤーさんらが勢揃いしていて、
会場も混み始めてくるとだんだんと熱気が高まってくる。

IMG_4628.JPGIMG_4626.JPGIMG_4629.JPG


前回の記事

にもちょっと書いたとおり、
いま日本のブランドやストリートの雰囲気にパリが汚染されている。
せっかくパリに来たのだから
もうちょっと東京にはないエレガントできれいなものが見たいなとか、

日本の景気が元気が無い今、元気な中国向けにコレクションをdirectするのか、
ショーの方向性はどこに向かうのか、

そのへんを気にしてみようと思った。

予定より40分遅れて、
白いパーカーを着た若い男の子がピアノについた。

始まった。


IMG_4636.JPGIMG_4635.JPGIMG_4637.JPGIMG_4643.JPG
▲まったく写ってません。すまんす。

白いワニ皮のハイカットシューズはビブラムっぽいソール。
ボーダーのカーディガン
レイヤードで白シャツを後ろにはみ出して着る着こなし

素材なんだろ?カラフル
bigネックのグレーのタートルネック
脱着できそうなファー(07awみたいだ)
股上の浅い太いパンツ
パジャマみたいなシルエットと赤系チェック柄のジャケットやシャツ
シルクは08春夏の延長でフォトコピープリントかな?
色は、きつめの配色、コントラスト強め(紫とダークグリーン)
赤いテープのようなベルトの着いたグレーのワイドパンツと、同シリーズのプルオーバーJK(←ベストアイテム)

赤いベルト付きアウター
赤いベルトに、3,4タック入った太いグレーパンツ。
サイドにラインの入ったパンツが何度も何度も出てくる。(違うバリエーション)
髪型は、ぺったり頭についた七三に青やイエローのカラーメッシュを入れたヘアスタイル。


うむ。なかなかかっこいい。

てか、欲しいのがけっこうあるぞ!


靴いくらだろ?
カラフルな太いボーダーのニットと同シリーズのマフラー、
ワイドのパンツ、

アウターはフランネル塩縮ウールが多かったけど、
この辺少なめにして、あとはニットに期待。

パジャマ風ジャケットとシャツ、これシルクだろーなーたぶん。

なかなかよろしい。
というのが今回の実感。

これはドリスにしてはけっこう良い評価なんだよね。自分的には。
実はいつもドリスは、ここだけのはなし、ショー見てがっかりすることが多かったから。
(なんか期待してるものと違ったりして。)
今回は、色の配色がどぎついなと感じたけど、(たとえば赤紫のJKとか)

そこが新しさだし、いいみたいよ。今回。

ショーが終わって
部屋に帰ってきて、

NYtimesでファッションブログ書いてるキャシーさんのブログ

をチェックしたら、
数日ぶりに更新されてて、ヴィトンと並んでなんとドリスが絶賛されてた。

DRIES0117.jpg

きゃしーさんいわく

今夜のドリスヴァンノッテンは「terrific」(めちゃめちゃ素晴らしい)。

たくさんの色、ボトルグリーンダークパープルのバリエーション
新鮮で、全体的なルーズシルエット
クラッシックなネイビーのジャケットと柔らかいグレーのフランネル素材をカジュアルにドレスダウン

パジャマ風の格子柄のシルクを随所に使いながら、ルックスは大学生風のものにした
ランウェイのストライプは、茶色のガムテープをヘリンボーンに貼って、スタイリッシュな提案している

IMG_4631.JPG
▲ガムテープでヘリンボーンに貼ったランウェイ

とのこと。

展示会が楽しみだよ。

IMG_4657.JPGIMG_4658.JPG
IMG_4660.JPGIMG_4664.JPG
▲ドリスヴァンノッテンパリコレ会場をあとにする

ではね。
また明日。

明日はクリスヴァンアッシュ、ガリアーノと
某ブランドのショーに行きます。


posted by 番頭日記タカアキ at 18:28| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

(この記事は書き途中です)2008ss ドリスヴァンノッテン2008春夏入荷品番一覧 絵型と品番リスト TIURF

この記事は書き途中です。

DRIES VAN NOTEN 2008SS                       
2/3入荷予定商品リスト ドリスヴァンノッテン                       

品番    素材    色    サイズ    素材    税込上代    コメント

パンツ                       
PIERSON    3305    BLACK    46*48*50    100%cotton    
\53,550     タイトフィットスラックス
PIERSON
pierson_black_driesvannotenDRIE_MW_SS08_0005.jpg

ひらめきまずは黒のスラックス。
タイトフィットなモデルで万能に使えます。
今季春夏のドリスのショーでは、要所要所で黒のスラックスを使用。
色目のトップスにもあわせやすいので、持っていて損のない1本です。サイズ46,48,50
ショーの写真は光ってますが、入荷はコットンなので写真の素材ほど光りません。

CRESSON & COPPER
シャツ
08ss_dries_CRESSON.jpg                      
COPPER    3188    NAVY    46*48*50    100%CV    
\37,800     定番のフィッテドシルエット、素材が面白い。

COPPER BADGE    3132    WHITE    46    100%cotton    
\27,300     ポケットにバッジ付きの定番白シャツ

CRESSON    3319    BORDAUX    46    100%cotton    
\31,500     定番のフィッテドシルエット、コットン100%で、色が美しいボルドー。

CRESSON    3319    GREEN    46    100%cotton    
\31,500     定番のフィッテドシルエット、コットン100%で、色が美しいグリーン。

CRESSON BIS    3132    WHITE    46*48    100%cotton    
\27,300     定番のフィッテドシルエット、コットン100%で、ボタンあわせの裏がテープ使いになっている

ひらめきCRESSONとCOPPERは定番の形のシャツ。どちらもフィッテドシルエット。
素材違いで様々なタイプが入荷します。

面白いのは、COPPER(右)の3188素材。
今回は入荷にならないけど、次回入荷予定のCOPPER3029素材も良い。
これは、あとで詳しく説明しますが、今季ドリスの「肝(きも)」ともいうべきテクニックの
「フォトコピープリント」というテクニックを使った素材です。
▼こんな感じの素材3029
IMG_0433.JPGIMG_433.JPG

書きかけの記事です。このあと、↓品番に画像と絵型がつきます。1/15 13:40現在



半袖シャツ                       
CAMPINO    3319    BORDAUX    46*48    100%CV     \26,250     フィッテドシルエットの半袖シャツ。3319素材はコットン100%。ボルドー
CAMPINO    3319    GREEN    46*48    100%cotton     \26,250     フィッテドシルエットの半袖シャツ。3319素材はコットン100%。グリーン
CAMPINO B.D.    3188    NAVY    46*48    100%cotton     \32,550     100%CUでシャリ感があり風合いがいい。ボイルド素材。
CURL    3134    BORDEAUX    46*50    100%silk     \65,100     ショーでも展示会場でも目立っていた、シルク100%シャツ。透け感あり。
ポロシャツ                       
HENRY    3501    BROWN    S*M    100%cotton     \21,000     シャリ感のある汗を吸う夏向きのジャージー素材。ブラウン
HENRY    3501    KAKI    S*M    100%cotton     \21,000     シャリ感のある汗を吸う夏向きのジャージー素材。カーキ
HENRY    3501    NAVY    S*M    100%cotton     \21,000     シャリ感のある汗を吸う夏向きのジャージー素材。ネイビー
Tシャツ                       
HASPER TOKYO    3500    ANTHRA    S*M    100%cotton     \14,700     深いVネックのTシャツ。"TOKYO72"のプリント。
HASPER TOKYO    3500    WHITE    S*M    100%cotton     \14,700     深いVネックのTシャツ。"TOKYO72"のプリント。
HECTIC    3500    ANTHRA    S    100%cotton     \21,000     前開きカーデタイプのロンT。黒に近いアントラ
HECTIC    3500    BORDEAUX    S    100%cotton     \21,000     前開きカーデタイプのロンT。ボルドー
タンクトップ                       
HERBA DAVID    3500    PETROL    S*M    100%cotton     \12,600     ペトロは濃いグレイッシュなダークグリーン。タンクトップで、裏からダビデ像プリント
HERBA DAVID    3500    WHITE    S    100%cotton     \12,600     色タンクに、裏からダビデ像プリント。
HERBA DUOMO    3500    WHITE    S*M    100%cotton     \12,600     白Tに黒のDUOMO(ミラノの中心的な教会)のバックプリント。"DRIESVANNOTEN"のロゴあり。
HERBA ELEPHANT    3500    ANTHRA    S    100%cotton     \12,600     幾何学チックなインド象のプリントを、アントラの素材に黒の裏プリント。
Tシャツ                       
HIFI DAVID    3500    WHITE    XS    100%cotton     \14,700     白Tに裏から黒のダビデ像プリント。
HIFI DUOMO    3500    WHITE    XS    100%cotton     \14,700     白Tに黒のDUOMO(ミラノの中心的な教会)のバックプリント。"DRIESVANNOTEN"のロゴあり。
HIFI ELEPHANT    3500    BEIGE    XS*S    100%cotton     \14,700     ドリスらしい渋い配色。ベージュにボルドーのインド象プリントTシャツ
HIFI FLAMINGO    3500    ANTHRA    XS*S    100%cotton     \14,700     渋い配色、グレーアントラTシャツに、カラフルなフラミンゴの群れのプリント
HIFI FLAMINGO    3500    PETROL    XS*S    100%cotton     \14,700     渋い配色、ペトロ(濃いグレイッシュなダークグリーン)にフラミンゴの群れプリントTシャツ
HIFI PANAMA    3500    BORDEAUX    XS*S    100%cotton     \14,700     パナマ柄Tシャツは、大判のフロントプリントで目立つ。
HIFI ROCK    3500    WHITE    XS*S    100%cotton     \14,700     ギターを抱いたカートコバーンをプリントした
ニット                       
TARGET PR    3401    CEMENT    M    85%cotton 15%casimir     \32,550     オススメの「フォトコピープリント」を施したニットタンクトップ。ニットの上からパッチワーク風のプリント。セメント(薄いグレー)の配色。
TARGET PR    3401    PALE YELLOW    M    85%cotton 15%casimir     \32,550     オススメの「フォトコピープリント」を施したニットタンクトップ。ニットの上からパッチワーク風のプリント。ペールイエロー(カラフル)の配色
TAXIAR    3401    CEMENT    M    85%cotton 15%casimir     \45,150     オススメの「フォトコピープリント」のニットポロシャツ。淡いセメントグレーの配色
TAXIAR    3401    KAKI    M    85%cotton 15%casimir     \45,150     オススメの「フォトコピープリント」のニットポロシャツ。笹色のようなグリーンの配色
TRAPPOLA PR    3401    CEMENT    M    85%cotton 15%casimir     \87,150     オススメの「フォトコピープリント」のニットカーデ。セメント配色
TAXUS    3402    BLUE    M    100%cotton     \29,400     ざっくり着られるコットン春ニット。いまからニット買うならこれがオススメ。
TAXUS    3402    LIME    M    100%cotton     \29,400     ざっくり着られるコットン春ニット。いまからニット買うならこれがオススメ。
スカーフ                       
FACTOR        NAVY    F    100%silk     \36,750     「アラファト」と呼ばれていた大判のストール。シルク100%。ネイビー
FACTOR        PISTACHE    F    100%silk     \36,750     「アラファト」と呼ばれていた大判のストール。シルク100%。ピスタチは明るいグリーン。
FACTOR        TURQUOISE    F    100%silk     \36,750     「アラファト」と呼ばれていた大判のストール。シルク100%。ターコイズは、ブルーとオレンジの配色。
ネクタイ                       
3604        CEMENT    F    100%silk     \17,850    
3604        INDIGO    F    100%silk     \17,850    
3606        PEACH    F    100%silk     \17,850    
3606        RAF    F    100%silk     \17,850    
3606        YELLOW    F    100%silk     \17,850    
3608        CHAMPAGNE    F    100%silk     \17,850    
3608        D.BROWN    F    100%silk     \17,850    
3609        ANTHRA    F    100%silk     \17,850    
3609        SMOKE    F    100%silk     \17,850    
バッグ                       
BM 3/313    413    D.PURPLE    F    100%PA     \37,800     インド製のドリスのエコバッグ
BM 3/313    413    GREEN    F    100%PA     \37,800     インド製のドリスのエコバッグ
                       
2/末入荷予定商品ドリスヴァンノッテン                       
品番    素材    色    サイズ    税込上代    コメント   
コート                       
ROYEN    3238    YELLOW    S     \68,250     軽い着心地のナイロンスプリングコート   
ブルゾン                       
VITAL    3228    KAKI    S     \57,750     軽い着心地のナイロンショートブルゾン。カーキは濃いグリーン   
VITAL    3228    PINK    S     \57,750     軽い着心地のナイロンショートブルゾン。ピンク。   
VITAL    3228    WINE    S     \57,750     軽い着心地のナイロンショートブルゾン。ワインは濃いボルドー   
ジャケット                       
BARTHES    3138    AUBER    46*48     \102,900     ボイルド素材のカジュアルメイド、フィットシルエットジャケット。ジャージー素材なので着ててとにかく楽です。色はボルドー。   
BENTHAM BIS    3028    NAVY    46*48     \119,700     カジュアルメイドのフィットシルエットジャケット。ダブル、ピーク   
パンツ                       
PERON    3028    NAVY    46*48     \71,400     ウエストがゴムになったリラックスパンツ。ネイビー   
PERON    3009    STONE    46*48     \60,900     ウエストがゴムになったリラックスパンツ。ストーン   
PACHA    3234    BLACK    44*46     \55,650     オススメのスキューバパンツ。   
ショートパンツ                       
PACHA-SHORT    3234    BLACK    46*48*50     \44,100     スキューバショートパンツ(RA58*CO42) サンプル48でウエスト88   
PACHA-SHORT    3181    GREY    46*48*50     \48,300        
パンツ                       
PELE-BIS    3242    D.BROWN    30*31*32*34     \44,100     オススメのファイブポケット綿パンツ。ほとんど黒に近いダークブラウンは、ステッチの色がオレンジ。   
PELE-BIS    3242    WHITE    30*32*33     \44,100     オススメのファイブポケット綿パンツ。ホワイトパンツは、ステッチの色がグリーン。   
ショートパンツ                       
PERON-SHORT    3028    NAVY    46*48     \53,550     ウエストがリブになった、ボクサーパンツ。   
シャツ                       
CONSTABLE    3029    DES.B    46     \77,700     コットン、麻、シルクを使ったプルオーバーシャツブルゾン。色がキレイ。色柄素材の3029素材   
COPPER    3310    WHITE    46*48*50?     \31,500     定番のフィッテドシルエットシャツ、白   
COPPER    3029    DES.A    46*48     \65,100     定番のフィッテドシルエットシャツ、色柄素材の3029素材   
COPPER BADGE    3132    WHITE    46*48     \27,300     定番のフィッテドシルエットシャツ、白。バッジ付きです。   
CRESSON    3319    BLACK    46*48*50     \31,500     2月頭入荷予定の定番シャツの色違い黒   
CRESSON    3034    LILAC    46*48*50     \57,750     ウォッシャブルのシルクコットン素材。3034素材の長袖は、右前身頃がストライプになる   
CRESSON    3031    BLACK    46*48     \57,750     シルクコットン素材の黒。3031素材は、プリントが前に来る。   
半袖シャツ                       
CAMPINO    3319    WHITE    46*48     \26,250     フィッテドシルエットの半袖シャツ、白。   
CAMPINO    3034    BLUE    46*48     \49,350     オススメ、シルクコットン素材に「フォトコピープリント」した今季イチオシシャツ。ブルーのベースカラー。   
CAMPINO    3034    LILAC    46*48     \49,350     オススメ、シルクコットン素材に「フォトコピープリント」した今季イチオシシャツ。ライラック(薄紫)のベースカラー。   
CROMSKY    3029    DES.B    46*48     \57,750     コットン麻シルク素材の柄シャツ。シルエットはノーマル(ややルーズ)。   
シャツ                       
CURL    3134    PISTACHE    46*50     \65,100     シルク100%のやや透け感のあるカラフルなシャツ。ピスタチは明るいグリーン。   
CURL    3134    STONE    46*50     \65,100     シルク100%のやや透け感のあるカラフルなシャツ。ストーンは、黒っぽい砂っぽいグレー。   
Tシャツ                       
HASPER TOKYO    3500    WHITE    S     \14,700     深いVネックの白Tシャツ。プリントは"TOKYO72"   
タンクトップ                       
HERBA BOOTHILL    3500    BORDEAUX    XS*S     \12,600     ボルドーのタンクトップに裏からイーグルのプリント。   
HERBA DAVID    3500    WHITE    S*M     \12,600     白タンクトップ、ダビデ像プリント   
HERBA DAVID    3500    PETROL    S     \12,600     ペトロ(濃いダークグリーン)に、裏からダビデ像プリント   
HERBA DUOMO    3500    WHITE    S     \12,600     白タンクトップ、DUOMOのプリント   
HERBA ELEPHANT    3500    ANTHRA    S*M     \12,600     アントラグレーのタンクトップ、インド象プリント。   
Tシャツ                       
HIFI DAVID    3500    WHITE    S     \14,700     白Tシャツに裏からダビデ像プリント   
HIFI DUOMO    3500    WHITE    XS*S     \14,700     白Tシャツに、バックプリントでDUOMOとロゴのプリント   
HIFI ROCK    3500    WHITE    XS*S     \14,700     白Tシャツに、ギターを抱いたカートコバーンのプリント。   


dries08ss_tiurf.pdf
posted by 番頭日記タカアキ at 06:50| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

11/16 ドリスのギャババッグ画像


11/18

今日は、お客様から
ドリスのギャバ素材バッグ の画像を送ってほしい」
というお問い合わせメールがあり、
商品の写真を撮ったので、
せっかくなのでここにも載せておきます。

IMG_3948.JPGIMG_3949.JPGIMG_3951.JPGIMG_3953.JPGIMG_3954.JPG
IMG_3950.JPG

ドリスヴァンノッテンの、ギャバ素材のバッグです。

ギャバというより、ツイルのような素材で、
しっかりしてなおかつやわらかいです。

基本的に、カチャっとするタイプのバックルを付けて
ショルダーになり、
バックルを外して伸ばすと、
トートバッグに早変わり。

大きさは、

横幅42センチ
縦45センチ(収納時)

伸ばすと、
縦60センチ


手提げ部分の持ち手は、外周:35センチで、
持ち手から底までは約60センチ。

ショルダー時に使うベルトは、長さで120センチ以上あり、
背負ったときに、バッグがおしりのあたりまで落として背負うことができます。

バックル部分はプラスチックなのですが、

基本的に今までドリスは
プラスチックとかナイロンとかJIPとか、
かちゃ、とかぺた、とか

そーいう実用的な素材をあまり使うことを好まないデザイナーだったのですが、
今季はご存じの通りナイロンも使ってる、

なんというか、ドリスのクリエーションの巾を広げているシーズンなんですね。

でも、
カチャバックルをよく見ると、
薬品のようなものでヴィンテージ加工してあり、細かいとこまでよく気をつかってるナー
というデザインです。
仕上がりは、
ツイルの光沢感と、こすれたプラスチックの素材ギャップが良い感じです。

IMG_3956.JPG

ではでは。
posted by 番頭日記タカアキ at 23:20| パリ 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

6/26 DRIES VAN NOTEN IN MILANO 2008SS『今回のドリスはいいーんですよ』&色について追記有り

6/26 DRIES VAN NOTEN IN MILANO 2008SS

*最後に追記あります。



今回のドリスはいいーんですよ。

実は、パリのショールームは何度も行ってるけど、ミラノのショールームは初めて!
ドリスの公式プロフィールでは、パリのショールームとほぼ同じ時期にできたというから、けっこう歴史もあるショールームで、だからすごくたのしみ。

さて、

ホテルからタクシーでドリスのショールームにつく。

ショーの写真は、日本であらかじめ軽くチェックしてた。

番頭日記のお問い合わせフォームからの質問では、
「一人目のコートの素材は何?」
とかいう質問が多かったが、会場が暗くて、フラッシュが強かったため。

個人的には、2000年春夏の頃みたいな感じかナーって想像してたけど、

現物を見たら、ぜんぜん違った。

ぬっ、ぬぬっ!これはもしや、すげーかっこいいぞ。


▼展示会風景


IMG_0332.JPG
いやー、こりゃ、見れば見るほどかっこいいね。
いいなー。久々にドリスがいいなー。ふーむ。(←興奮してる)


IMG_0351.JPGIMG_0339.JPG

IMG_0356.JPGIMG_0342.JPG

IMG_0320.JPGIMG_0420.JPGIMG_0361.JPG



ほんとはもっと載せたい!!


あれっっ??

て思ったのは、
珍しく日本人みたいなモデルさんがいました。

(最初、近くに寄ってきたときに、
スタッフさんかな?とおもったら、モデルさんでした。韓国人の有名なモデルさんらしいです。失礼)

今にして思うと、

ドリスは今季、こんだけ色をたくさん使っているのだけど、
外人と日本人じゃ肌の色がちがうから、
外人が似合っても日本人に似合うかどうかは別問題で
そこんとこが大問題なのだけど、

今季はその辺のケアの意味で、あえてアジア人のモデルを使ってくれたのかな、と思いました。

あとでホテルで写真を見直したときに、
欧米人とこの韓国のモデルさんで、全然確かに似合う色が違うので、
違う欧米人モデルさんが着たある色がすげー似合う色だったとして、
はたして、この色どうなんだろう・・・?と不安なときに、
すげー助かりました。

日本人のぼくらも、
(韓国人モデルの)彼の色を
100%信用してコーディネートの参考にしちゃっていいと思います。

素材にも今季はすごくアイデアが詰まっていて、
あのシースルーとか、あのコートとか。。。
ほんとはすごくいいたいのだけど、ひとまず秘密にしておきます。

オススメは、

まず、パンツ。
太いの細いのジョッパーっぽいのとあったけど、
履いてみたらとにかく素材が良かったので、重点的に増やしました。
ドリスって、これまでのシーズンは「もっと買いやすい値段でだそう」ということで値段が他のインポートと比べると安い分、素材のクオリティがニールとかに負けてたけど、今季はニールに負けてない。
はじめは迷ったけど、パンツをいくつかはいてみたらはっきりその傾向が分かった。
あと、ハーフパンツたくさん入れた。夏がめちゃめちゃ暑いから、ちゃんとおしゃれに着られるヨソイキに使えるやつ。
これも、個人用に入れたモデルも含めて、3型くらい。

シャツは、06ssの再来のごとくいいシャツが多くて、
06ssは綿のものだったけど、今度はシルクをちょっと使って、
それに「ある加工」をしていて、すごくアイデアがあってよかった。
自分用も含めていろいろ入れた。色は、ブルー、ベージュ、グリーン、赤、黒、白と様々。素材は、例のシルク混と、ボイルドしたコットンなど。

ジャケットはウォッシュのコットンと、珍しいジャージ素材のジャケットを、ボルドー色で。

注目のナイロン素材は、
ショートで
「ボルドー、ピンク、カーキ」などで入れて、
ロングのショーモデルはイエローで入れた。

素材が良くなった分、大人っぽい。
色も、ショーで使っている物以外にも使いやすい物がたくさんあったので、今季のドリスは取り入れやすいんじゃないかな。

個人的に、チャレンジしてみたい服がたくさんあるコレクションだった。



SIKISOIUKAN6_TRAI.jpg


▼色についての超基礎知識(番頭流)




色について

今季のドリスは、色がたっくさん!

3色以上を使いこなすにはどうしたらいいか。

基本的には、

「メインカラーの、反対色の両脇の2色を使う」こと。

基礎知識を書きました。くわしくはこちら↓
続きを読む ▼色についての超基礎知識(番頭流)▼
posted by 番頭日記タカアキ at 11:13| パリ | Comment(1) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

ドリスヴァンノッテン海外出張報告0708秋冬 07年1/30(古っ)

秋冬商品がそろそろ入荷になるということで、
たまっていた出張報告をさらっと書いていきます。
今回は、1/30を振りかえって書きます。


この日は、
午前中は、たまっていたお客様とのメールのやり取りの返事を書く日にしようと決めていて、
ホテルに缶詰になってひたすら返事を書いてました。

ホテルには一応無線LANが付いているのだけど、
あまりネットワーク環境がよくなくて、
写真のアップやメールのやり取りにけっこう時間がかかる。

俺のノートパソコンはマックのiBOOK G4なのだけど、
この頃から使い始めた Gmail の設定がよくわからず、というかマックのブラウザに完全対応してなくて、メールの返信するときに文字化けしてしまうという不具合が。。

*今は、メインのブラウザをファイアーフォックスにしたので、
マックからでも GMAILが完全対応になって、細かな設定や返信が出来るようになりました。

ちなみにgメールというのは、
Googleが提供する無料メールで、
これ使うと、毎日めちゃめちゃな数がくるスパムメールを一網打尽にしてくれて、
なおかつ、どこのパソコンからでも読み書きができ、
さらに、必要なメールだけを携帯に転送させたりできます。

俺の場合は、ブログでメルアドを公開しているので、スパムが1日1000通以上くるのだけど、
gメールを導入してからは、スパムが1ヶ月5,6通にまで激変。
もう手放せないっという使い勝手の良さです。

半年ほどテスト使用して、いまでは会社のメインメルアドもGメールでやりとりするまでになってます。

さてさて、話が脱線しましたが、

そんな感じでメール返信に四苦八苦しているうちに
そろそろドリスの展示会の時間になったので、マレ地区のドリスショールームに地下鉄で移動する。




DRIES VAN NOTEN
SHOWROOM



この日は午後からドリスヴァンノッテンの展示会。

0708AW_MODEL_DRIESVANNOTEN.JPG0708AW_MODEL_DRIESVANNOTEN (2).JPG0708AW_MODEL_DRIESVANNOTEN (3).JPG

今回は、ドリスがいいーんですよ。


0708AW_MODEL_DRIESVANNOTEN (7).JPG0708AW_MODEL_DRIESVANNOTEN (25).JPG0708AW_MODEL_DRIESVANNOTEN (30).JPG

ルーズなトップスと緩いパンツ、
あるいは、立ち襟のやや着丈眺めのジャケットとジョッパーパンツといった感じで、
トップスとボトムのバランスをすごく遊んでる。

0708AW_MODEL_DRIESVANNOTEN (32).JPG0708AW_MODEL_DRIESVANNOTEN (33).JPG0708AW_MODEL_DRIESVANNOTEN (34).JPG

往年の懐かしいドリスらしさが見られて、
私的には07春夏よりはるかに好きかな。

VRAZER_BROWN_M.JPG0708AW_MODEL_DRIESVANNOTEN (14).JPG0708AW_MODEL_DRIESVANNOTEN (26).JPG0708AW_MODEL_DRIESVANNOTEN (27).JPG

ショールームでのモデルスタイリングは↑上のとおり。



実際のところ、ショーでの評判は様々で、

80年代のMCハマー風(懐かしいわーい(嬉しい顔))の上下のバランス感覚と、
ドリスにしては奇跡的ともいえる、ナイロン使いのコーディネート。

これを、ある評論家は「悪趣味」だといい、
ある評論家は「今季パリコレナンバーワン」だと評した。

(まぁ、評判のまったくないよりは、やんやと言われたほうが楽しいわけで。)


俺もこのショーを見たときに、
珍しくドリスが「ノリノリグッド(上向き矢印)るんるん」の80年代ダンスミュージックるんるんをバックミュージックに使って、
えっ?がく〜(落胆した顔)(ドリスに何があったの??)と思って、
(ドリスはここ数シーズン、静かーな音楽ばかり使ってたので)、
正直、ショーを観ただけではどんな商品展開にしようか、けっこう迷ってしまった。

ショーはこんな感じ。↓

DRIE_MW_AW07_0010.jpgDRIE_MW_AW07_0020.jpgDRIE_MW_AW07_0028.jpg

DRIE_MW_AW07_0039.jpgDRIE_MW_AW07_0044.jpgDRIE_MW_AW07_0058.jpg

DRIE_MW_AW07_0081.jpgDRIE_MW_AW07_0112.jpgDRIE_MW_AW07_0156.jpg

DRIE_MW_AW07_0160.jpgDRIE_MW_AW07_0286.jpgDRIE_MW_AW07_0304.jpg

DRIE_MW_AW07_0321.jpgDRIE_MW_AW07_0329.jpgDRIE_MW_AW07_0340.jpg

DRIE_MW_AW07_0350.jpgDRIE_MW_AW07_0388.jpgDRIE_MW_AW07_0453.jpg

DRIE_MW_AW07_0466.jpgDRIE_MW_AW07_0476.jpgDRIE_MW_AW07_0485.jpg


ナイロンを使ったオーバーサイズのスタジャンや、丈の短いジョッパーパンツ、エルメスのようなシルクのスカーフ。。。柔らかい斜行したロングニット。

お決まりのように着ているジャケットスタイルとアンチなのか、
トラッドなアイテムは少なめで、
色は、黒を真ん中に、イエローオリーブネイビーを挿し色にしているのだが、
それらのアクセントカラーは発色がよいビビットな色で、「ナイロン素材」で色をちょっぴり使っている。
これは、ナイロンは色の発色がウールよりもいいので、まず素材の特性に着目してデザインとコーディネートの発想を膨らませていったのではなかろうか。

とかとか、、

ドリスは、毎シーズンかなりの数のサンプルを作ってショーに望むデザイナーなので、
実際にショーの後に展示会にいくと、
ショーで使ったサンプル以外にもたっくさんの数のサンプルがあって、
そこで、ショーのイメージで仕入れをするか、
展示会でやってるスタイリングのイメージで仕入れをするか決めるかを決めてから仕入れをするというケースがよくある。

今シーズンは、
ショーで使っていたスタジャンとかも仕入れたいなーとか考えていたのだけど、実際にサンプルを試着してみたらけっこうでっかかったりして、
結局、
使いやすそうなナイロンブルゾンと、コットンの洗いのジャケット、
ワイドパンツ、ジョッパーパンツ、
それと、30000円くらいの薄手で色のきれいなVネックニットなどを中心に、
ニットと同素材のストールと、バッグなどを仕入れた。

ニットは、柄もプリントもないのだけど、風合いがけっこう良くて、
値段も買いやすいから取りあえず一枚欲しいな。

そのほかのニットは、ショーで使っていたような斜行したニットカーディガンを2,3型。

シャツは、プリーツの中にスワロスキーを隠してある長袖シャツがけっこう良かった。


BAG_BM2-306_BLACK.JPGBAILEE_2222_BLACK (1).JPGBRANCUSI_2306_GREY (1).JPGBREEZE_BLACK.JPG

CODIE-FOULARD_GOLD.JPGCOLLIN_2191_BLACKCHECK (1).JPGCOLLIN-EMBR_OLIVE_&_MUD (1).JPGCOLLIN-EMBR_OLIVE_&_MUD (2).JPG

CYRIL_NAVY.JPGHARDY-PRINT_GREY (1).JPGHARLAN_BLUE_GREY_BLACK (1).JPG

MAXIM-5_COLOR (2).JPGMIRA_BEIGE_&_ANTHRA (1).JPGMISTY_NAVY.JPG

POLDIE_BLACK (1).JPGPOLO_DBROWN (1).JPGPUZZEL_NAVY (2).JPG

RADCRILL_MUD.JPGRALPH_MUD.JPGRALPH_NAVY (3).JPG

VRAZER_BLACK (1).JPGVRAZER_BROWN (1).JPGVRAZER_KAKI.JPG


実際の入荷予定アイテムは↑上のとおり。
大人っぽいアイテムになりました。

あと載せてないのとすると、シャツやカットソーやコートなどがまだ入荷します。


とりあえずドリスの御紹介はこんな感じです。
次回の秋冬情報をお楽しみに!!

番頭日記
http://buyernote.seesaa.net
info@tiurf.com

posted by 番頭日記タカアキ at 21:50| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

たった今入った情報によると (News! DriesVanNoten 08ss milano)


 IMG_2287.JPG

【大御所がパリを去る理由】    
DRIES VAN NOTEN BREAK FRESH GROUND. 
HE WILL MOVE HIS COLLECTION FROM PARIS TO MILANO.


  ドリスヴァンノッテンといえば、第一線でパリコレを引っ張ってきたデザイナーのひとり。
 
たったいま入った情報によると、
この ドリスヴァンノッテンの次回コレクション(2008SS)が、パリからミラノへとコレクション本拠地移転とのこと。
 
一度だけミラノでやるのか、これからずっとミラノでやるのかはわからない。
いずれにせよ、
60回も続けたパリコレを離れるには、そうとうな覚悟だと思う。
 
 
もともとドリスはロンドンデビューしてからすぐにパリに移って活躍したのだけど、
ミラノも、パリの次にショールームを持つのが早かったから、ミラノ歴も長い。
 
また、前回の2007-08AW(次の入荷の秋冬ね)のショーの時に、
念願だったパリ、サンジェルマンデプレに直営店を持つことができたし、
「もうパリでやりたいことはやっちゃった」、って感じなのかな。
 
これからいろんな波紋を呼ぶのだろうか。
 
 
ファッションにどっぷりじゃない人には分かりにくいと思うのだけど、
ミラノとパリは、けっこう違う異質なファッションだ。
 
パリは、バイヤーやプレスから毎シーズン斬新でクリエーティブなものを期待される(というかそれが全ての判断基準だったりする)けど、
 
ミラノは、スタイルの斬新さというよりも、もっと「物」寄りで、
生産地が近いということも背景にあって、もっと実用的で工業製品としての完成度を要求される。
 
ドリスも最近では、
服そのものの「驚き」は少ないが、リアルに着られる良い服を提案していたから、
斬新さばかりを求められるパリと水が合わなくなったのかな、とか。
そーいった意味で、自分の創る服の表現したいことの変化が、 発表の場をパリからミラノに移した、というところかな、と推測できる。
 
ぼくとしては、そのほうがいいんじゃない?と歓迎の気持ちだ。
 
 
▼いつものパリコレドリスの風景。これがパリ最期のショーとなるのか。。?
 

IMG_0443.JPG

IMG_0458.JPG

IMG_0445.JPG

 
まだ0708秋冬のこと、ぜんぜん書いてないのに、もー次の08春夏ッすか?とかいう突っ込みも聞こえてきそうですが、、、。がんばります。
 
番頭日記 http://buyernote.seesaa.net

info@tiurf.com 
 http://store.tiurf.jp
posted by 番頭日記タカアキ at 18:21| パリ | Comment(1) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

ドリスヴァンノッテン 07春夏についてめっちゃ詳しくなる(ニットとTシャツ編)DRIES VAN NOTEN 2007 SPRING-SUMMER

DRIES VAN NOTEN
2007 spring/summer
 
13DVN07S (4).jpg09DVN07S (2).jpg
 
ひらめき前回:ドリス:パリコレallモデル
↑ドリス07SSパリコレの全モデルショット&オススメルックの解説です。
要CHECKexclamation(10/26記事)
 
 
NEWドリスヴァンノッテンにめっちゃ詳しくなる(アイテム別編)
 
まずは私もどれか数枚は欲しい!というTシャツから、ざっくりご紹介。
下の方に、それぞれのモデルの色違いと入荷品番などを載せます。
 
07sDVNtshirtknit.JPG07sDVNtshirtknit.JPG 07sDVNtshirtknit (1).JPG
 
 
【HASTING AQUAREL 】と言う品番のTシャツです。
入荷カラーは、
WHITE / DARK PURPLE / CEMENT / GREY / BLACK の5色展開。
 
上の写真は、BLACKです。価格は¥15000前後。
 
HASTING(ハスティングと発音)は、プリントが2種類あり、
上の[AQUAREL(アクウェレルと発音)]という、水彩画のような多色使いの絵がプリントしてあるモデルと、
[HASTING SURFER]
という、サーファーの絵が描かれたモデルがあります。
 
どちらも配色がすごくきれいで、素材はいつもよりちょっと上質になりしっかりした素材です。
形は丸首で、HASTINGのタイプは他よりちょっと細めです。Sサイズから展開。
 
【HASTING AQUAREL】
ダークパープル
07sDVNtshirtknit (2).JPG07sDVNtshirtknit (3).JPG07sDVNtshirtknit (15).JPG
 
ひらめきダークパープルの色は、濃くて、黒に近いのですが、どちらもいい色なので両方仕入れました。
 
次に、オススメの 【JOHN】という前開きニット。
 
【JOHN】col.ECRU ¥51000前後
07sDVNtshirtknit (4).JPG07sDVNtshirtknit (5).JPG07sDVNtshirtknit (6).JPG
 
ひらめきショーでは13人目でグレーのストライプパンツと合わせてます。
素材は、見た目もさわり心地もコットンライクなのですが、
ヴィスコース50%
ポリエステル28%
メリノウール22%となっており、非常にやわらかでさらっとしてます。
 
春先のインナーにすごっく活躍しそうですね。
 
ひらめきちなみに、
前開きニットの【JOHN】は、長袖もあります。
【JOHN】と同じ素材で同じモチーフプリント。価格は¥54000くらい。
 
 
【JAIRO】col.LIGHT GREY SHOW LOOK#07
07sDVNtshirtknit (7).JPG21DVN07S (1).jpg
 
ひらめき2種類入荷するカーディガンの、厚い方のモデルで、
【JAIRO】です。
 
【JAIRO】は、前4つボタン、
素材は、メリノウール51%、コットン47%、シルク2%。
右の襟のところが、配色で【黒】になっています。価格は¥50000くらい。
 
もう一つのニットは、【JAMES】
50DVN07S (2).jpg50DVN07S (2).jpg
 
ひらめきこちらのニット【JAMES】は、前出【JAIRO】よりやや薄手素材。
素材はシルク100%で、カラーは【シルバー】です。価格は¥54000くらい
左の首元に黒の配色です。
 
中に着たカラフルのシャツも入荷します。
 
 
さて、Tシャツに戻って、
 
【HENGIS CALIFORNIA】WHITE 
07sDVNtshirtknit (9).JPG07sDVNtshirtknit (10).JPG07sDVNtshirtknit (8).JPG
 
【HENGIS】のTシャツシリーズは、
先ほどのHASTINGよりも少し横幅があり、いつもどおりのドリスくらいのサイズ感。
 
「すげー普通」 な感じのTシャツのようで、襟がスエット素材になっているのが特徴。
 
この【HENGIS】シリーズは、プリントが 
【HENGIS CALIFORNIA】と【HENGIS PALM】
の2種類あり、
カルフォルニアの方は、
色がWHITE / GREY / DARK GREY / BLACK 
 
パーム【PALM】の方は、
GREY / DARK GREY / BLACK で入荷します。
 
このへんは、ボディの各色ごとに全部プリントの色が違うので、
最後にざーーーっと載せますね。
 
上【HASTING AQUAREL】WHITE(色:ホワイト)と
下【HASTING AQUAREL】CEMENT 色:セメント
07sDVNtshirtknit (11).JPG07sDVNtshirtknit (12).JPG
 
07sDVNtshirtknit (13).JPG07sDVNtshirtknit (14).JPG
 
 
タンクトップの【HELIX】WHITE
07ssDVNmodel (3).JPG07sDVNtshirtknit (23).JPG07sDVNtshirtknit (24).JPG
 
モデルは、どこかの国のバイヤーさん。
 
タンクトップ【HELIX】WHITEは、白の上から、オレンジとブラックでグラデーションプリント。
首元がv字のリブになってます。カラーは、WHITE / GREY の2色入荷。価格は¥12000くらい。
 
 
さて、次はショーでも使っていた最重要Tシャツの【HENGIS CALIFORNIA】GREY。
 
07sDVNtshirtknit (25).JPG07sDVNtshirtknit (27).JPG07sDVNtshirtknit (28).JPG07sDVNtshirtknit (29).JPG
 
52DVN07S.jpg52DVN07S (4).jpg
 
【HENGIS CALIFORNIA】 GREY ¥12000くらい
 
ひらめきひらめきヘンギスのカリフォルニアは、白が既出ですが、
これはそれの色違いのグレー。
全4色で、WHITE / GREY / DARK GREY / BLACK 。間違いやすいのがグレーとダークグレイです。
 
07sDVNtshirtknit (30).JPG07sDVNtshirtknit (31).JPG07sDVNtshirtknit (51).JPG
【HENGIS CALIFORNIA】 ブラック(左&中央)とダークグレイ(右)
 
黒だと、何の柄だがはっきり分かりますね。
ちょっとハワイアンなモチーフ。
ダークグレイは、プリントの色が水色になり、グレーはプリントがグレーです。
色によって、夕日に見えたり、朝日に見えたり、、、
ショーではグレーを使ってますが、このへんは価格も買いやすいですし、大いに色で悩みたいところです。
 
サイズは、SML展開で、ほとんどの人はSでOK。
 
ただし、今回ショーではけっこうルーズに合わせているので、細いパンツと合わせたい人は、
あえてMやLでもいいかもしれません。
グレーのみSMLまで入荷で、他の色はSMで、MやLは若干数で入荷します。
 
 
次は、
オススメのニット。
【JONATHAN】 ANTHRACITE(ジョナサンのグレー)
07ssDVNmodel (25).JPG
07ssDVNmodel (21).JPG07ssDVNmodel (22).JPG07ssDVNmodel (23).JPG07ssDVNmodel (24).JPG07ssDVNmodel (25).JPG
 
07sDVNtshirtknit (18).JPG
07sDVNtshirtknit (20).JPG07sDVNtshirtknit (18).JPG 
 
ニット【JONATHAN】のアントラという色です。
 
このニットは、パソコンの方はぜひ表面を拡大(クリック)してご覧頂きたいのですが、
すごく複雑な編み地をいくつも使っています。
素材は、シルク50%、メリノウール26%、コットン24%で、
ざっくりしていて、やや重量があり、
ショーでは、大人の一枚になると、自信を持ってオススメします。価格は¥64000くらい。
 
 
Tシャツに戻って、
【HOLL TYE-DYE】LIGHT GREY
07sDVNtshirtknit (34).JPG
 
【HOLL TYE-DYE】は、写真のライトグレーと、エクリュ(生成り)の2色で入荷。
写真の通り、ややズンドウなシルエットで、着丈も長く、素材も、、HASTINGやHENGISのシリーズよりも厚手で良質な素材を使用しています。おなか周りが気になる人でも着れるので、他のTシャツ系より大人向きです。価格は¥18000くらい。
 
 
さてさてさて、、、
 
分要がかなり多くなってきたので、ここからはざっとご紹介です。
07sDVNtshirtknit (37).JPG 
左【HASTING SURFER】WHITE ¥12000
右【HASTING AQUAREL】CEMENT ¥15000
*ハスティングシリーズは、やや細い。 
 
【HASTING SURFER】 BLACK ¥12000 
07sDVNtshirtknit (39).JPG07sDVNtshirtknit (40).JPG
 
 
タンクトップ【HEMT】GREY ¥9000 
09DVN07S (4).jpg 09DVN07S (1).jpg
 
07sDVNtshirtknit (41).JPG07sDVNtshirtknit (42).JPG07sDVNtshirtknit (43).JPG
 
【HEMT】は、身幅の大きなタンクトップ。サイズはMのワンサイズ展開。
脇の部分がすごくルーズで、たるむシルエット。
あまり体形にぴったりしないシルエットなので、一枚で着たり、さらにその下にタンクトップを重ね着したりと、活躍しそうな一枚。
 
 
タンクトップ【HELIX】ライトグレー
07sDVNtshirtknit (44).JPG07sDVNtshirtknit (45).JPG07sDVNtshirtknit (46).JPG
 
既出の【HELIX】へリックスのライトグレーのタイプ。
ホワイトのバージョンは、プリントがオレンジでハッキリした柄が特徴だが、
こちらのライトグレーのモデルは、インナーにも使いやすそう。
ショーではコンナ感じ↓*21人目と39人目
21DVN07S (4).jpg39DVN07S (1).jpg
 
 
おさらい!【HENGIS CALIFORNIA】
07sDVNtshirtknit (48).JPG07sDVNtshirtknit (49).JPG07sDVNtshirtknit (50).JPG07sDVNtshirtknit (51).JPG
左から、グレー、ブラック、ホワイト、ダークグレーの4色展開。
 
 
おさらい!【HENGIS PALM】
07sDVNtshirtknit (53).JPG07sDVNtshirtknit (54).JPG07sDVNtshirtknit (56).JPG
【HENGIS PALM】左から、ブラック、ダークグレー、グレー。3色展開。
 
ヘンギスの PALM と CALIFORNIAはプリント違いで、ボディは同じです。
 
 
おさらい!【HASTING SURFER】の7色
07sDVNtshirtknit (60).JPG07sDVNtshirtknit (62).JPG07sDVNtshirtknit (63).JPG07sDVNtshirtknit (64).JPG
 
07sDVNtshirtknit (65).JPG07sDVNtshirtknit (66).JPG07sDVNtshirtknit (69).JPG07ssDVNmodel (5).JPG
 
07ssDVNmodel (6).JPG
 
【HASTING SURFER】です。
上左から、ホワイト、ライム(薄グリーン)、フィッシア(赤紫)、ダークパープル、
下左から、セメント、グレー、ブラック、中に着たフィッシア。
  
色展開は、この形が一番多い7色展開。めっちゃきれい。
HASTINGの形は、ややシェイプされているシルエットなので、一枚で着ても非常にカッコイイのですが、インナーに着ても、ご覧の通りカッコイイので、どれか1色くらいは欲しいところです。
 
 
とまあ、
ドリスヴァンノッテンの07春夏カットソーとニットは、コンナ感じです。
 
次回は、ブルゾン、シャツ、ストール、スーツなどについてご紹介します。
お楽しみに!
 
ひらめき前回:ドリス:パリコレallモデル
↑ドリス07SSパリコレの全モデルショット&オススメルックの解説です。
要CHECKexclamation(10/26記事)
 
 
ドリスヴァンノッテン 正規取扱い店
アン・ジャスティス アーク店
http://unjustes.com
 
お問い合わせ、ご予約は、
番頭直通メール次項有banto@unjustes.com
 
または、ショップへ直接どうぞ。
 
posted by 番頭日記タカアキ at 21:54| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

10/26DRIES VAN NOTEN 2007 SPRING/SUMMER

前半〜
01DVN07S.jpg02DVN07S (2).jpg03DVN07S.jpg04DVN07S.jpg
05DVN07S.jpg07DVN07S (1).jpg09DVN07S.jpg09DVN07S (3).jpg
13DVN07S.jpg13DVN07S (4).jpg14DVN07S (2).jpg15DVN07S (1).jpg
20DVN07S (2).jpg21DVN07S.jpg21DVN07S (4).jpg26DVN07S.jpg
後半〜
27DVN07S (3).jpg28DVN07S.jpg32DVN07S (2).jpg38DVN07S (1).jpg
39DVN07S (1).jpg41DVN07S.jpg43DVN07S.jpg43DVN07S (2).jpg
42DVN07S (3).jpg44DVN07S.jpg44DVN07S (2).jpg45DVN07S (1).jpg
45DVN07S (3).jpg46DVN07S (1).jpg47DVN07S (2).jpg49DVN07S.jpg
49DVN07S (1).jpg50DVN07S.jpg51DVN07S (2).jpg52DVN07S.jpg
52DVN07S (4).jpg53DVN07S.jpg55DVN07S (1).jpg
〜フィナーレ
57DVN07SFINAL (1).jpg57DVN07SFINAL (4).jpg57DVN07SFINAL (6).jpg
 
DRIES VAN NOTEN 2007 S/S
ALMOST ALL MODELS
 

 

 


 
ドリスヴァンノッテンのほぼ全モデルを御紹介します。
 
ずらずらーっと見てもらうと、
薄く淡いグレーと、淡いトーンのイエローやオレンジのフラワー柄がアクセントになっていて、
落ち着いた感じとカラフルな感じが混在したショーだったとおわかりいただけるかと思います。
 
前半部分は、グレーを中心とした無彩色のトーン。
後半から、カラフルなアイテムが徐々に、そしてラストは洪水のようにカラーが使われています。
 
実際、私がパリのショーを見たときの印象では、前半のグレートーンだけを使ったモデルたちがやたらに多く、


「うぉっ!今度のドリスは色が無いのヵ?!」
 
と思って見ていたら、
中盤からチラホラと色を使い始め、最後のラストは、どばーっとカラフル。
 
これは、今季ドリスのテーマが、映画「ランブルフィッシュ」からきている着想。
 
「ランブルフィッシュ」
という映画は、巨匠コッポラの傑作で、(兄)ミッキーローク、(弟)マット・デイモンが主人公の兄弟物語。脇役にデニス・ホッパー、まだ禿げる前のニコラス・ケイジ。音楽と映像美と不良性を追求した実験的映画だ。
ランブルフィッシュという熱帯魚は、オス同士を同じ水槽に入れて飼うとケンカしてしまうことから、格闘魚とも言われているオレンジ色が鮮やかな熱帯魚。映画の中で、不良のヒーローの兄と出来の悪い弟と、ランブルフィッシュをダブルイメージさせるのだが、その手法として、
 
映像が、映画の冒頭からずーっとモノクロ。
ラストシーンだけカラーになる。(ネタバレ)
 
というもの。
今回のショーも、まさにその手法で、
グレーを効果的に見せて、ラストに淡いオレンジやパープルやイエローを使っている。

目次項有ランブルフィッシュについて。 

来季は、トレンド的にはグレーを中心としたベーシックカラーが街で流行ると予想されるけど、今回のドリスでは
「グレー」という流行を取り入れつつも、
まったく人とは違ったカラーコーディネートをもたのしめるというもので、
グレーだけでコーディネートしても、
カラーだけでコーディネートしても、
または両方をミックスすることも可能で、
非常に計算されたコレクションだといえるだろう。
 
 
 

 


単品としては、
ショーの9人目 09DVN07S (3).jpg
ショーの13人目13DVN07S (4).jpg
ショーの21年目21DVN07S (4).jpg
ショーの52人目52DVN07S (4).jpg
 
↑この辺で使われている、非常に柔らかい素材で作ったプリントTシャツを柱にしてコーディネートをスタートすると良い。
ちなみに品番は、
9人目 :タンクトップ HEMT グレー
13人目:半袖ニット JOHN エクリュ
21人目:タンクトップ HELIX ライトグレー
52人目:Tシャツ HENGIS CALIFORNIA PR.グレー
で、タンクトップは価格は¥11000くらい。
 
あと、
 
ショー50人目50DVN07S (2).jpg
 
この辺のニット(品番:JAMES シルバー)や、
中に着ているようなカラフルなシャツ(品番:長袖CARDIFF ライム、半袖で同素材はCRUCEO ライム)でコーディネートすると良いだろう。
 
ちなみにカラフルな素材としては2種類が今回リリースされていて、
 
既出のライム色のタイプ(5253)49DVN07S (1).jpg51DVN07S (2).jpg55DVN07S (1).jpgと、
素材違い(9301)で32DVN07S (2).jpg28DVN07S.jpgフォーシャ色(=紅紫色)などがある。
 
あと、ショーでは使われていないのだけど、ショールームで目立っていたニット
IMG_3371.JPGJONATHAN アントラ もいいと思う。
 
毎年気になるTシャツ系は、今季はいよいよドリスも本腰で作ってくれたようで、非常にバリエーション豊富。
ざっと御紹介すると、、、、。
 
と、長くなってしまうので、続きはまた次回。ご期待下さい!
 
 
入荷商品その他のご質問は
番頭直通メール次項有banto@unjustes.com
またはショップまで直接、お気軽にどうぞ。
 

アンジャスティス アーク店(セレクトショップ)
〒370-0057群馬県高崎市通町18
電話: 027-327-5490
mail: arc@unjustes.com
HP: http://unjustes.com/

掲示板: http://unjustes.com/cgi-local/arcbbs/bbs.cgi

メルマガ:http://unjustes.com/mail/creamform.html
ブログ: http://buyernote.seesaa.net/

 
番頭日記は、アン・ジャスティス アーク店のオフィシャルブログです。
商品はすべて正規取扱商品です。 
 
掲示板:  番頭日記は、アン・ジャスティス アーク店のオフィシャルブログです。商品はすべて正規取扱商品です。 
posted by 番頭日記タカアキ at 16:13| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

9/10「秋は始まった」の原稿、ドリス、クリス、ガリアーノ、ラフ06秋冬

september2006-autumnissue.jpg
 
september2006-autumnissue.jpg ←携帯でドコモの方は、こっちから見れます。
 
秋冬のDMを作成中です。
今回の表紙は↑こんな感じに仕上がりました。
 
写真は、上から
John Galliano
DRIES VAN NOTEN
KRIS VAN ASSCHE
右はRAF SIMONS です。
 
ショーが始まる前のバックステージ、緊張感あるモデルの表情がうっとりするほどかっこいい!!
 
ちなみに、使っている写真の着用アイテムをご紹介すると、
 
左上、ガリアーノの今季秋冬のゴリラズニット。
これは、カシミア100%で、非常に着心地が柔らかい。ショーでは、写真の生成り色のV首ニットと、ライトグレーでJIPフードカーディガンタイプを使っていました。当店では、V首は、生成りとグレーの2色展開。JIPフードのタイプでは、生成りとグレーと、ショー未使用のライトブラウンで3色展開です。
右上の二人のショーピースは未入荷。
 
中央2枚は、ドリスヴァンノッテンです。
中央左は、豹柄の長袖シャツで、近くで見ると、オイルが光っているようなというか、孔雀のような色というか、黒と淡いネイビーがにじんだような美しい柄です。
中央右は、 ニットカーディガン。どちらも当店入荷してます。
 
下の左3枚はクリスヴァンアッシュです。
左は、非常に凝ったジャガードのストールを、マントのようにしています。頭につけた花飾りは、アラビア地域の男達の戦闘衣装を表現しているとのこと。そういえばどことなく精悍で、薄汚れたメイクしてますね。同じ柄のニットもあり、どちらも当店入荷します。
 
下の一番右は、ラフシモンズ。
白いニットは、ショー4人目で使っていました。ざっくりして、表現が難しいけど非常に凝った編地をしてます。
 
 
コレクションブランドのかっこ良さが伝わりましたか?
 
ちなみに、通販は
http://unjustes.com/06a/index.html
↑こちらからできますので、気になる方は、価格やサイズなどチェックしてみてください。
まだ未入荷の商品は、「近日入荷予定」となっています。
 
 
posted by 番頭日記タカアキ at 21:29| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/9ドリスヴァンノッテンについて日本一詳しくなる

「ドリスヴァンノッテンについて日本一詳しくなる」 
 
 

今日は、ドリスヴァンノッテンについて少し詳しく書きます。
いままでドリスについてあまり詳しくない方のために、なるべくわかりやすく書きたいと思う。
 
(携帯で読んでる方は長文でゴメンふらふら
 
----
ドリスヴァンノッテン
(略称として、ドリス、ドリヴァン、ヴァンノッテンなどと呼ぶ人がいますが、私は親しみを込めて「ドリス」と呼ぶ派)
 
まずは、ドリスの経歴について、私が所有する2冊の公式本をもとに整理します。
 
この公式本は、
1つはTHAMES AND HUDSON出版、ANDREW TUCKER著の63ページの写真集、
もう一つは、ドリスが2005年にパリコレ50回を記念して作成した328ページもある豪華限定写真集「BOOK」(当店で発売中¥11550)。
 
これによると、

Dries Van Noten Chronology 
 

1958年
Dries Van Noten、ベルギー・アントワープ市生まれ。実家は、3世代続くテーラードの家系に生まれる。
 
1977年(18歳)
アントワープ王立芸術アカデミーのデザイン科(Antwerp Academy)入学。在学中に、フリーランスとして、イタリアやベルギーのたくさんのブランドのコレクションのデザインを手がける。
 

1985年(26歳)
最初の「Dries Van Noten」ブランドを、アントワープの小さなショップから立ち上げる。


1986年(27歳)
ロンドンメンズコレクションで、いまや伝説となった「アントワープシックス(Antwerp Six=アントワープの6人衆)」の一人としてショーをする。
NYの「バーニーズニューヨーク(barney's NY)、ホイッスル(Whistles)、アムステルダムの「ポー」(pauw)といった世界的な有名ショップからオーダーを受ける。
オーダーを実現して、会社は拡大。
 
1987年(28歳)

メゾンを移転。その前は弁護士の大邸宅だったというアントワープの中心にある物件。
 
1989年(29歳)
アントワープの中心に最初のフラッグショップ(Modepaleis)をオープン。 建物は3層ぶち抜きの内装で、1831年に建てられた古い旅行用品店だった物件。
 
1991年(31歳)
最初のメンズパリコレショーに参加(1992 Spring/Summer men paris) 


1993年(33歳)
パリとミラノにショールームを持つ。
最初のレディスパリコレショーに参加( 1994 Spring/Summer women paris)
 
 
1996年(37歳)
最初の子供服コレクション発表(1997 Spring/Summer)
 
1999年
黒ハートTiURF(当時アン・ジャスティス)でドリスのメンズを取り扱い開始(1999-2000 Autumn/Winter men Parisより)

We started selling DRIES VAN NOTEN mens in 1999.
 
2000年(41歳)
6万フィート四方( 18.3キロ平方)もの面積の波止場にある倉庫に会社移転。この建物は、戦中にドイツ軍と連合軍の両方の軍隊が兵宿舎として使用したGodefriduskaaiという6階建て建物。最上階からはアントワープの町が一望できる。
 
2004年(45歳)
パリコレデビューして、メンズレディスで合計50回目のショー。(2005 Spring/Summer women paris)
 
2006〜2007年(47歳)
パリ、サンジェルマンデプレの裏通りに、パリ初の直営路面店をオープン計画中。
 
 
 
 
 

次項有さらにくわしく。。。↓
公式ブックその2によるドリス略歴

(BOOK P151〜P155全訳)


*1958年5月12日生まれ。実家は、伝統的な縫製工場と洋服の専門店を営んでいた。第二次世界大戦中に、彼のじいさんが古着から新品をリメイクするテーラー技術を会得して、その後アントワープに最初のメンズの既製服専門店を開業する。
 
*1970年代に、彼の父がアントワープの街中に高級品分野の大きなブテックを開店、ウンガロ、フェラガモ、ゼニヤなどを扱った。
母は、フランチャイズでカッサンドレ(Cassandre)のブティックを経営し、レースやアンティークのリネンの素材を収集した。
家庭では、敬虔なカトリック(イエスズ会)の教育方針は、 厳しい道徳観念と実用主義だった。

こんな家庭の影響で、彼は素材産業における慣習や伝統に対して早熟な知識を持つことができたので、ドリスが、素材や、色、素材の糸組織や形について魅了されたとしても驚きではない。
まだ若い頃に、ドリスは父親と一緒に、ミラノやパリやデュッセルドルフのファッションショーやサロンについていき、そこでおこなわれるさまざまな取引の商売としての見方を吸収した。
 
*1976年、18歳でアントワープアカデミーファッションデザイン科(正式名称:the fashion design course of Antwerp's Royal Academy of Fine Arts)に入学。
 
*1980年までは、ドリスは子供服のデザインもしていたが、同時に、父親のアントワープのブティックのバイヤーもこなしていた。
この頃の実務経験が、その後、彼が自身のブランドを立上げてショップでその服を売るときの貴重な経験となった。

*同年、99年に死去するまでドリスをバックアップしたビジネスパートナーのクリスティーヌ(Christine Mathys)に出会う。
 
*卒業後、自分のブランドを持つまでフリーランスのデザイナー活動を続ける。 
 
*1986年、権威あるショップ(Barneys New York,Pauw in Amsterdam and Whistles in London)で取扱いが決まる。
 
*同年9月、ドリスはアントワープにあるアーケード街にちいさな最初のブティックをオープンする。ここで彼はメンズとレディスの服を売った。当初はメンズもレディスも同じ素材で作っていた。
 
*アカデミーの学生時代の仲間であったアン・ドゥムルメステール、ダーク・ヴァン・シーン、マリナ・イー、ウォルター・ヴァン・ベルンドンク、とその仲間(Ann Demeulemeester,Dirk Van Saene,Marina yee and Walter Van Beirendonck)らは、卒業後も交流を続け、接近した。
 
*1986年、同じベルギー人のダーク・ビッケンバーグ(Dirk Bikkembergs)とともに、ロンドンに渡航し、合同で、ロンドンファッションウィーク(British Designer Show)でショーを行った。
そこで彼らは、国際的な認識から(番頭注:彼らの名前は、英語読みやフランス、ドイツ語読みなどで発音が違うので、ヨーロッパ人にとっても覚えにくかったので、覚えやすいように)、アントワープシックス(the 'Antwerp Six'=アントワープの6人衆)と名乗った。
 
*1989年、ドリスは以前のブティックを閉店し、ナショナルストラート通り(the Nationalestraat)の、以前はデパートだったという5階建ての物件に移転。その当時は、まだ未開でみすぼらしくてほとんど希望がない地域だった。
皮肉にも、この歴史的重要文化財建築の建物は、ドリスの祖父の代の最もいやな商売敵がかって所有していたものだった。
 ドリスは、この建物の復旧に着手し、もとからあった古い設備や家具も保全してそのまま使用した。建物は、ヘットモードパレス(Het Modepaleis フランス語)やファッション パレス(The Fashion Palece)=ファッションの宮殿という意味〜と名づけられた。 今日では、この地域は高級ブティックが立ち並ぶ地域となった。 
 
*1991年、会社が急速に発展する中で、ドリスはパリにショールームとプレス事務所を持つ。この建物は、パリのパレ地区の中心地にあり、かって画廊だった建物。
その後第二のショールームをミラノにも構える。
 
*2000年、60000平方フィートの広大な波止場にある倉庫(Godefriduskaai)に会社機能を移転。ここはかって戦中に、ドイツ軍と連合軍の兵宿舎があった。今では、6階建ての建物は、世界中からあらゆる業種の会社事務所を受け入れている。最上階にあるショールームからは、アントワープの街が一望できる。
 
*ドリスは、ブランド立上げ時から経済的にはだれからも頼らずに独立しており、今日では、毎シーズン100000点が売られている。

さらに、会社は、アントワープと香港の直営ショップをもち、NYからLA、ロンドン、アムステルダム、パリ、ベルリン、そして東京まで、世界中に400店舗を超える取扱い店がある。

 


略歴に詳しくなったところで、
 
私が見たドリスヴァンノッテンとは、、、
 
99年、当時の日本代理店営業のAさんに説明されて、初めてドリスを見たときに、今まで見たことが無いファッション観に圧倒されたのを覚えている。
当時の当店ではW&LT(ウォルト)やヴィヴィアンウエストウッド、ヘルムートラングなどを扱うインポートセレクトショップで、いわゆる「モード系」品揃え。
客層は、高校生も多く、若くてファッションに敏感な人たちだった。
99年当時は、ギャルソン、ヨウジがまだ強く、いまにして思うとかなりへんてこな物でも「これもファッションだ!」みたいなノリで着こなしてしまうパワーがあって、普通の格好をしている人と、モードを着こなす人とで、意識の上でけっこう差があり、そんな中、ジルサンダーやプラダなどのビックメゾンが、誰でも(お金さえあれば)着れる大人向けのシンプル服を提案していた。ジャケットを街で着ている人はほとんどなく(ジャケットはおっさんが着る服として、ダサいアイテムだった)、羽織物のアウターとしては、プラダが提案していたようなジップアップのブルゾンが主流だった。
 
そんな中、ドリスの99秋冬のショーを見たときは衝撃的で、なんとドリスは、テーラードジャケットを提案していたのだった。
99年という年は、ミレニアム、90年代最後の年、として、各デザイナーが【20世紀とはどんな時代だったのか】を総括するようなコレクションを多く発表していた年で、
ドリスは、
 

「20世紀のメンズファッションとは、テーラードの進化の歴史だった。テーラードとは、すなわち、ブリティッシュの歴史である。
この貴重なテーラードという文化が、このままでは廃れていってしまい、誰も着なくなってしまうかもしれないので、
21世紀にテーラードジャケットを残す為に、21世紀に大人になるであろう10代の若いモデルを使い、ショーをした」

、、というような説明を、営業Aさんから受ける。
 
今では、街中でジャケットを着ている人を当たり前に見るし、だれでも数着はジャケットを持っているだろう。けれど、99年当時は、信じられないことに、ジャケットをファッションとして着ている人は皆無で、みんなブルゾンを着ていたんだ。そんな中で、ジャケットを提案し、それもクラッシックなヘリンボーン素材やブリティッシュなツイード素材多く使い、日本製のデニムを使い(99年当時で!!)、会場は、パリの有名な図書館(改装中のため、本が一冊もなかったそうだ)で、バックミュージックは、バッハのチェロ。モデルはみんな10代。ものすごくクラッシックで静かで厳かな雰囲気の中で、ひじに真っ赤なニットやそでに黄色の手袋を色のワンポイントで使い、静かだけどとてもストロングなショーだった。後から知ったことだが、このシーズンから、メンズは超優秀なパターンナーが加わり、クラッシックだが細いシルエットになった。また、多くのサンプルを一度にショーで見せることが難しかったので、当時有名なスタイリストのPaul Sinclaireがスタイリングをして、この独特の雰囲気を出すことに成功した。たぶん、一種の賭けだったのだと思う。
 
その後も、「ドリスらしい」といわれるような、ビックニットを使ったシーズンや、カラフルなシーズンなどがあり、今の2007年になるわけだが、
ドリスというと、このときの強力な印象から、クラッシックで、ノスタルジーで、エスニックで、カラフルで、、、、、といったイメージが私の中で定着し、
毎シーズン新しいものにチャレンジするドリス、というのがドリスの存在意義であるかのように思った。
 
ところが、
今日、2冊の公式本から、彼の履歴を調べていくと、
もともと確かに母親や家業の影響で、素材、特に伝統的な素材にはめっぽう強かったのだとは思うが、デビュー前は、ブレザー、シャツ、トラウザース(パンツ)を作ったものが評価され、デビューにいたるわけだが、そのデビュー前の服を見ると、めちゃめちゃトラッドな服を作っている。また、当時いち早くドリスの才能を見抜いたビックショップたち(バーニーズやポー)について調べていくと、バーニーズは、日本のバーニーズはモードでアヴァンギャルドな印象だが、本家NYのバーニーズは非常にコンサバなバイイングをするし、もう一つの、アムステルダムのPAUWを調べてみると、これまたものすごくトラッドなショップだった。ということは、ドリスはデビュー当時は、トラッドだったということになる。
その後、パリコレデビューしてから、毎シーズン工夫と斬新さを打ち出す路線になるのだが、49回目のショー(2005S/S)の、あのタータンチェックオンパレードだった凄いショーを最後に、ぴたりと、派手さがなくなり、シンプルでプレーンな路線になった。
 
昔からドリスを知る人にとっては、
かって派手だった頃のドリスが懐かしいし、ここ最近のドリスはどーしてこんなにプレーンな服ばかり作るのだろう、と、疑問にうすうす感じてはいるだろう。
私もその一人。
 
でも、他のアントワープ派のデザイナー、マルタンマルジェラやベロニクなどは、いまのドリスより、さらにさらに、プレーンな服を作っていて、ほんと、どこのブランドだかぱっと見てもわかんないような服を作っている。こーいった流れは、どうなんだろう、、、と私はこれも疑問だった。
 
この疑問が、解けるヒントが2つ最近あった。
 
ひとつは、雑誌メンズノンノのヨーロッパのストリートスナップを見たとき。
東京の若者たちが思い思いにファッションを楽しんでいて勢いがあるのに対し、パリはもっとシックで、そして、アントワープはめちゃめちゃにシックだった。
それから、雑誌ファッション通信だったかな?パリ在住のデザイナーや、アントワープのショップスタッフらのスナップショップをみると、もうめちゃめちゃにシック。プレーン。
 
このスナップショットをみて、たぶん、彼らヨーロピアンは、もうこんな風なプレーンな着こなしになっていて、イケイケの東京と違い、成熟したファッションに移行して行っているんだと感じた。
 
疑問に対するヒントのその2は、
当店で、クリスヴァンアッシュを買う人の買い方を見たときだ。
06SSで売れ筋は、顔のプリントがしてあるTシャツシリーズ。これは疑いなく売れたのだけど、シーズン立上げの当初は、「このTシャツで無地のものはないの?」「無地がいい」という声が予想以上に多かった。顔のプリントの方が、クリスヴァンアッシュだ、と分かりやすいし、買いやすいだろうと思っていたのに、実際には、進んでる人達の中では、もっともっとプレーンな物を欲しがっている人が多かったということだ。
これは、ドリスらアントワープ派が、プレーンで特徴が薄い服を作っていることと、流れ的には一致する。
 
この2点から、私の頭の中では、
市場やトレンドよりも、もっともっとプレーンな服を欲しがる成熟したファッション観の大人が、実は増えてきており、ドリスらは、そのような人に向けて服作りをしているのではないか、という仮定ができた。
 
そして、デビュー当時の、ドリスのトラッドな服を見て、
まさにこれがドリスの原点で、
パリコレのショーでエスカレートしていった斬新さは、ドリス本人の加齢とともに薄くなり、原点回帰をしているのではないか。
 
と思った。
 

「原点回帰」か。
 
そうかと思うと、
今季ドリスは、ブライアンフェリーのヒョウ柄を使ってみたり、
次のシーズンは、トレンドのグレーを使ってみたり、
まだ一貫性が無くてなんだかドリス自身の「迷い」のようなものを感じてしまう。
 
 
と、
 
ながながとドリスについて語ってしまったが、
こんな距離感が、いまのドリスに対する私の印象だ。


 ドリスは、最近プレーンな服を作るので、とくにそうなのだが、実際に着て見てその良さが分かる、というブランドだ。

また、上下で着てみたり、それ以外のものとあわせてみたり、
基本的には「MIXできる服」が根底なので、いろいろにチャレンジしてみたい。
 
私も含めてそうなのだが、
ドリスはここ数年で変わってきている。以前のような全身コーディネートがドリス!というノリではもはやない。
 
その変化を感じて、汲み取ってコーディネートしてあげたい。
 
当店では、もっとも取扱い期間が長いインポートブランドなので、
ぜひこれからも注目して下さい。
 
 
セレクトショップTIURF
http://tiurf.com
 
all text and copy right taken by Takaaki Horigome   2006
番頭日記 banto nikki   http://buyernote.seesaa.net
 
 
*注:2007年11月より、ドリスヴァンノッテンの取扱が
アン・ジャスティスからTIURF(チューフ)へと変更になりました。
当ブログは、情報サイトとして当時の記事をそのまま残したいという立場から、
アン・ジャスティス時代の記事も名称もそのまま残してあります。
現在は、同じ敷地内2Fの、TIURF(チューフ)で取り扱っておりますので、
ドリスヴァンノッテンについてのお問い合わせや通販は、TIURFあてまでよろしくお願いいたします。
 
TIURF ホリゴメ
http://tiurf.com
027-384-3713
info@tiurf.com
posted by 番頭日記タカアキ at 00:30| パリ | Comment(0) | TrackBack(1) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

8/29秋冬ドリスがもうすぐ入荷するよ

こんばんわ。
まだ未確認なのですが、月曜日頃にドリスヴァンノッテンの新作が、ベルギーを発ったらしいですので、
入荷するとしたら早くて今週末、遅くても来週中には当店に到着することが予想されますので、
しばらくクリスヴァンアッシュばかり書いておりましたが、ここでドリスの0607秋冬について軽くおさらいをしましょう。
 
ドリス入荷品番一覧(5/20の記事)
http://buyernote.seesaa.net/article/18144636.html
 
 
 ドリスヴァンノッテン0607秋冬
 
 ドリスヴァンノッテン0607秋冬(←PC&携帯の人はクリックで画像拡大)
 
 
ドリスヴァンノッテン、
 
ときくと、昔から知っている人は、
 
まず「エスニック」で「素材が凝ってて」「色が綺麗」「エレガント」「クラッシック」、、、
 
というイメージが付きまとうのですが、デザイナー本人は、じつはベルギー人デザイナーらしく、そういった固定されたイメージを嫌っているところがあって、ほとんど毎シーズンがらりと提案やスタイリングを変えています。
 
特にここ数シーズンは、本人が
 
「スタイリストやプレスの反応が昔は怖かったが、いまはまったく他人からの評価が気にならなくなった」
 
というとおり、ほんとに馬耳東風、自分のペースでゆるーい(かといってカジュアルすぎない)独特の雰囲気で、あまりトレンドにとらわれないデイリーリアルクローズを作ってます。
 
 
今回の0607秋冬では、イギリスでは「ミスターダンディー」と言われる
「ブライアン・フェリー」をテーマに、
いままでのおぼっちゃんスタイルからちょっと反抗的な大人の服へと変わってます。
 
ブライアンフェリーってのは、80年代の前衛的ロックバンドのROXY MUSICのボーカルとして有名で、
私がちょっと調べたところ、デビュー当時の衣装が「ヒョウ柄」でした。
(その後、ちょっとおとなになって、ミスターダンディーになったそうです)
 
ヒョウ柄をきてた時代から、すげーふけ顔なので、今でもかっちょいいダンディです。
 
 
さて、実際に入荷になる商品はというと、
展示会場で「びびっぴかぴか(新しい)ときた 」順にお話しすると、
 
まず、
 
VICTORYという品番の麻混ジャケットの素材がすごく気に入ったので、
かさつき感ありの厚素材黒ブルゾン(VICTORY)と、、
それと同素材のスタンドカラーのジャケット(BASSINI)、
さらに、VICTORY(ブルゾン)と同じ形でウォッシュのかかったモデル(VICTOR OVERD)。
 
次に、
横で外人が着てるのを見てかっこよかったJIPのブルゾン(VARICK)。
 
ショーで使っていたPコート(VARSE)
 
Gジャンタイプのショートジャケット(VAUGHAN BIS)(VAUGHAN)。
 
 コートは、
やはり横で外人バイヤーが気に入って試着を繰り返したいたチェックのチェスターコート(ROZAN)
 
スーツは、
BOVISとBALDUSをジャケットにしてセットアップとして、グレーのストライプと紺のストライプで2素材入れました。
 
スーツは、ここのところお客さんからの要望が高まってきているアイテムなので、今季も来季07春夏も強化アイテムです。
 
また、スーツに合わせられそうなシャツで、CRESSON BISという形の長袖シャツや、
ショーで使っていたヒョウ柄シャツ、色違いのヘビ柄シャツなどで、8色展開。
 
 
ニットは、シャツに合わせられるように、¥27000くらいから12型もにゅうかするので、
 
ちょっとした羽織ものや、品のいい(でもそんなに価格も高くなくはで過ぎない)ニットをお探しなら、
ぜひ今シーズンはドリスに注目してみてください。
 
 
ドリスの入荷は、おそらく今週末か、間に合わなければ来週です。
 
ドリスに関しては、また近々記事を書きたいと思います。
 
 
 
ドリス入荷品番一覧(5/20の記事)
http://buyernote.seesaa.net/article/18144636.html
posted by 番頭日記タカアキ at 21:24| パリ | Comment(3) | TrackBack(1) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

ドリスヴァンノッテン 2006-2007秋冬パリコレ 入荷商品一覧

    

ちょっと気が早いですが、
ドリスヴァンノッテンの来季入荷商品がまとまりましたので、いち早く入荷品番を公開いたします。

全109型
 
お問い合わせはショップまでどうぞ。
 
アン・ジャスティス アーク店は群馬県高崎市にあるセレクトショップです。 
 
 

NO アイテム 品番 素材 色 SIZE 参考上代¥ コメント
--------------------------------------------------------------------------------
1 カットソー HASSY 8965 SKIN S \49,000  ヒョウ柄のカットソーブルゾン、リブがしっかりして良い感じ。
2 カットソー HASSY 8965 SKIN M \49,000  ヒョウ柄のカットソーブルゾン、リブがしっかりして良い感じ。
3 カットソー HEINO 8964 ANTHRACITE S \47,000  カットソー素材のブルゾン グレーチェック
4 カットソー HEINO 8964 ANTHRACITE M \47,000  カットソー素材のブルゾン グレーチェック
5 カットソー HEINO 8964 NAVY S \47,000  カットソー素材のブルゾン ネイビーストライプ
6 カットソー HEINO 8964 NAVY M \47,000  カットソー素材のブルゾン ネイビーストライプ

 

7 コート RAWLIN SHORT 8116 NAVY S \81,000  横幅のあるショーダッフル
8 コート RAWLIN SHORT 8116 NAVY M \81,000  
9 コート ROZAN 8042 GREY S \115,000  チェックのグレーに変更
10 コート ROZAN 8042 GREY M \115,000  チェックのグレーに変更
11 コート RUGGLE 8195 PETROL S \47,000  
12 コート RUGGLE 8195 PETROL M \47,000  
13 コート VARSE 8117 BLACK S \93,000  ピーコートウール
14 コート VARSE 8117 BLACK M \93,000  
15 コート VARSE 8146 NAVY S \91,000  ピーコートコットンギャバ
16 コート VARSE 8146 NAVY M \91,000  

 

17 ジャケット BALDUS 8315 ANTHRACITE 44 \96,000  チョークストライプのジャケット、PURSEとセットアップになる。カシミア入りで素材が良い。
18 ジャケット BALDUS 8315 ANTHRACITE 46 \96,000  チョークストライプのジャケット、PURSEとセットアップになる。カシミア入りで素材が良い。
19 ジャケット BALDUS 8315 ANTHRACITE 48 \96,000  チョークストライプのジャケット、PURSEとセットアップになる。カシミア入りで素材が良い。
20 ジャケット BASSINI 8254 BLACK 44 \78,000  かさつき感ありの厚素材黒変わりジャケット
21 ジャケット BASSINI 8254 BLACK 46 \78,000  
22 ジャケット BASSINI 8254 BLACK 48 \78,000  
23 ジャケット BOVIS BIS 8311 NAVY 46 \105,000  衿にステッチが入ったジャケット ストライプ
24 ジャケット BOVIS BIS 8311 NAVY 48 \105,000  衿にステッチが入ったジャケット ストライプ

 

25 長袖シャツ CAFFIN 8196 ANTHRACITE 46 \33,000  前ダーツ
26 長袖シャツ CAFFIN 8196 ANTHRACITE 48 \33,000  前ダーツ
27 長袖シャツ CRESSON 8041 ANTHRACITE 46 \32,000  太ストライプ シルク混 グレー
28 長袖シャツ CRESSON 8041 ANTHRACITE 48 \32,000  太ストライプ シルク混 グレー
29 長袖シャツ CRESSON 8193 BLUE 46 \29,000  青ギンガム
30 長袖シャツ CRESSON 8193 BLUE 48 \29,000  
31 長袖シャツ CRESSON 8041 BROWN 46 \32,000  太ストライプ シルク混 茶
32 長袖シャツ CRESSON 8041 BROWN 48 \32,000  太ストライプ シルク混 茶
33 長袖シャツ CRESSON 8051 GREY 46 \40,000  ヘビ柄シャツグレー
34 長袖シャツ CRESSON 8051 GREY 48 \40,000  
35 長袖シャツ CRESSON 8102 GREY 46 \47,000  ヒョウ柄のグレーのもの
36 長袖シャツ CRESSON 8102 GREY 48 \47,000  
37 長袖シャツ CRESSON BIS 8256 L.GREY 46 \20,000  シンプル形 色たくさん
38 長袖シャツ CRESSON BIS 8256 L.GREY 48 \20,000  シンプル形 色たくさん
39 長袖シャツ CRESSON BIS 8256 MUD 46 \20,000  シンプル形 色たくさん
40 長袖シャツ CRESSON BIS 8256 MUD 48 \20,000  シンプル形 色たくさん
41 長袖シャツ CRESSON BIS 8256 WHITE 46 \20,000  シンプル形 色たくさん
42 長袖シャツ CRESSON BIS 8256 WHITE 48 \20,000  シンプル形 色たくさん
43 長袖シャツ CRESSON BIS 8256 WHITE 50 \20,000  シンプル形 色たくさん
44 長袖シャツ CRESSON BIS 8256 WINE 46 \20,000  シンプル形 色たくさん
45 長袖シャツ CRESSON BIS 8256 WINE 48 \20,000  シンプル形 色たくさん

 

46 ニット MALOT 8900 BURGUNDY M \27,000  
47 ニット MALOT 8900 D.PURPLE M \27,000  
48 ニット MALOT 8900 GREY M \27,000  
49 ニット MALOT 8900 NATURAL M \27,000  
50 ニット MALOT 8900 PINK M \27,000  
51 ニット MARNIX 8900 NATURAL M \31,000  
52 ニット MARNIX 8900 NAVY M \31,000  
53 ニット MATHIAS 8900 BURGUNDY M \27,000  
54 ニット MATHIAS 8900 GREY M \27,000  
55 ニット MATHIAS 8900 NATURAL M \27,000  
56 ニット MATHIAS 8900 NAVY M \27,000  
57 ニット MICHOU 8919 GREY M \57,000  
58 ニット MINDER 8917 BLACK M \57,000  

 

59 ニットキャップ MILLENIUM 8919 AUBER O \15,000  
60 ニットキャップ MILLENIUM 8919 KAKI O \15,000  
61 ニットキャップ MILLENIUM 8919 NATURAL O \15,000  
62 ニットキャップ MILLENIUM 8919 NAVY O \15,000  

 

63 ネクタイ TIE 8801 ANTHRACITE O \15,000  
64 ネクタイ TIE 8803 BURGUNDY O \15,000  
65 ネクタイ TIE 8801 D.BROWN O \15,000  
66 ネクタイ TIE 8803 D.BROWN O \15,000  
67 ネクタイ TIE 8800 KAKI O \15,000  
68 ネクタイ TIE 8801 NAVY O \15,000  

 

69 パンツ POJAC OVERD 8153 BLACK 46 \39,000  ベルトがおもしろい黒コットンパンツ
70 パンツ POJAC OVERD 8153 BLACK 48 \39,000  ベルトがおもしろい黒コットンパンツ
71 パンツ PURCEL 8220 CHOCO 29 \31,000  
72 パンツ PURCEL 8220 CHOCO 30 \31,000  コーデュロイ チョコ色
73 パンツ PURCEL 8220 CHOCO 31 \31,000  コーデュロイ チョコ色
74 パンツ PURCEL 8220 CHOCO 32 \31,000  コーデュロイ チョコ色
75 パンツ PURCEL 8220 CHOCO 33 \31,000  コーデュロイ チョコ色
76 パンツ PURCEL 8220 D.BROWN 29 \31,000  コーデュロイ こげ茶(黒に近い)
77 パンツ PURCEL 8220 D.BROWN 30 \31,000  コーデュロイ こげ茶(黒に近い)
78 パンツ PURCEL 8220 D.BROWN 31 \31,000  コーデュロイ こげ茶(黒に近い)
79 パンツ PURCEL 8220 D.BROWN 32 \31,000  コーデュロイ こげ茶(黒に近い)
80 パンツ PURCEL 8220 D.BROWN 33 \31,000  コーデュロイ こげ茶(黒に近い)
81 パンツ PURCEL 8220 D.BROWN 34 \31,000  コーデュロイ こげ茶(黒に近い)
82 パンツ PURSE 8315 ANTHRACITE 44 \52,000  チョークストライプのパンツ、ノーマルなフィットシルエット。履き心地とシルエット良い。
83 パンツ PURSE 8315 ANTHRACITE 46 \52,000  チョークストライプのパンツ、ノーマルなフィットシルエット。履き心地とシルエット良い。
84 パンツ PURSE 8315 ANTHRACITE 48 \52,000  チョークストライプのパンツ、ノーマルなフィットシルエット。履き心地とシルエット良い。
85 パンツ PURSE 8157 GREY 46 \47,000  スコットランドのグレンチェック
86 パンツ PURSE 8157 GREY 48 \47,000  スコットランドのグレンチェック
87 パンツ PURSE BIS 8311 NAVY 44 \47,000  チョークストライプのパンツ、ノーマルなフィットシルエット。履き心地とシルエット良い。
88 パンツ PURSE BIS 8311 NAVY 46 \47,000  チョークストライプのパンツ、ノーマルなフィットシルエット。履き心地とシルエット良い。
89 パンツ PURSE BIS 8311 NAVY 48 \47,000  チョークストライプのパンツ、ノーマルなフィットシルエット。履き心地とシルエット良い。

 

90 ブルゾン VARICK 8152 NAVY S \78,000  
91 ブルゾン VARICK 8152 NAVY M \78,000  
92 ブルゾン VAUGHAN 8316 BLACK S \71,000  織り柄の黒
93 ブルゾン VAUGHAN 8316 BLACK M \71,000  
94 ブルゾン VAUGHAN 8144 MUD S \64,000  コットン
95 ブルゾン VAUGHAN 8144 MUD M \64,000  
96 ブルゾン VAUGHAN BIS 8146 NAVY S \71,000  ウールギャバ ブルゾン 肘にレザーあり
97 ブルゾン VAUGHAN BIS 8146 NAVY M \71,000  
98 ブルゾン VICTOR 8254 BLACK S \81,000  かさつき感ありの厚素材黒ブルゾン
99 ブルゾン VICTOR 8254 BLACK M \81,000  かさつき感ありの厚素材黒ブルゾン
100 ブルゾン VICTOR OVERD 8154 KAKI S \61,000  コットン素材のブルゾン
101 ブルゾン VICTOR OVERD 8154 KAKI M \61,000  

 

102 マフラー MICRO 8919 BEIGE O \15,000  
103 マフラー MICRO 8919 BORDEAUX O \15,000  
104 マフラー MICRO 8919 GREY O \15,000  
105 マフラー MICRO 8919 NAVY O \15,000  
106 マフラー MICRO 8919 SKIN O \15,000  
107 マフラー MICRO 8919 STEEL O \15,000  
108 マフラー MYBE 8915 GREEN O \18,000  
109 マフラー MYBE 8915 MIDNIGHT O \18,000  

 
ドリス秋冬パリコレのショー会場1 ドリスパリコレ会場2
 
ドリスパリコレ会場3 ドリスパリコレ会場4
 
posted by 番頭日記タカアキ at 23:21| パリ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

ドリスヴァンノッテン シャツ2006ss シャツ在庫一覧

ドリスヴァンノッテンのシャツ

についてのお問い合わせが増えておりますので、ちょっと在庫をまとめてみました。

当店のウエブカタログ
http://unjustes.com/06s/driesvannoten/index.html

↑では、一部の商品しか載っていないので、残りの在庫は、ここで品番と写真をご確認目ください。

商品のお問い合わせは
arc@unjustes.com または
banto@unjustes.com までどうぞ。

いま在庫があるドリスのシャツの一覧は下記の通りです。


長袖シャツ
サイズ46
品番・アイテム・色・サイズ・点数・税抜き価格

@IMG_0039.JPG

AIMG_0043.JPG

BDRIE_MW_SS06_196.jpg

DIMG_0252.JPG

@CROQUE 長袖シャツ BLA 46 1 38,000.00
ACROQUE 長袖シャツ KAKI 46 1  46,000.00
BCUSTER 長袖シャツ BLA 46 2 27,000.00
CCUSTESR BIS 長袖シャツ BLA 46 2 24,000.00


サイズ48
@CROQUE 長袖シャツ BLA 48 1 38,000.00
BCUSTESR 長袖シャツ BLA 48 1 27,000.00
CCUSTESR BIS 長袖シャツ BLA 48 1 24,000.00
DCROQUE RIBBON 長袖シャツ WHI 48 1 18,000.00

サイズ50

DCROQUE RIBBON 長袖シャツ WHI 50 1 18,000.00

@はやや透け感のある黒シャツで、水玉柄
Aは色の違うペイズリーを2重に重ねた柄で、やや透け感あり
Bはショーではゴールドのニットのインナーに使用していた太いストライプの白シャツ
C透け感のある軽い黒シャツで、第2ボタンだけが金ボタン
Dは白シャツで、胸にリボンが付いたタイプ。


半そでシャツ
サイズ46

EIMG_1616.JPG

FIMG_1613.JPG

GIMG_1612.JPG

HIMG_0025.JPG

IIMG_1602.JPG

JDRIE_MW_SS06_333.jpg

KIMG_1604.JPG

LIMG_0015.JPG

M
N
OIMG_1599.JPG


サイズ46
ECODILL BIS 半袖シャツ BLA 46 2 23,000.00
FCHESS 半袖シャツ BLU 46 2 22,000.00
GCHESS 半袖シャツ BOR 46 3 22,000.00
HCODILL 半袖シャツ KAKI 46 2 34,000.00
ICRIBEE 半袖シャツ SAN 46 2 23,000.00
JCHESS 半袖シャツ SAN 46 2 19,000.00
KCRIBEE BIS 半袖シャツ WHI 46 2 26,000.00
LCHESS 半袖シャツ WHI 46 2 19,000.00


サイズ48
HCODILL 半袖シャツ KAKI 48 1 34,000.00
ICRIBBE 半袖シャツ SAN 48 2 23,000.00
JCHESS 半袖シャツ SAN 48 1 19,000.00
KCRIBEE BIS 半袖シャツ WHI 48 1 26,000.00
LCHESS 半袖シャツ WHI 48 1 19,000.00
MCHESS 半袖シャツ ANT 48 1 35,000.00
NCHESS 半袖シャツ BLA 48 1 31,000.00
OCRIBEE BIS 半袖シャツ BLA 48 1 26,000.00


EはCと同素材の半袖。透け感があり、第2ボタンだけが金ボタン。
Fは白半袖で、グレーとブルーのストライプ。細身でしっかりした素材。
GはFの色違い。グレーとボルドーのストライプ。細身でしっかりした素材。
HはAと同素材。ペイズリーの2重重ね。
Iはミリタリーシャツでややゆったりシルエット。腕まくり。
Jはショーでも使用していたサンドベージュにストライプ。
Kはミリタリーシャツ。胸に金のラインが入ったタイプの白シャツ。
LはJの色違い。白シャツで赤いストライプ
Oはミリタリーシャツで、胸に金のラインが入ったタイプの黒シャツ。


位置情報高崎アン・ジャスティス アーク店は、ドリスヴァンノッテンの正規取扱店のセレクトショップです。
http://unjustes.com

プレゼント通販をご希望の場合には、ショップに直接お問い合わせいただくか、
番頭日記直メ次項有 banto@unjustes.com までお問い合わせください。

posted by 番頭日記タカアキ at 12:25| パリ | Comment(6) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

ドリスヴァンノッテンの刺繍スリッポン入荷しました。 2006SS Dries Van Noten

ドリスファンの私としては、最近、ドリスが雑誌で取り上げられるようになったり、某スタイリストさんが私物公開するときにドリスがあったりすると、妙にうれしくなってしまう、そんなドリスファンなのですが、
今回のスリッポンは、なかなか良いですね。

本日、イタリアより、ドリスのシューズが到着!

パッキン到着IMG_1221.JPG

パッキン開封IMG_1222.JPG

スリッポン上からIMG_1223.JPG

スリッポン内側IMG_1227.JPG

スリッポン刺繍アップIMG_1228.JPG

スリッポン裏面はゴムソールIMG_1229.JPG


もう一型、
麻とレザーのコンビ素材の、サマーシューズも入荷になりました。

ドリスシューズ正面IMG_1230.JPG

かかとIMG_1232.JPG

ソールはロゴ入りIMG_1233.JPG

サイドは、レザーテープ。
赤さびのような斑点状のプリント?のような模様が、よく見ると入っている。渋い!
IMG_1235.JPG

ドリスの春夏シューズ&スリッポンは、3/18より店頭展開開始です。

ドリスの通販カタログ
http://unjustes.com/06s/driesvannoten/index.html
こちらでも、近日中にアップいたします。

それまでは、ショップに直接お問い合わせください。



ドリスヴァンノッテンショーフォト

DRIE_MW_SS06_206.jpgDRIE_MW_SS06_017.jpgDRIE_MW_SS06_354.jpgDRIE_MW_SS06_360.jpg
posted by 番頭日記タカアキ at 21:41| パリ ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。