番頭日記-BantoNikkiFashion,パリコレ情報,正規取扱品,来季ご予約,クリスヴァンアッシュ,ドリスヴァンノッテン,ジョンガリアーノ,バルマン,ロベルトコリーナ,ヨシオクボ,kolorカラー
過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
番頭日記 TIURF / ブログ更新お知らせメルマガ / 携帯へ / 掲示板 /ショップへお問い合わせ:[ショップTIURF][info@tiurf.com]027-384-3713

SNAP SHOTS BEFORE DRIES VAN NOTEN 2011-12AW PARIS SHOW

DRIES VAN NOTEN 2011-2012 PARIS FASHION SHOW


@musee Bourdell


ドリスドリスヴァンノッテン、2011-2012awのショー会場です。


大きな彫刻がドスンドスンと置いてある小さめの美術館、musee Bourdellがその会場。


彫刻の間を抜けると、ショー会場。


一番最後の1枚は、そのファーストルックを後ろから見た1枚。



DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF01.jpg


DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF02.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF03.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF04.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF05.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF06.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF07.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF08.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF09.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF10.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF11.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF12.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF13.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF14.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF15.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF16.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF17.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF18.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF19.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF20.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF21.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF22.jpg DRIESVANNOTEN_BEFORE2011-12AW_TIURF23.jpg


 T I U R F




posted by 番頭日記タカアキ at 00:38| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリスヴァンノッテン | DRIES VAN NOTEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NEAR SIDE SHOTS KRISVANASSCHE 2011-12AW PARIS SHOW [1/22文章追加]

KRIS VAN ASSCHE

NEAR SIDE SHOTS:
2011-2012 AW PARIS COLLECTION MEN
all photos by TIURF 番頭日記


2011年 1/21、クリスヴァンアッシュのショーを観てきた。
すでにたくさんのサイトで、クリスのショールックをご覧になった方も多いだろうけど、
いろんな人の意見を聞く前に、まず自分の考えをまとめておく。


KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF026.jpg


ショーの直後に、style.comに語ったクリスヴァンアッシュの言葉は次のとおりだ。

"I was thinking of these guys who are 20, 25; they've all been wearing sweatshirts,"

私は、20歳、25歳の男の子について考えていた。彼らはみんなしてスエットを着ていた。」


"They need to get into their real life and buy a suit and go to work. It's about turning this really adult piece into something cool. The suit is really everywhere, but they're never comfortable, they're never cool, and they're never easy to wear."


「彼らには、現実的にリアルな日常にかかわる必要があり、スーツを買って仕事にいく。

それは、このスーツという本当にアダルトなアイテムを、何かクールなものに変えていくこと。
スーツは、本当にどこにでもありふれたアイテムだけど、それらは決して快適ではないし、酷くダサいし、おまけに着にくい」

今までのコレクションでは、
「ストリートを歩く、デニムやスニーカーを履いている20代の男の子に、
きちんとした仕立てのテーラードジャケットを着てもらいたい」
と語っていたクリスヴァンアッシュ。


それを、もう1段階上に上げた印象を受けた。

KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF027.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF028.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF029.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF030.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF031.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF032.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF033.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF034.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF035.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF036.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF037.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF038.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF039.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF040.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF041.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF042.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF043.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF044.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF045.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF046.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF047.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF048.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF049.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF050.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF051.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF052.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF053.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF054.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF055.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF056.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF057.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF058.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF059.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF060.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF061.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF062.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF063.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF064.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF065.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF066.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF067.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF068.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF069.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF070.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF071.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF072.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF073.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF074.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF075.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF076.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF077.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF078.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF079.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF080.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF081.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF082.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF083.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF084.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF085.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF086.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF087.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF088.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF089.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF090.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF091.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF092.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF093.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF094.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF095.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF096.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF097.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF098.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF099.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF100.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF101.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF102.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF103.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF104.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF105.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF106.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF107.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF108.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF109.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF110.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF111.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF112.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF113.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF114.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF115.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF116.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF117.jpg


(続き)


こうした変化は、当然といえば当然だ。

クリスがコレクションデビューしたのは29歳。まだエディ・スリマンと仕事をしていたのは25歳頃だった。

それがいまは35歳くらいになっている。自身の成長と顧客と、一緒にテイストや服が年を重ねているのは、これは良い変化だと僕は思う。

コレクションをみて全体的には、
20代というよりは、ニホンでは30代かなと。
スーツは、3つボタン、2つボタンというクラシックなものではなく、JIPなので、
ニホンでは、普通のサラリーマンというより、こういう服を仕事で着ることが許されている人、
あまりスーツにうるさくない職場、クリエイティブな仕事、自営業、業界人、美容関係、建築・デザイン関係者とか。。


まず、靴がイイよね。

んでこの靴があると、スラックスもやや緩めのモノで合わせたくなるし、
コートはオーバーサイズが多めだから、どうだろう?

また、コレクションピース以外で、必殺アイテムを見つけてくるけど、
これだけ素材のバリエーションが多いシーズンなので、コレクションピース以外でも良いものがたくさんありそう。

そんな印象でした。


クリスにとって自分の服を着てもらい対象は、あいかわらずストリートにいる若者なのだけど、
彼らだって働くし、スーツも必要だ。
そんな彼らについて深く考えているんだろうな、と思った。



あと、「グレード感」について。

最近のマイテーマが「グレード感」。形や見た目のデザインではなくて、質感というか、ぱっと観て安っぽくないというか、なんかそういうのをテーマに今季は選びたいなって考えてた。

うち(TIURF)が、一番他に勝ってるのは何かなーって考えたとき、


それは「質感」「グレード感」かなって思った。
グレード感は、見比べちゃうと誤魔化せないのだけど、見比べても違いがわからない人がいる。
見比べてわからない人にはそれまでだけど、分かる人には、しっかり説明もして、なぜこの質感が生まれるのか、この質感を出すために、どこをどのように工夫しているのか、そしてそれを着たときに、明らかに人と違うというか。

今回のクリスは、そーいったグレード感はほんとにスゴかった。
これは、生で観るか、超高解像度の画像でみないと、なかなかわからないって下の画像見て思ったし、ツイッターでもそんな意見があった。

そのあたりは、やはり人に伝えるのが難しい部分でもあるからなー。
クリスも最近は、「グラフィカルなデザイン(見た目で分かりやすい、ビジュアルで違いのあるデザイン)」をやめてきていて、どんどんシンプルに、シックに、なってきていて、ますますコアなお客さんしかクリスの良さが伝わらない気もする。
でも
店頭で手に触れると「イイね」ってなると思う。


色について。

前回、前々回みたいにワントーンではなくて、

靴やバッグで差し色を加えたりしてて良かった。前回と前々回は、真っ黒ばかりだったから。

コーディネートで気に入ったのは、Berlutiでもお得意の、ソールにヌメ皮(肌色の革)を使った色と、それに合わせてヌメ色のベルトをコーディネートしたやつ。

ブーツも履きやすそうで、シェイプした足首に巻いたバンド状のベルトとか、
ソールをよくよく見るとラバーが貼ってあるのがわかった。なんでもないようだけどこれは凄くニホンにはありがたいことで価格に大きく影響するんだ。ソールにラバーが張ってあると、底材がレザーでも関税がぐっと安くなるので、店頭に出せる価格が変わる。

バッグはみんな、EASTPAKなのかなぁ。。

ともかく、あさって、展示会に行くので、実物をチェックしてみてからまた報告しますね!


all photos by TIURF 番頭日記


ちなみに1枚目の写真はファーストルック。いろんなサイトのルックで、カメラ持ってる僕が写ってたりします。
アングルに入ってしまってすんません。
posted by 番頭日記タカアキ at 00:30| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クリスヴァンアッシュ | kris van assche | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

2011年01月21日

たくさんのヒトがドリス・ヴァン・ノッテンについて昨夜つぶやいていて驚いたの巻


d2zv.jpg


世界中のツイッターでつぶやかれている言葉をリサーチ。


普段毎日チェックしているのが、ツイッター上でいろんなヒトがつぶやく言葉の数の【ボリューム】


このボリュームが大きいほど、そのキーワードについてつぶやくヒトが多い、つまりいろんなヒトの関心が強いキーワードだということが分かる。

例えば僕の場合は、ドリス・ヴァン・ノッテン、クリスヴァンアッシュ、バルマンといったブランドのツイッター上のボリュームを毎日チェックしているんだけれど、その中でもバルマンはほんとに関心が高い。
BALMAIN、っていう言葉のスペルが少ないから、ボリュームで検索に引っかかりやすいのかもしれないけど、
だいたい、DRIESVANNOTENKRISVANASSCHEより少なかったことがない。


バルマンのボリュームが大きい理由がもう一つある。


それは、最近変わったばかりのPARIS版VOGUE編集長が第一号の表紙にバルマンを使ったこと。
それから、ケイト・モスを使ったプロモーション動画がYOUTUBEで話題になったことなどが挙げられるんだけど、
こうした「ネット上のつぶやきの数=ボリューム」だけに着目してみると、雑音だろうがなんだろうが、人々が話題にするのはやっぱりなんらかのきっかけとか仕掛けが裏に存在して、そこを起点にバズが起こって情報が拡散しているのが、毎日チェックしているとそれが立体的にわかって面白い。


いま僕はパリのホテルにいるけど、

何気なくいつものボリュームチェックしていたら、いつもは1日に2,3件しかないドリス・ヴァン・ノッテンのボリュームがっすごい数になっていて、「おっ!!!!」と嬉しくなった。


昨夜は、ドリス・ヴァン・ノッテンのパリコレがあったからねぇ。


そして、ここでつぶやかれている人たちのコメントを拾ってみると、大抵はすごくショーについて好意的なコメントばかりだった。


ショーも立派なバズになる。
ショーの内容も立派なバズになる。


このWEBが成長しているご時世の、独特な広がり方に、なんかヒントを感じられた今日だった。


僕のつぶやきも、下の、真ん中へんにありました。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



↓↓↓↓↓↓↓



って、この下に、そのドリスについてのつぶやき63ツイートを載せようとしたのだけれど、
SEESAAブログの文字数制限に引っかかってしまって、更新できず。。。



仕方がないので、

キャプチャーしたものを載せておきますけど、

本当でしたら、各コメントしてくれたヒトのツイートに直接リンクされていました。
読みにくいので、雰囲気だけでもどうぞ。

こんな感じで、昨夜はドリス・ヴァン・ノッテンについてツイートした方が世界中にたくさんいました。




スクリーンショット(2011-01-21 11.26.53).png
スクリーンショット(2011-01-21 11.27.04).png
スクリーンショット(2011-01-21 11.27.13).png
スクリーンショット(2011-01-21 11.27.22).png
スクリーンショット(2011-01-21 11.27.30).png
スクリーンショット(2011-01-21 11.27.37).png




調べたら、SEESAAは1記事あたり65535バイトまでの制限があり、
僕がいま書こうとしているのはだいたい全角半角混ぜて110万文字(!)くらいだったので、全然無理。


いやー、シーサー終わってるだろ。



本気でブログの引越し考えました。


つわけで、また今日の夜。



TIURF


posted by 番頭日記タカアキ at 19:33| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外出張パリ・ミラノ食・文化・ファッション・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

Alexander McQueen Basics Start Today - underwear-

Alexander McQueen、最後のプロジェクトのひとつ、


ベーシックライン。


その2011春夏シーズンからスタートの新ラインが、本日お店に入荷。


箱、カッコ良すぎる!




AlexanderMcQueenBasic13TIURF.jpg




AlexanderMcQueenBasic12TIURF.jpg AlexanderMcQueenBasic03TIURF.jpg




AlexanderMcQueenBasic06TIURF.jpg AlexanderMcQueenBasic07TIURF.jpg




AlexanderMcQueenBasic10TIURF.jpg AlexanderMcQueenBasic11TIURF.jpg


さっそく写真撮影をして、


すでにwebにも載っていますので、ぜひチェックしてみてください。


このブログの写真は、パンツ(下着)ばかりですが、Tシャツも入荷になっています。




AlexanderMcQUEEN_underwear_TIURF.png


マックイーンのアンダーウエア


http://store.tiurf.jp/products/list.php?brand_id=36


■サイズについて


今回のこのマックイーンのアンダーウエア については、


サイズ表記がとにかく分かりにくいので、ここで整理しておきます。


まず、箱にある表記は、ギリシャ数字。


箱の表記= Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ


これに対応する、


インターナショナル表記=44,46,48,50


さらに、EUの表記がXS,S,M,Lで、それに対応するアメリカ表記がXXS,XS,S,M、


その他、イギリス表記も載ってまっしたが割愛します。


当店では、インターナショナル表記を採用しますので、下記のようになります。


箱の表記 = TIURFのwebサイトの表記 = 実際のウエストサイズ


でいうと、


Ⅱ = XS = ウエストサイズ:72〜75センチ


Ⅲ = S = 76〜79センチ


Ⅳ = M = 80〜87センチ


Ⅴ = L =84〜87センチ


*サイズはボクサーパンツの場合


となります。


なお、サイズについては、ガリアーノのアンダーウエアとほぼ同じくらいのサイズ感だそうなので、


以前ガリアーノの下着を買ったことがある方は、参考になさってみてください。


ちなみに、上のサイズは下着(パンツ)のサイズ感で、


Tシャツ類は、下記のようになります。


Ⅱ = XS = 胸囲サイズ:86〜89センチ


Ⅲ = S = 胸囲90〜93センチ


Ⅳ = M = 胸囲94〜97センチ


Ⅴ = L =胸囲98〜101センチ




マックイーンのアンダーウエアの 実寸につきましては、


webサイトの方に計測ができしだいすぐにアップしますので、ぜひチェックしてみてください。


アレキサンダー・マックイーンは、今季ベーシックラインとして、


アンダーウエアとビーチラインを発表。TIURFには両方が入荷します。


お楽しに〜!




AlexanderMcQueenBasic03TIURF.jpg


posted by 番頭日記タカアキ at 18:38| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとうれしかったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去の記事を読むには、「カテゴリ」「カレンダー」からお読み下さい。 TIURF / 掲示板
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。